資産運用

奨学金は一括返済が得なのか?

投稿日:2019年4月17日 更新日:

チャンドラです。

 

私は大学院の学生時代に無利子の奨学金を借りていました。2年間で合計120万円を借りていました。社会人になった後に返済を開始し、毎月8000円ずつ返済しています。全て返済するには約12年かかります。

ところで奨学金を返済する方法には、毎月同じ金額を返済する方法と、ある時期に一括で返済する方法の2通りがあります。無利子の場合、返済に何年かかろうが、どちらでも返済する額が同じように思えます。

ところがインフレを考えると、返済する金額が変わってくることが分かります。

 

Sponsored Link



 

インフレになるとどうなるか?

 

インフレとはご存知の通り、お金の価値が小さくなることです。例えば去年100円で買えたものが、今年110円になったとすると、それはインフレが起きていると言えます。モノの値段が上がったということは、お金の価値が下がったということだからです。

こう考えると奨学金の返済を開始した時期からインフレが起きている場合、借りていたお金の価値が下がるので、それはすなわち返済額が小さくなることを意味します。

例えば年間20万円を15年間、合計300万円返済するとします。そして、年間1%のインフレが起き続けると仮定します。

一括で返済すると、返済額は300万円です。

一方20年間返済を続ける場合、返済額は277万円となります。面白いことにダラダラ払い続けるだけで23万円も得するわけです。

 

Sponsored Link



 

実際のインフレ率

 

では実際の日本のインフレ率の推移はどうなっているか。これはIMFのウェブサイトで確認することができます。

 

2000年代は長くデフレの状態でしたが、2015年以降はインフレ率1%です。

日銀はインフレ率2%を目標として市場を操作しています。今後もデフレになるよりインフレ率1%となる可能性の方が高いと思います。

 

こう考えると、奨学金は一括返済するよりもダラダラ時間をかけて返す方が得するということが分かります。つまり学生時代に無利子の奨学金を高額借りて、返済に長期間かければかけるほど得です。

同じ考えを奨学金に限らず、住宅ローンにも応用できます。住宅ローンの金利よりも高いインフレ率が続くのであれば、一括よりも時間をかけて返済する方が返済額を少なくすることができます。

ただし、インフレによる物価の上昇は家計を圧迫します。奨学金の返済額を減らせるとか喜ぶ前に、手元に入る給料が上がらないと意味がないですね。

 

それでは。

 

Sponsored Link



 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2012年以降の資産推移と今後の予測を公開

    チャンドラです。   私は2012年に上京し社会人生活をスタートさせました。 社会人になってからは毎月自分の資産を記録していました。自分の資産を振り返ってみます。 …

ジム・ロジャーズに「大金持ちへの近道」を教えてもらおう ww

  東洋経済の記事でジム先生が大金持ちになる方法を教えてくれています。   「株式であれ債券であれ、あなたがどんな知識を持っているかによって投資すべき商品は変わる。株式が何たるかを …

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

  チャンドラです。   米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。 この長短金利差について説明します。     長短金利差とは? …

【はじめに】インデックス投資で資産3000万円超え。私がどのように資産運用するに至ったのか?

  「社畜がインデックス投資で資産を築く」を運営しているチャンドラです。 このブログでは、身を仕事に捧げる社畜サラリーマンがインデックス投資で資産を運用する過程を公開しています。 私は50歳 …

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドにドルコスト平均法で積み立てています。 ドルコスト平均法は、自分の保有する株が上がろうが下がろうが、同じ金額で株を定期的に買い続 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ