資産運用

生産性が向上しても雇用も給料も増えない。だから投資

投稿日:

 

「日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業」に面白いことが書いています。

ITやAIによる技術革新は、一般の労働者に恩恵を与えるものではない

と述べています。

21世紀における生産性というのは、油断のならない言葉です。生産性を高める最大の要因は、紛れもなく大幅な人件費の削減効果にあるからです。

AIやITによって仕事量が劇的に減少した分、あまった従業員はより高度な仕事に集中できるという理屈は、現実を無視した経済学上の詭弁にすぎません。高度なスキルが必要とされる仕事は、あまった人員のほんの一部で事足りてしまうのです。

生産性の引上げに成功した企業は、従業員に一段と高い水準の能力を求めることになり、不必要となった従業員を次々と整理する姿勢を強めていくでしょう。

引用:日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

 

私の勤めている会社でも生産性の向上が声高に謳われています。本書の主張と会社のエライ人の声と面白いほど一致しています。

 

会社は成長するためにもっと仕事を受注したい

だけど人件費かけたくないから社員を増やす選択肢はない

だから社員は生産性を上げて、より少ない人数で多くの仕事をこなせ

生産性を上げるためにどうするか?

AIやITを導入して単純作業は自動化しろ

簡単な業務は人件費が安い海外の会社に委託しろ

社員は高度なスキルが必要な仕事だけに注力しろ

給料?上げません。一度上げたら下げるのが難しくなるし。

 

本書はもうひとつ重要な点を挙げています。

21世紀以降の経済システムでは、「生産性を上げれば、賃金が上がる」というう考えはもはや成り立つとはいえず、その代わりに「生産性を上げれば、株価が上がる」という特徴が前面に出てきているように感じられます。

 

生産性を上げたところで雇用は生まれず、また労働者の賃金が上がることも期待できません。

売上があがって人件費が下がることで、会社の利益が上がるのです。その結果株価が上がる。

私のようなショボいサラリーマンが資産を増やすには、

クビにならないように、会社が謳う生産性向上の実現に向けて努力し、

株価上昇が見込まれる市場に投資するしかない、

ということになります。

それでは。

関連記事:

家計簿を細かく記録するのは重要ではない理由!

月収50万円会社員の家計簿を公開 | 2019年10月の貯蓄率は66%

ふつうのサラリーマンが2000万円貯める方法

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

  チャンドラです。   主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。 1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。 少子 …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」の広告が激しく表示されて困惑するんだが ww

  Youtube見てたらオックスフォード・クラブの表示が何回も何回も表示されて嫌なんですが ww 日本人は退職後に警備員やるけどアメリカ人はバカンスを満喫する、この差は何なのか?みたいな。 …

現金95%+ビットコイン5%のポートフォリオはS&P500をはるかに超えるか?

  ビットコインを資産に加えて高いリターンを目指す”Radical Protection Portfolio“という記事を読みました。 結論から言えばリターン・ボラテ …

本多静六「私の財産告白」の5つの言葉

  チャンドラです。   誰でも何度か読み返したくなる本があると思います。私が読み返したくなる本の一つが本多静六氏の名著「私の財産告白」です。本多氏は日本の林学博士で、苦労して東大 …

子供が生まれたら毎月20万円貯めるのは難しい

  チャンドラです。   私は毎月20万円以上を貯めてインデックス・ファンドに投資することを目標にしています。家計簿は毎月末に公開していてここ数年は目標を達成し続けています。必ず目 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ