資産運用

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

投稿日:2021年1月10日 更新日:

 




 

ハイテクとか半導体とかエネルギーに特化したETFはたくさんあります。ハイテクのETFならVTF (バンガード情報技術セクター)が有名です。

S&P500に連動する市場インデックスではなくセクターETFを買う理由は市場平均より高いリターンを得るのが目的。まあ、それは当然でしょう。

では、特定のセクターETFに投資して市場平均より高いリターンを出せるのか?下の表は各年度の各セクターの順位を示したもの。

 

Novel Investor Sector Returns TableSource: novelinvestor.com

最近ノリノリの情報技術セクターの推移を矢印で見やすくしたのが下の図。リターンがS&P500を上回った年度が多いです。特に2017年以降の成績が抜群に良い。

 

ところで公益事業セクター。いかにも冴えないセクターっぽい気がします。でも順位をみると実はトップ3に5回も入っているんですよ。意外です。成長性なんかなさそうですが。

 

Sponsored Link



 

図示はしていませんが、一般消費財やヘルスケアがトップ3に入った回数も多い。

何が言いたいかというと、ある特定のセクターのリターンがずーーーっと大きいわけではなくて、年度によって高いリターンのセクターは変わるということです。金が流れ込むセクターは毎年変わるってことですね。

確かに最近の情報技術セクターの強さは魅力的なんですが。。。では情報技術だけに一括投資できるのかというと踏ん切りがつきません。なんとなくです。なんとなく ww

なんとなくとは言いましたが、私には「特定のシステムに金 (富)が流れ続けることはない」という考えが根底にあります。システムとは、個人・組織・業界・国家です。

そう思う理由をハッキリと言うのは難しいのですが、国家・企業興亡の歴史とか、複雑系システムとか、はたまた仏教の諸行無常的な観点からみると、金はある時期に特定の分野に集中しては、他に移り・・・を繰り返すと思うんです。生生流転的な。

だから特定のセクターがずーっと市場平均を超え続けるとは思えない。だからS&P500インデックスか全世界株式に投資しとけってことになるんですが ww

 

関連記事:

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

インデックス投資の積立額が1500万円を超えました

チャンドラです。   私は2018年6月にインデックス投資を開始しました。 ついに積立額が1,500万円を超えました。   SBI証券と企業型確定拠出年金で積み立てしています。 S …

eMAXIS Slim 米国株式は遂に含み損解消

  コロナ感染拡大後、米国株式指数は力強く上昇を続けた。そして私の米国インデックス投資も約2か月ぶりに含み損を解消。   2ヵ月前:マイナス425万円 現在:プラス13万円 ネット …

S&P500と比較してみるとTOPIXはナシでしょ

金融系の記事に米国S&P500とTOPIXの推移を比較した図があったのですが、 こうして改めて比べてみるとTOPIXの冴えないっぷりが明白ですね。 1990年に最高値を記録した以降はダラダラと …

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益 | 2019年11月末

  私が毎週積み立てているeMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益は次の通りでした。   積立額:7,671,000円 評価額:8,215,131円 損益:+544, …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ