資産運用

各セクターのパフォーマンスは毎年こんなに変わる。

投稿日:2021年1月10日 更新日:

 




 

ハイテクとか半導体とかエネルギーに特化したETFはたくさんあります。ハイテクのETFならVTF (バンガード情報技術セクター)が有名です。

S&P500に連動する市場インデックスではなく、わざわざ特定のセクターETFを選んで投資するとすれば、それは市場平均より高いリターンを得るのが目的でしょう。

では、特定のセクターETFに投資して市場平均より高いリターンを出せるのか?下の表は各年度の各セクターの順位を示したもの。

 

Novel Investor Sector Returns TableSource: novelinvestor.com

最近ノリノリの情報技術セクターの推移を矢印で見やすくしたのが下の図。リターンがS&P500を上回った年度が多いです。特に2017年以降の成績が抜群に良い。

 

ところで公益事業セクター。いかにも冴えないセクターっぽい気がします。でも順位をみると実はトップ3に5回も入っています。成長性なんかなさそうに見えますが、意外にも成績は良いです。

 

Sponsored Link



 

図示はしていませんが、一般消費財やヘルスケアがトップ3に入った回数も多い。

何が言いたいかというと、ある特定のセクターのリターンがずーーーっと大きいわけではなくて、年度によって高いリターンのセクターは変わるということです。金が流れ込むセクターは毎年変わるってことですね。

確かに最近の情報技術セクターの強さは魅力的なんですが、では情報技術だけに一括投資できるのかというと踏ん切りがつきません。

なんとなくとは言いましたが、私には「特定のシステムに金 (富)が流れ続けることはない」という考えが根底にあります。システムとは、個人・組織・業界・国家です。

そう思う理由をハッキリと言うのは難しいのですが、国家・企業興亡の歴史とか、複雑系システムとか、はたまた仏教の諸行無常的な観点からみると、金はある時期に特定の分野に集中しては、他に移り・・・を繰り返すと思うんです。生生流転的な。

だから特定のセクターがずーっと市場平均を超え続けるとは思えない。すると、S&P500インデックスか全世界株式に投資しとけってことになります。

 

関連記事:

くだらないハイテク礼賛記事を真に受けなくてよかったわ。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャールズ・エリス氏の「投資の十戒」の感想。長期投資で当たり前の事しか書いていないが参考にはなる。

  日経ビジネスの記事で「投資の十戒」を紹介していました。面白そうだったので、引用するとともに私の見解を追加。   1)貯蓄する。そしてそれを自分の将来の幸せと安定、子供の教育のた …

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドにドルコスト平均法で積み立てています。 ドルコスト平均法は、自分の保有する株が上がろうが下がろうが、同じ金額で株を定期的に買い続 …

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

  チャンドラです。   資産運用するうえで怖いのが元本割れです。 30年間根気強く積み立てて老後にさあ現金化しようとしたときに、投資額よりも低い評価額となっていたときの絶望感は半 …

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる。3倍レバレッジが危険な理由を定量的に説明。

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、リターンの確率分布が対数正規分布に従うと紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバ …

毎月配当金10万もらうより副業で10万もらう方がはるかに良い。

  配当金を月10万もらうか副業で月10万もらうか? 過去記事で書いたように配当金狙いで高配当投資は税金抜かれる点で問題外というのが個人的な考えです。そして配当金10万か副業で10万かといえ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ