資産運用

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

投稿日:2021年1月10日 更新日:

 




 

ハイテクとか半導体とかエネルギーに特化したETFはたくさんあります。ハイテクのETFならVTF (バンガード情報技術セクター)が有名です。

S&P500に連動する市場インデックスではなくセクターETFを買う理由は市場平均より高いリターンを得るのが目的。まあ、それは当然でしょう。

では、特定のセクターETFに投資して市場平均より高いリターンを出せるのか?下の表は各年度の各セクターの順位を示したもの。

 

Novel Investor Sector Returns TableSource: novelinvestor.com

最近ノリノリの情報技術セクターの推移を矢印で見やすくしたのが下の図。リターンがS&P500を上回った年度が多いです。特に2017年以降の成績が抜群に良い。

 

ところで公益事業セクター。いかにも冴えないセクターっぽい気がします。でも順位をみると実はトップ3に5回も入っているんですよ。意外です。成長性なんかなさそうですが。

 

Sponsored Link



 

図示はしていませんが、一般消費財やヘルスケアがトップ3に入った回数も多い。

何が言いたいかというと、ある特定のセクターのリターンがずーーーっと大きいわけではなくて、年度によって高いリターンのセクターは変わるということです。金が流れ込むセクターは毎年変わるってことですね。

確かに最近の情報技術セクターの強さは魅力的なんですが。。。では情報技術だけに一括投資できるのかというと踏ん切りがつきません。なんとなくです。なんとなく ww

なんとなくとは言いましたが、私には「特定のシステムに金 (富)が流れ続けることはない」という考えが根底にあります。システムとは、個人・組織・業界・国家です。

そう思う理由をハッキリと言うのは難しいのですが、国家・企業興亡の歴史とか、複雑系システムとか、はたまた仏教の諸行無常的な観点からみると、金はある時期に特定の分野に集中しては、他に移り・・・を繰り返すと思うんです。生生流転的な。

だから特定のセクターがずーっと市場平均を超え続けるとは思えない。だからS&P500インデックスか全世界株式に投資しとけってことになるんですが ww

 

関連記事:

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安全在庫の計算方法。決め手は消費量のランダムウォーク。

  前回の記事で「安全在庫」の考え方を紹介しました。 在庫数量 = 平均使用数量 + 安全在庫 安全在庫 = (安全係数) x (使用量の標準偏差) x √(調達時間) ここで米が大好きな4 …

社畜の資産は4205万 | 資産公開 | 2021年2月末

  2021年2月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:42,056,183円 前月より100万円増加   総資産の推移: 2021年1月:  41,058,95 …

2019年9月の資産公開 | 2704万円(82万円増加)

  チャンドラです。   2019年9月の資産運用状況を公開します。 合計資産は27,037,955円で前月より82万円増加しました。   履歴: 2019年6月の資産運 …

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

  バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下 …

myINDEXで見る効率的フロンティア曲線

  現代ポートフォリオ理論では効率的フロンティアという考え方があります。 効率的フロンティアとは、色んなリスク資産を組み合わせてポートフォリオを作ったときに、あるリスクに対して最大のリターン …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ