社畜 資産運用

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな ww

投稿日:2021年4月16日 更新日:




 

私はサラリーマンですが、サラリーマンが会社で働いて毎月給料もらうのと、株式投資して金を稼ぐのって、どちらがリスクとっているんでしょうか?

言うまでもなく後者です。

サラリーマンは確かに会社で理不尽なことがあったりムカつくことがありますが、リスクを取っているのは株式投資のほう。嫌なことに耐えて頑張ろうがそれは「リスク」とは全然関係ないんですね。

リスク=危険、ではないですよ。リスク=不確実性、です。先が予測できないということ。

サラリーマンなら毎月必ず給料が貰えるので、減給とかいう特殊なケースを除けば、リスクはゼロなんです。つまり、サラリーマン所得は債券のような無リスク資産的な位置づけだと言えます。

一方で株式投資はどうか?株式投資においては株価は日々変動するのでリスクは大きい。ある日100万円投資すると想像してください。1か月後に120万円になりますか?なるか分かりませんよね。

でも、サラリーマンなら1か月後にほぼ確実に20万円を受け取ることができます。だからサラリーマンは仕事がキツかろうが上司がクソだろうが、リスクの低さという観点からは超安牌なんです。

 

Sponsored Link



 

私もサラリーマンになりたてのころには全然気がつきませんでしたが、サラリーマンってほぼ無リスクなんです。繰り返しますが。

最近は実力主義な風潮もありますが、だからといって実力が足りないからクビになった人とか、業績悪いから大減給された人なんてほぼいないのでは?よっぽど経営苦しい企業ならともかく。

投資をやってるとリスクの低さは誠にありがたいものだ、と分かります。リスクが低い金融商品はリターンも低いのが通常ですが、サラリーマンならほぼ安定して月30万円程度はもらえる。

サラリーマンって有難いな ww

 

 

とはいえサラリーマンはムカつくことも多い。。。でも城山三郎の「毎日が日曜日」を読むと、さっさと仕事辞めるのも辛そうだな。。。

サラリーマン退職後の現実 ww 「毎日が日曜日」

 

関連記事:

ふざけたサラリーマン・ディスりはもうやめてくれ ww 腹が痛くなるわ ww

サラリーマンよ、ボーナスをS&P500にブチこもう。一括で。

サラリーマン退職後の現実 ww 「毎日が日曜日」

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜, 資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

資産運用はただ金を増やすだけの単純なものではない。真剣に取り組むほど金以外で得るものは多い。

  私はブログのサブタイトルに「資産運用とは身銭を切って人生と向き合うことだ」と書いています。 たかが株を買うことぐらいで人生と向き合うだなんて大げさでしょうか?私はそうは思いません。 人間 …

バビロンの大富豪 | 社畜による「黄金の七つの知恵」の解説と実践方法

  「バビロンの大富豪」は富を増やす不変の法則を紹介しています。 1920年に出版された本書は、今でも多くの人々に愛読されている名著です。   バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」は …

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

  チャンドラです。   米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。 この長短金利差について説明します。     長短金利差とは? …

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

  「リスク 神々への反逆」からの引用。 「ポートフォリオ選択」におけるマーコビッツの目的は、「期待収益率を望ましいものと考えると同時に、収益の分散を望ましくないものと考える」ような投資家の …

減りまくりんこ。180万円減 | 資産公開 | 2020年9月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,708,746円 前月より188万円減少   総資産の推移: 2020年7月:  33,662,607 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ