資産運用

1年間で還元された全ポイントを公開 ~ オリコポイントと楽天スーパーポイント (2018年度版)

投稿日:2018年12月30日 更新日:

 

 

チャンドラです。

 

私のメインのクレジットカードはOrico Card the Pointです。ポイント還元率がかなり高いからです。そしてコンビニ・レストラン・ネットショッピング・光熱費などクレジットカードで支払える際は必ずクレジット or 電子マネーで支払うことでポイントを貯めています。貯めたオリコポイントは楽天スーパーポイントに変えています。

Orico Card the Pointの還元率の高さは下の記事を参照ください。

6年間で2,000万円貯めたサラリーマンのクレジットカード

 

そしてネットショッピングをする際は必ずオリコモールを経由して楽天 or Amazonで買い物をします。オリコモールを経由することでオリコポイントの還元率も上がるし、楽天は頻繁に楽天ポイントの還元率が上がるセールを開催するからです。

今回は2018年に貯まったオリコポイントと楽天スーパーポイントを公開します。生活費に対してどれくらいポイントが還元されるかを感じて頂ければ幸いです。

 




 

私の生活費

 

還元されるポイントが生活費に対してどれくらいなのかを把握するために、私の生活費をざっくり公開します。

 

生活費:2,700,000 円

 

この金額は、私の今年の支出から普段はない特殊な事情による出費や奨学金の返済額を引いた金額です。

 

 

 

今年還元されたオリコポイントは?

 

 

私が今年貯めたオリコポイントは次の通りです。

 

ポイント:23,889

生活費に対する割合:0.8%

※1ポイント1円としています。

 

 

今年還元された楽天スーパーポイントは?

 

 

私が今年貯めた楽天スーパーポイントは次の通りです。

 

ポイント:35,457

生活費に対する割合:1.3%

※1ポイント1円としています。

スポンサーリンク



 

まとめ

 

今年還元されたオリコポイントと楽天スーパーポイントの合計は次の通りです。

 

ポイント:59,346

生活費に対する割合:2.1 %

 

正直なところポイントが60,000 近くあって驚きました。しかも生活費に対する割合が2%を超えていました。

今年は物を買うときはクレジットカードか電子マネーで支払うことを徹底し、楽天で欲しい商品を買うときはセールまで待つことでポイント還元率を高める工夫をしてきました。これらの習慣が功を奏したのだと考えています。

 

以上、今年の還元されたポイントを公開させて頂きました。

 

それでは。

 

今年買ってよかったものはこちら:

物にこだわるサラリーマンが今年買ってよかった物を全て紹介 ~2018年度版

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人暮らしの電気・ガス代 | 2019年5月分

  Sponsored Link   チャンドラです。   2019年5月分の電気代・ガス代を公開します。 一人暮らしの会社員の電気代・ガス代がどれくらいなのか参考になれ …

ドル・コスト平均法のシミュレーション

  チャンドラです。   ドル・コスト平均法をシミュレーションしました。     ドル・コスト平均法とは   一定額を定期的に積み立てて投資していく方 …

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

  チャンドラです。   初めて投資信託を始めるときはどのファンドにすればいいかメチャクチャ迷います。私は2018年から投資信託を始めましたが、ファンド選びに2週間くらいかかりまし …

資産運用は煽られて無理してやるべきものではない

  チャンドラです。   日本人は他国に比べて現金志向が強く、投資に消極的だと言われています。 日本銀行の調査によると株式や投資信託で資産運用している人の割合は15%程度です。 引 …

たとえインデックス投資でも損益の動きは激しい

  チャンドラです。   私は米国S&P500と全世界株式のインデックス・ファンドに積立投資をしています。 個別株に比べてインデックス投資は投資先が分散されているので値動き …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ