資産運用

証券会社とATM投資家

投稿日:




 

前回の記事で気が付いたのですが・・・下の引用は読者様からの質問。

2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバーしたいのですが、数年前に積み立てNISAに変更しているため、それができません。

現在、約67%の利益がでています。

選択肢としては①売却(利益に対する20%課税なし)②一般課税口座へ移管
になると思います。

証券会社の人は①を薦めてきましたが、現時点でまとまった現金は必要としておらず、7,8年後に住宅ローンの繰り上げ返済や子供の教育資金が必要になってきますが、その時点でも貯金や義実家からの毎年の資金援助(生前贈与)でやりくりできる想定なので、必要となるのは老後かと考えています。

②を選択した時に将来的に(20年後くらい)さらに今より20%以上利益がでるなら、②を選ぶべきなのか?という素人考えなのですが、あまり数字にも投資にも詳しくなく(なのでインデックスファンドだけを買っているのですが・・・・)自信がありません。

・・・

証券現会社の人が①を薦めてきた理由は「かなり利益が出ていますので!!」だったのですが

 

Sponsored Link



 

ファンドを売買すれば手数料が入るので、証券会社からすれば投資家が頻繁に売買してくれる方が都合がよいのはある意味で当然です。

ただ、投資家が保有しているのが低コストのインデックスファンドであれば、狙いは別のところにあると思います。それは信託報酬がより高いアクティブファンドを買わせることです。

信託報酬たった0.1%程度のインデックスファンドなんて証券会社からすれば、ある意味ゴミレベルの金額でしかないと思います。たとえ1000万円運用していても、証券会社の取り分はたった1万円。

一方でアクティブファンドなら信託報酬は2~3%なので、持っておいてもらうだけ年間20万円手に入ります。ちなみに購入時の手数料が3%というものもあるので、購入時に30万円入ります。合計すると50万円にもなります。

あとは「もっと良いファンドがある」とか「時代はESG」とか言って、1年毎に新しいファンド乗り換えさせれば、毎年50万円が入ってくるATMの出来上がりです。チョロいですよね。(私の知り合いはコレを食らってました。)

高い手数料と頻繁な売買は資産を減らすだけです。それが理解できない人は、やはりウォール街のランダムウォーカーを手垢で変色するほど読むことを薦めますよ。マジで。

 

 

関連記事:

長期投資の定量的な検証は過去記事を参照してください。

S&P500の中央値はどう変化するか?幾何ブラウン運動による中央値の変化。

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500は1日でどれくらい変動するのか?1%以内がほとんど。

  人間というものは短期的な目線を持ちがちな生き物です。 投資している株は毎日変動しますが、その動きに一喜一憂してしまう。 私はS&P500に連動するインデックスファンドに透視してい …

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

  過去記事からの引用: インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果 …

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

  米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。 1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係 …

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

長期分散投資の効果 (国内債券・株式・外国債券・株式 均等配分)

  GPIF (年金積立金管理運用独立行政法人)のウェブサイトはハッキリ言って素晴らしいです。 金出して投資の本を買うのはイヤだ、という人でもタダで投資の知識を得ることが出来るからです。 一 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ