節約の知恵 資産運用

目標の貯金額を達成するために必要なこと ~ 私の管理方法を紹介

投稿日:2019年1月7日 更新日:

 

 

チャンドラです。

 

本格的に貯金を始めるときは「30歳までに1000万円貯めたい」などの目標を立てると思います。ですが目標を立てると立てっぱなしになって終わってしまうことはよくあると思います。

大切なのは「目標と現実がどれだけ乖離しているか」を定期的にチェックすることです。

なぜならこれを行わないと目標が達成可能なのかどうか、軌道修正が必要なのかどうかを判断できないからです。

今回は私がやっている管理方法を紹介します。貯金が貯まらないと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 




 

数字で表せる目標を立てる

 

まず初めに目標を立てます。目標は数字で表せるものであるべきです。なぜなら数字で表すことで目標と現実の乖離が明確になるからです。

私の場合は2020年12月までに貯蓄額を3000万円にすることを目標としています。目標額と時期が共に明確な数字になっています。

 

 

目標と現実の乖離をグラフにする

 

2020年12月までに貯蓄額を3000万円にする、という目標を立てました。次はその目標をもとに毎月いくら貯蓄しなければいけないかを計算します。

私の場合は毎月20万円を貯蓄にまわし、ボーナスは約100万円を貯蓄にまわす必要があることが分かりました。

そこで目標額と実際額をグラフにしてみます。下のグラフは、私の2013年4月以降の目標額(青線)と実際額(赤線)をグラフ化したものです。目標額と実際額に差があることが分かります。

 

 

このグラフだけでは不十分です。なぜならばどれだけ乖離があるかが分からないからです。

そこで差(実際額 – 目標額)をグラフにしてみたのが下の図です。プラスならその時点では目標を達成できていることを意味します。マイナスならその時点では目標が達成できていないので軌道修正する必要があります。

 

 

2016年7月までは差が広がるばかりでした。そこで不要な生命保険の解約、スマホをSimフリーに変更、外食を減らす、などの対策を行いました。

その結果、差は小さくなりました。2018年12月の差は約50万円です。他にも無駄な出費がないか見直すことでこの差を解消していく予定です。

 

スポンサーリンク



 

プロジェクト・マネジメントの考え方

 

この「目標と実際の乖離を把握する」という考え方はプロジェクト・マネジメントの手法にヒントを得ています。

プロジェクト・マネジメントの詳細は過去の記事にも書いていますが、その手法の一つとしてプロジェクトの予算管理があります。予算管理とは「プロジェクトに費やしたお金が予算を超えていないか?」を調べる手法です。今回紹介した貯蓄額の管理方法はその逆で「貯めたお金が計画通りに目標額に近づいているかどうか」です。

プロジェクト・マネジメントの手法は家計の管理やタスク管理など私生活でも色々使える技があるので、興味がある方は下の書籍を読んでみてください。

 

 

 

まとめ

 

目標の貯金額を達成するために必要なことを紹介しました。大切なことは次の3点です。

 

数字で表せる目標にする

目標と現実の差をグラフ化して定期的に確認する

その差を埋めるためのアクションを決めて行動に移す

 

貯金が貯まらないと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-節約の知恵, 資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …

リスクの時間分散効果というウソ。長期投資でリスクを低減できない理由。

  リスク資産は短期でもつよりも長期で持つ方がリスクが下がるという説明がされることがあります。これには色々議論があるようですが、私は間違いだと思っています。 長期投資でリスクが下がることを説 …

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

  バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下 …

1000万円貸してと頼まれたらいくら貸せばいいか?現在価値で考える

  人から金を貸してと頼まれる人は結構多いようです。そしてそれを後悔する人も。ちなみに私は人に金を絶対貸さないようにしています。まあ親戚や親しい友人に1万円貸してと言われれば考えますが、10 …

マネーフォワードMEで資産管理 | 複数口座・クレジットカードをもつならおすすめ

  チャンドラです。   資産管理をもっと簡単にしたいと思いマネーフォワードMEというアプリを使ってみました。まだ使い始めて数日ですが、予想以上に使いやすいアプリだと感じています。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ