社畜

自分への投資もタイミングが重要です

投稿日:2020年7月7日 更新日:




 

社会人の勉強時間は1日30分程度らしいです。

え?社会人って全然勉強してないやん ww 1日30分でいいから勉強してまわりと差を付けよう。もっと自己投資しよう。そういう思考になる。

 

私の経験ですが、自己投資するにしてもタイミングが重要だと思っています。私も社会人になりたてのころはビジネス書をたくさん買って通勤時間や週末に読んだりしました。残念ながら、読んだ内容の99%は忘却の彼方です ww

それは何故かというと自己投資するタイミングが悪かったということなんですね。

 

Sponsored Link



 

 

例えば目的意識がない新入社員は流行りのリーダーシップやマネジメントの本を読んでも心に響かないわけです。私もこういう本を会社の経営者がすすめていたので買って読みましたが、まあ退屈で読んでいて眠くなるんです。

こういう本が生きてくるのは何時なのかというと、自分がリーダーになったとき、もしくはリーダーを補佐する立場になったときでしょう。リーダーとして部下を動かすというのは言うのは簡単。でもやってみると難しさを痛感します。

やる気がない部下をどうモチベートすればいいか?自分の仕事をだけに目を向けるのではなく視野を広く持って動いてもらうにはどうすればいいか?責任感持たせるにはどうすればいいか?指示の仕方、納得してもらう説明の仕方、管理方法、自律したチームの作り方。

こういうのは人の上に立つ立場になって初めて迷って、本を読んでみて、試してみる。うまくいけば本に書いていることが体に沁みてくるわけです。水を吸収するスポンジのように。

 

Sponsored Link



 

 

資産運用とかファイナンスの本も同じです。こういう本も学生の頃に買ったことがありましたが全く読まずに本棚に眠っていました。ある日、会社から確定拠出年金の説明を受けた時に、「全然分からん、やばい」と思って本棚から引っ張り出して読んで初めて内容が理解できるようになりました。

それ以降、関心はインデックス投資に移り、複利や分散の効果、現代ポートフォリオ理論などにも興味を持つようになりました。資産運用とか金融に対する知識のなさに危機意識を感じたのがキッカケになって、それ以来読んだ本の内容はスイスイ頭に入るようになった、というわけです。

 

本を買うなりセミナーに参加するなり、自己投資は目的意識をもってから始めるのを強くおすすめします。それがないといっぱい投資しても消化不良で終わってしまいます。仕事の挫折とかある分野の知識のなさの危機感をきっかけに本を手に取れば、内容はスイスイ理解できるようになるはずです。

そして挫折や危機感を感じた時期を逃さず、すぐに本を読んでみるべきでしょう。

この感情は知識を吸収する起動力となります。だからタイミングが重要なんです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

在宅勤務で給料激減 ww 株買うってレベルじゃねぇぞ ww

  私の会社でもついに在宅勤務が始まりました。これまで在宅勤務を頑なに拒んできた会社ですが、東京都が外出自粛を要請したことを受けて遂に在宅勤務を開始したのです。 これで満員電車に揺られて会社 …

京大卒で月収14万円

  チャンドラです。   東洋経済の記事で京大卒33歳で月収14万円男性との対談記事がのっています。 コンビニのアルバイトで最低限生きていくためのお金を稼ぎながら、ニーチェやショー …

早く残業させてくれ。話はそれからだ ww

  一時的に仕事が増えると、一定の時間が経てば仕事は減る。逆に一時的に仕事が減ると、一定の時間が経てば仕事は増える。 例えば貿易戦争とかコロナ禍といった、一企業が自力でコントロールできないよ …

米国株式市場の楽観

  米国株式市場で楽観が広がっています。 S&P500種株価指数もダウ工業株30種平均も最高値を更新し続けています。 米中間の貿易合意が近いと予想されているからです。 私はS&amp …

日本人は働き、韓国人は学習し、米国人はテレビを見る ww

    世界の人々はどのように時間を過ごしているのか?という調査結果がVisualCapitalistに出ていました。この結果は結構面白いですよ。対象は15歳から64歳。 &nbs …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ