資産運用

30代サラリーマンが6年で2000万円貯めるまでの貯金額推移を公開

投稿日:2018年12月24日 更新日:

 

チャンドラです。

 

私は無駄なことにはお金を使わないことを意識して節約に努めてきました。お金は簡単に財布から出ていくためです。そして自分の収入をドラスティックに増やすことができない以上、失ったお金を取り戻すことは容易ではないからです。

その結果6年間で2,000万円を貯めることができました。

今回は私が社会人になって6年間で2,000万円貯めるまでの貯金額の推移を公開します。

 




 

貯金額の推移

 

2015年7月に1,000万円を突破し、2018年6月に2,000万円を突破しました。

ざっくり1年間で貯蓄額を300万円増やしている計算になります。月当たり約25万円貯蓄している計算です。

 

 

 

収入の推移

 

収入=手取りとしています。ボーナスは年2回受け取っています。

 

 

2018年までの収入の月当たりの平均額はボーナス込で44.9万円でした。

支出の平均値は19万円です。そして収入に対する支出の割合は平均51%でした。

 

 

まとめ

 

以上が私の過去6年間の貯蓄額と収入の推移でした。

独身であれば支出も少ないので会社の福利厚生制度を利用したり節約に励めば貯蓄率50%も難しくはないと思います。

ですが家庭を持つとなると話は変わります。収入が私と同じくらいの先輩や同僚と話をすると、首都圏で子供2人と奥さんを養うと生活はカツカツだと聞きます。

私はお金で苦労をしたくありません。お金で苦労をしないためには独身のうちに稼げるだけ稼ぎ、しっかり貯蓄して資産を運用することだと思っています。これからも貯蓄率50%を維持し、貯蓄と運用に励みます。

 

それでは。

 

これまでどのように貯蓄に励んだかは下の記事を参照ください:

30代サラリーマンが6年で2000万円貯めた話 ~ 方法とお金に対する考え方を公開

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …

その投資は儲かるのか?利回りで考えよう

  私は2018年からインデックス投資につみたて投資をしています。 インデックス投資のリターンは次の通りでした。 2018年:-10.60% 2019年:+11.18% これを2年間の利回り …

株式投資するなら貯金の割合は生活費1.5か月で十分な理由。ただし3か月分あれば安心感が手に入る。

  インデックス投資をする場合、株式と貯金の比率を何%にするべきかという議論がおきます。株式の比率を100-年齢にするべきという意見もあれば、3か月分の生活費を現金として確保したほうがいいと …

株価暴落でもドルコスト平均法で投資継続。そして夜は爆睡 ww

  米国S&P500指数は2,200ポイントと2,600の間をダラダラ行ったり来たり。失業保険申請数が過去最高を記録したことから2番底が来るとか来ないとか言われています。 突然の暴落 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ