資産運用

平均的なサラリーマンの生涯貯金額とライフサイクル投資

投稿日:2020年2月21日 更新日:




 

私が名著だと思っている「ライフサイクル投資術」は、今手元にある現金をベースに株式比率を計算するのではなく、生涯の貯金額をベースに株式比率を計算しろと説いています。

例えば30歳で手元に5万ドルあるとして、株式比率を80%にするために4万ドルの株を買う。これは間違い!退職する65歳までに手に入れる貯金額を現在価値に換算した12万ドルも加えた17万ドルが手元にあるとみなして、そのうちの80%に相当する14万ドル分の株をレバレッジをかけて買いなさいと。これがライフサイクル投資術が説く株式を市場に最大限晒す方法です。(ただしレバレッジは最大2倍として14万ドルに近づけるように株を買う、が本書の正確な主張)

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

 

では収入が平均的なサラリーマンの生涯貯金額はいくらか?ライフサイクル投資を実践するためにどのように株を買っていくべきかを計算してみました。

平均的なサラリーマンの平均年収は441万円。前の記事でもやったように平均年収441万円の島根銀行の年収推移を利用します。

 

引用:年収ガイド

Sponsored Link



 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は330万円、52歳で最高額の570万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

 

年収に対する貯蓄率は10%とします。30年間の貯金額は1377万円。

30歳時点で貯金が300万円とすると、これに生涯貯金額の1377万円を加えると合計1677万円です。

このリーマンの資産における株式比率を79% (※)とした場合、36歳までレバレッジを2倍にし、44歳まで徐々にレバレッジを1まで下げて、あとは59歳までレバレッジなしで運用すればいいことが分かります。それが下の図です。

(※) RPA=2相当。詳しくは記事を参照。

このとき年利3%で運用すると仮定すると、資産は30年後に3300万円まで増やせます。

 

ライフサイクル投資と普通の積立投資を比較したのが下の図です。レバレッジありがライフサイクル投資、レバレッジなしが積立投資。ライフサイクル投資では30年後資産が3300万円ですが、積立投資では2930万円。ライフサイクルの方が若いうちにレバレッジをかけて運用したおかげで資産を370万円資産を増やすことができました。

 

関連記事:

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

 

オレは平均的なサラリーマンじゃねぇという方はこちら↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    たった200万円のためにリスク取るんだ

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      そう!平均的なリーマンならたった200万円なんですよ ww
      というわけで私はやってません ww 興味はあるんですがねぇ。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。 会社の規定で毎月16,000円を運用しています。 法令によると拠出額の上限は27,500円です。 確定拠出年金は節税効果 …

人的資産を計算する方法。なぜライプニッツ係数を使うのか?

  自分の人的資産を計算する方法があります。 例えば現在35歳の人が定年まで30年間働くとします。その期間の予想平均年収は600万円。すると、その人の人的資産は 600万円 x 30年 = …

高配当株かグロース株どちらに投資するかはIRRを比較するべし

  読者様から質問を頂きました。どうもありがとうございます。 高配当銘柄に投資するか成長が見込めるグロース株に投資するか、どちらが大きなリターンを得ることができるとお考えでしょうか?理由も教 …

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …

【レバレッジ3倍ETF 】SPXL TECL TQQQ 30%以上暴落 ww

  新型コロナの影響でレバレッジ3倍ETFの暴落が凄まじいことになっています ww ここ2週間の値下げは次の通り。   SPXL: 75 USD -> 50 USD (-33 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ