社畜 資産運用

金融資産に投資するか自分に投資するか?判断基準はこれだ。

投稿日:2021年8月23日 更新日:




山崎元氏の「人生100年時代にFIREしたがる人の根本的な問題点」という記事からの抜粋。

「FIRE」を目指す若者について、少し心配に思うのは、自分の人的資本に対する投資が過小になっていないかということだ。

・・・

例えば、若いときに、大学の学費を支払う、あるいは料理の修業でフランスに渡るといったことのために投資すると、その後の所得に対する損益は、生涯所得の増加を通じてかなり大きなものになることが期待される。

こうした、人的資本に対する投資は、スキルの取得のための通学のような狭義の教育投資にとどまらず、旅行による見聞や、良い芸術の鑑賞、美味しいワインを味わうこと、人間関係を拡大すること、など幅広い対象を持つと考えられる。

 

Sponsored Link



 

「若い時に学費なり修行なりに投資すると、その損益はかなり大きなものになると期待できる」というのは同意なんですが、私が思うにポイントは「期待できる」が「確実ではない」という点。

どんなものにもリスクが存在するので、自己投資も結局はリスクがあると思うんです。

つまり、100万自己投資したところで生涯所得が1000万円増えるのか全く増えない(つまり100万失っただけ)かは分からない。自分次第だということ。

例えば手元の100万円をS&P500に投資するとします。過去記事に書いてますが、そのリターンはある程度、定量的に予測できます。下のグラフを参照。

一方で、自己投資の場合はていりょうてきな予測が難しい。

というわけで比較してみると、

自己投資:リターンの定量的な予測が難しい。結果は自分次第。

金融資産への投資:リターンの定量的な予測が可能。結果は市場指数 (または運用者)次第。

 

つまりこう言えるんじゃないかと思うんです。

自己投資が向いている人:そもそも株などにリスク資産への投資に抵抗がある。自分の能力を高める自信が大きい。

金融資産への投資が向いている人:リスク資産への投資に抵抗がない。リターンの定量的な評価が出来る方が安心。自分の能力を高める自信が小さい。

 

別にゼロ百で考える必要もないし、多くの人は意識的にもしくは無意識的にハイブリッド型を採用していると思います。違うのはその比率でしょうね。

 

関連記事:

S&P500の中央値はどう変化するか?幾何ブラウン運動による中央値の変化。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜, 資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

楽天証券でポイント投資したときの効果をシミュレーション

  チャンドラです。   楽天証券では投資信託の積み立てをクレジットカードで決済できます。 この際、楽天カードを使うと楽天スーパーポイントを貯めることができます。 そして貯まった楽 …

暴落した時は株を毎日買う方がいいか?

    私は2018年の夏に米国S&P500のインデックス投資を開始しました。毎週同じ金額をひたすら積立て続けるという退屈な、忍耐が必要な、そして意図的に思考停止した投資法 …

会社にいる誰からも批判されにくい人は、なぜ批判されないのか?

  仕事をやっていると興味深い人に出くわします。なぜか誰からも批判されない人。 仕事というのは共同作業でやるものなので、誰かの作業が遅れたり品質が悪かったりすると、その人は批判されたりするも …

金融所得課税の引上げはリスクとって資産形成やってる人間への侮辱

  まだ決定事項ではないとはいえ、久々にガックリしました。 「金融所得課税、20%から25%へ増税でも市場害さず」というBloombergの記事からの引用。 岸田文雄首相の派閥に所属する山本 …

長期分散投資の効果 (国内債券・株式・外国債券・株式 均等配分)

  GPIF (年金積立金管理運用独立行政法人)のウェブサイトはハッキリ言って素晴らしいです。 金出して投資の本を買うのはイヤだ、という人でもタダで投資の知識を得ることが出来るからです。 一 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ