社畜

堂々と「NO」と言える男になろうか。

投稿日:2021年11月19日 更新日:




 

どういう人間が成功しているのか?という問いに対するウォーレン・バフェット氏が回答している面白い記事があったので引用。

バフェット氏はこんなふうに言ってます。

“The difference between successful people and really successful people is that really successful people say no to almost everything.”

成功者はNoと言わない、と。

そ、そうですか・・・。(ゴクリ・・・。)

 

Sponsored Link



 

これだけ聞いても意味不明ですが、もう少し具体的な内容が元記事に書いてます。書き出してみると、

・話を聞いてワクワクしたり、自分の価値観に訴えかけるような内容でなければ、そのような機会にはNOと言うべき。

・表面的な関係を構築するだけのイベントへの参加にはNOというべき。

・付き合っても得るものがない人、ネガティブなことばかり言う人と共に時間を過ごすことにNOと言うべき。

・残業にNOと言うべき。成功してる人間は自分自身のケアや家族と過ごす時間を大切にしている。

・仕事を何でもかんでも全部自分でやろうとするのはNO。成功してる人は仕事を人に任せる。

・自分の人生を他人にコントロールされるのにはNOと言うべき。

・人を喜ばせることにNOと言うべき。人を喜ばせる前に、まずは自分が本当は何をしたいのかを考えるべき。

 

うん、なんだかサラリーマンとして働き社畜生活をしていると、どれも到底無理に感じますね。

ただし、何でNOと言えないのかをいったん落ち着いて考えてみると社畜から一皮剥けるかもしれません。

要はここで思考停止に陥らず一歩踏み込んで考えてみようってことです。

よし、私も堂々と「NO」と言える男を目指そうか ww

 

関連記事:

ウォーレン・バフェット氏「分散投資は無知に対する防衛策だ」私「無知で~す ww」

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …

なぜ勉強するのかと子供に聞かれたらなんと答えるか?

  ※長文です。     「なんで勉強しないといけないの?」 おそらく自分の子供からこう聞かれたことがある人は多いと思う。家族で食事をしているときに「ちゃんと学校の宿題を …

社畜と中華人民共和国

  ※長文です 私が小学生だったころ、海外の国といえば米国だった。ハリウッド映画、マクドナルド、ナイキ、戦争、原爆。良い面・悪い面あろうが、海外と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、アメリカ。日本 …

人生で必要なのは図太さ | 投資・仕事・私生活

  チャンドラです。   30数年生きてきて、分かったこと。 図太さがないと人生やっていけないな、 と感じています。   例えば仕事。 私が勤めている会社はブラック企業と …

良書「3色だけでセンスのいい色」で配色を学ぶ。グラフとかスライド作成に使えるぞ。

  私は会社で発表用のスライド資料を作成する機会が増えてきたのですが、最近はスライドのデザインにも気を配る風潮が高まってきているんです。 文字が多いとか原色使ったスライドは見ていて疲れるから …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ