社畜

サラリーマンの時給を計算すると意外に高かった

投稿日:2019年9月6日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は会社に所属してサラリーマンとして働いています。

会社から給料をもらって働いているわけですが、時給換算してみるといくらになるのか?

色々なケースで計算してみました。

ちなみに私は入社8年目で役職はチームリーダーです。

 

<ケース1>定時で帰る

 

給料:387,500円

時間:160時間

時給:2,420円

 

<ケース2>定時で帰って住宅補助金ももらう

 

給料:387,500円

住宅補助金:60,000円

時間:160時間

時給:2,800円

 

<ケース3>さらに上限の45時間残業する

 

給料:387,500円

残業代:143,000円

住宅補助金:60,000円

時間:205時間

時給:2,880円

 

<ケース4>さらに20時間のサービス残業

 

給料:387,500円

残業代:143,000円

住宅補助金:60,000円

時間:225時間

時給:2,620円

 

まとめ

Sponsored Link



 

色々なケースを考えてみましたが、

住宅補助金や残業手当を考えると、時給は2,900円ということが分かりました。

そしてサービス残業した場合は2,600円でした。(←こっちが現実に近い)

 

フリーランスと違って会社員の場合、健康保険、厚生年金保険の半分を会社が負担してくれます。なので会社負担分の保険料も「もらえる」とみなした場合の時給も計算してみます。

 

給料:387,500円

残業代:143,000円

住宅補助金:60,000円

会社負担の保険料:77,000円

時間:205時間

時給:3,250円

 

会社負担分の保険料も考慮すると時給は3,000円を超えることが分かりました。実際にもらえるわけではないですが、フリーランスの時給と比較する際には参考になりそうです。

 

<まとめ>

サビ残しなければ、時給2,900円

会社負担の保険料も考えると、時給3,250円

 

それでは。

 

関連記事:

仕事量は減らないのに頭使って残業時間を減らせと言われたが、何も思いつかない

4月、5月、6月に残業すると本当に損するのか? | シミュレーションした結果

物にこだわるサラリーマンが今年買ってよかった物を全て紹介 ~2018年度版

Sponsored Link



 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性が結婚相手に求める年収は600万。でも年収より大切なのは管理能力だッ!

  チャンドラです。   マイナビによると女性の半分が結婚相手に求める理想の年収が600万円と回答しています。 引用:マイナビ 年収600万円以上の25~34歳の独身男性はわずか3 …

孤独な人間のための「おひとり様信託」は案外いいかも・・・

  三菱住友信託銀行が「おひとりさま信託」というサービスを開始しました。 独身者の死後事務や遺品整理を一括してやってくれるサービスとのこと。 ホームページによると、こんなことをやってくれるそ …

米国株式市場の楽観

  米国株式市場で楽観が広がっています。 S&P500種株価指数もダウ工業株30種平均も最高値を更新し続けています。 米中間の貿易合意が近いと予想されているからです。 私はS&amp …

老人とぶつかって慰謝料をむしりとられた!!

  チャンドラです。   私が大学生だった頃に友人が起こした事故の話です。 私の友人は自転車で通学していたのですが、ある日老人が歩いているそばを自転車に乗りながら通り過ぎようとしま …

「大企業はオワコン」は短絡的で寂しい

  チャンドラです。   インターネット上では、大企業で働くのはオワコンだという意見がよくみられます。 年功序列がオワコン。 意思決定のスピードが遅いからオワコン。 定時に帰れない …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ