資産運用

半導体セクターETFのSMH ww 私なら絶対買わない ww 絶好調の半導体もいつかは製鉄業のように・・・。

投稿日:




 

SMHという半導体企業の株価に連動するETFがあります。TSMC、エヌビディアなど今をときめく優良銘柄で構成されています。株価の推移を見るとえげつないほど上昇していることが分かります。

 

一方で鉄鋼関連の企業の株価に連動するSLXというETFもあります。構成銘柄をみると、リオ・ティント、アルセロール・ミタルくらいしか知らなかったのですが、株価は全然冴えない。2008年の最高値を超えていません。

 

Sponsored Link



 

ご存知のように製鉄業は過去に時代の花形でした。「鉄は国家なり」と言われたように新日本製鐵の業績はイケイケで、過去に世界時価総額ランキングの上位に位置していた気がします。

日本の製鉄業が存在感を示す前は米国の製鉄業が世界に君臨していました。私は大学で鉄の精錬プロセスの講義を受けたことがあるのですが、強くて加工しやすい鉄を大量生産するためのプロセスは奥が深く、科学的基礎のほとんどが米国のUSスチールの研究者たちによって確立されたと教わりました。

USスチールの研究レベルは世界最高峰で、鉄鋼の基礎研究によって黄金時代が築かれたそうです。も今やUSスチールにかつての存在感はありません。

周りを見渡すと、建物、車、鉄道、鉄はどこにでも使われています。まだまだ需要はあるでしょう。でもあまりにも当たり前すぎる材料だし、新興国でも生産できるようになったため、鉄鋼業が寵児であった時代は終わってしまいました。

製鉄ってローテクっぽく見えますけど奥が深いんですよ。元素成分とか温度を間違えればフニャフニャの鉄になってしまいます。狙った成分・強度・形状の鉄を大量生産するのって、高度な技術が必要なんです。

 

Sponsored Link



 

今は半導体がノリノリです。あらゆる場所でAIやら5Gやらスマートホームやらで、あらゆる場所にセンサーや通信機器をつけるということで、需要が激増しているからです。でも需要が期待できるからと言って爆上げし続けるってホントかよって思いませんか ww

鉄なしに家も機械も工場も作れません。人口が増えれば増えるほど鉄の需要も増える。クリーンエネルギーが流行りですが、風力発電のタービンにしろ水素貯蔵装置にしろ鉄は使いまくっているんです。でも製鉄業って今や全然爆上げしてないですよね。

その時ノリノリだった産業が永遠に繁栄し続けることはない、と感じます。製鉄業を見てると。

私なら半導体ETFなんて買わない ww ブームになったセクターはそのうち凋落します。歴史は繰り返します。製鉄業を見れば明らかです。

 

補足すると私は流行りのクリーンエネルギーETF (ICLN, QCLNとか)も絶対買いません ww  絶対に ww

世界的に再生可能エネルギー普及が加速するのは理解できますが、関連企業は本当に大きな利益出せるの??と疑問です。公共性が強い発電業者がガンガン利益出すとは思えないし、太陽光パネルなんて、今後は大激戦で価格競争になるのでは?

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供が生まれたら毎月20万円貯めるのは難しい

  チャンドラです。   私は毎月20万円以上を貯めてインデックス・ファンドに投資することを目標にしています。家計簿は毎月末に公開していてここ数年は目標を達成し続けています。必ず目 …

バカでも分かるように!資産運用を流行らせる方法

  人を変えたければ、とびきり明確な指示を与えなければならない。   スイッチ!【電子書籍】[ ダン・ハース ] posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yaho …

リスクは低い方がいい。そのリスク本当に取る必要ありますか?

  リスクとは不確実性の事。 金融商品に関して「リスクが高い」とは、その価格変動が大きいことを意味します。そして一般的にある金融商品のリスクが大きければリターンも大きいです。 下の図はmyI …

【本業+副業+投資】社畜の資産は5260万 (126万円増加) | 資産公開 | 2021年8月末

  2021年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:52,604,749円 前月より126万円増加 増加内訳:運用: +96万   運用以外: +30万円 ※運用以外 …

SPY (S&P500指数)とSPYD(S&P500高配当指数)の過去チャートを比較しても何の意味もない。ムダムダァ ww

  SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のパフォーマンスを比較するためによくやるのが過去チャートの比較。 例えばコレ。過去5年のパフォーマンスを …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ