資産運用

【リスク分散】サラリーマンは本業収入もポートフォリオの一部と考えろ

投稿日:




 

不動産や株式投資で資産運用するサラリーマンが増えています。資産運用するうえで重要なのはリスク分散です。例えばある特定の企業の株だけに資産の大部分をぶち込んだ場合、資産の増減がその企業の業績だけに大きく依存してしまうのでリスクがとても高い。この場合複数の企業に投資することで、リスクを分散することができます。

そこでふと考えたのですが、株式でリスク分散する人は多くいても、自分の本業も含めてリスク分散している人は意外に少ないのではないか。

つまり本業もポートフォリオの一部としてリスク分散する必要があるのではないか、ということです。

下の図でいうと、本業で得る現金が黄色い部分に該当します。

 

例えば私が化学系の企業に勤めているとします。化学企業の業績は原油の価格に影響されやすい。なぜなら原油は石油化学製品の原料となるからです。中東情勢が緊迫して原油価格が上がれば原料調達コストが上がるので、私の会社の業績が圧迫されます。このとき給料かボーナスが減る可能性が高い。

このとき、私が石油開発を手掛けるエクソン・モービルやシェブロンの株に投資しているとします。原油価格が上がればこれらの企業の株価は上がる傾向にある。従って本業では給料やボーナスが下がっても、株式投資では資産を増やせていることになるます。これがリスク分散です。

Sponsored Link



 

個別株に投資する際は自分がよく知っている業界の企業に投資してしまいそうになります。例えば資源開発系の企業で働いて収入を得ている人が、「なんとなく」エクソン・モービルやシェブロンに投資した場合、原油安に直面すると本業でも投資でもダメージを負ってしまう。だから自分の会社の業績と相関性が低い業界の株に投資することで、本業も含めたポートフォリオへのダメージを抑えることができるというわけです。

下の図は米国の各業界株価の相関性を示していますが、これを見ればどの業界の相関性が高いか調べることができます。エネルギーセクター (XLE)と相関が低いのは公益事業セクター (XLU)ですね。

引用:Seeking alpha

 

とはいえ、各業界の相関とか調べるのが面倒くさい私のような人はインデックス・ファンドに投資しておけばいいと思います。市場の株式指数に連動するインデックス・ファンドなら様々な業界の企業の株価が取り込まれているので、細かい相関分析せずともリスク分散されていますからね。

米国のような海外株式インデックスに投資することでさらにリスク分散できます。例えば地震のような日本の地域特有の局地的なリスクが発現して私の本業収入が大きく下がったとしても、それが海外株式市場に与える影響は軽微だからです。

 

関連記事:

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

 

ここからブログランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

老後資金を確保するため投資すればいいか?(2千万、3千万、4千万)

  チャンドラです。   2000万円の老後資金を確保するためにいくら投資する必要があるか計算しました。 30年間に利回り5%のファンドに投資することを前提としています。投資方法は …

楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年10月末

  チャンドラです。   私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:266,656円 評価額:279, …

代替肉のビヨンド・ミートに投資してみたい!

  チャンドラです。   ベジタリアン向けに牛肉やソーセージの代替食材を製造するアメリカのビヨンド・ミートが5月2日、ナスダック市場に上場しました。 新規株式公開価格の25ドルを8 …

【人生変わった】投資信託を1年続けて分かったこと

チャンドラです。   投資信託を開始してちょうど1年が経過しました。 私が投資信託を始めたのは山崎元氏の「ほったらかし投資術」という本を読んだのがきっかけでした。たまたま会社で企業型確定拠出 …

やっぱり投資もシンプル・イズ・ベスト

  チャンドラです。   アップルの創業者、故スティーブ・ジョブスは黒のタートルネックにジーンズというスタイルを貫いていました。 その理由は、その日に着る服の決断をしないためです。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ