社畜

堂々と「NO」と言える男になろうか。

投稿日:2021年11月19日 更新日:




 

どういう人間が成功しているのか?という問いに対するウォーレン・バフェット氏が回答している面白い記事があったので引用。

バフェット氏はこんなふうに言ってます。

“The difference between successful people and really successful people is that really successful people say no to almost everything.”

成功者はNoと言わない、と。

そ、そうですか・・・。(ゴクリ・・・。)

 

Sponsored Link



 

これだけ聞いても意味不明ですが、もう少し具体的な内容が元記事に書いてます。書き出してみると、

・話を聞いてワクワクしたり、自分の価値観に訴えかけるような内容でなければ、そのような機会にはNOと言うべき。

・表面的な関係を構築するだけのイベントへの参加にはNOというべき。

・付き合っても得るものがない人、ネガティブなことばかり言う人と共に時間を過ごすことにNOと言うべき。

・残業にNOと言うべき。成功してる人間は自分自身のケアや家族と過ごす時間を大切にしている。

・仕事を何でもかんでも全部自分でやろうとするのはNO。成功してる人は仕事を人に任せる。

・自分の人生を他人にコントロールされるのにはNOと言うべき。

・人を喜ばせることにNOと言うべき。人を喜ばせる前に、まずは自分が本当は何をしたいのかを考えるべき。

 

うん、なんだかサラリーマンとして働き社畜生活をしていると、どれも到底無理に感じますね。

ただし、何でNOと言えないのかをいったん落ち着いて考えてみると社畜から一皮剥けるかもしれません。

要はここで思考停止に陥らず一歩踏み込んで考えてみようってことです。

よし、私も堂々と「NO」と言える男を目指そうか ww

 

関連記事:

ウォーレン・バフェット氏「分散投資は無知に対する防衛策だ」私「無知で~す ww」

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

AIが仕事を奪うと煽るのはもうやめてくれないか

  人工知能 (AI)が仕事を奪うとは、ここ最近どこでも聞く話です。私の記憶では、オクスフォード大学の研究者が米国で10~20年以内に労働人口の47%が機械に代替されるという論文を出したのが …

そろそろ社畜して投資のリターンのことは忘れようか ww

  2020年前半はかなり忙しくて毎月の残業時間が60時間くらいでした。一方で、後半はコロナの影響もあって仕事量も少し減って早く帰れる日が続きました。 早く帰れる日が続いたのは5年ぶりくらい …

サラリーマンの給与上昇は月当たり1万円以下。低過ぎやん。何なんすかこれ?

  私はサラリーマン。 日本人の平均年収は400万程度ですが、どれくらいのスピードで上昇するかというのは意外にチェックしていませんでした。 そもそも上昇スピードが鈍いと仕事のモチベーションが …

「論理的」とか「ロジカル」という言葉を振りかざす人はプライドが過剰 ww

  読んでいた本「瞬時に切り返す会話術」に面白いことがかいてあったので引用。 (ちなみにこの本、よくあるハウツー本の一つですが、結構参考になります。私がよく上司に詰められるからか ww) 瞬 …

【爆笑】正月に親戚が集まって金の話をするのは地雷 ww

  上級国民/下級国民 (小学館新書) [ 橘 玲 ] posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yahooショッピング   正月は親戚で集まって談笑していたんです …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ