資産運用

平均的なサラリーマンの生涯貯金額とライフサイクル投資

投稿日:2020年2月21日 更新日:




 

私が名著だと思っている「ライフサイクル投資術」は、今手元にある現金をベースに株式比率を計算するのではなく、生涯の貯金額をベースに株式比率を計算しろと説いています。

例えば30歳で手元に5万ドルあるとして、株式比率を80%にするために4万ドルの株を買う。これは間違い!退職する65歳までに手に入れる貯金額を現在価値に換算した12万ドルも加えた17万ドルが手元にあるとみなして、そのうちの80%に相当する14万ドル分の株をレバレッジをかけて買いなさいと。これがライフサイクル投資術が説く株式を市場に最大限晒す方法です。(ただしレバレッジは最大2倍として14万ドルに近づけるように株を買う、が本書の正確な主張)

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

 

では収入が平均的なサラリーマンの生涯貯金額はいくらか?ライフサイクル投資を実践するためにどのように株を買っていくべきかを計算してみました。

平均的なサラリーマンの平均年収は441万円。前の記事でもやったように平均年収441万円の島根銀行の年収推移を利用します。

 

引用:年収ガイド

Sponsored Link



 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は330万円、52歳で最高額の570万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

 

年収に対する貯蓄率は10%とします。30年間の貯金額は1377万円。

30歳時点で貯金が300万円とすると、これに生涯貯金額の1377万円を加えると合計1677万円です。

このリーマンの資産における株式比率を79% (※)とした場合、36歳までレバレッジを2倍にし、44歳まで徐々にレバレッジを1まで下げて、あとは59歳までレバレッジなしで運用すればいいことが分かります。それが下の図です。

(※) RPA=2相当。詳しくは記事を参照。

このとき年利3%で運用すると仮定すると、資産は30年後に3300万円まで増やせます。

 

ライフサイクル投資と普通の積立投資を比較したのが下の図です。レバレッジありがライフサイクル投資、レバレッジなしが積立投資。ライフサイクル投資では30年後資産が3300万円ですが、積立投資では2930万円。ライフサイクルの方が若いうちにレバレッジをかけて運用したおかげで資産を370万円資産を増やすことができました。

 

関連記事:

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

 

オレは平均的なサラリーマンじゃねぇという方はこちら↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    たった200万円のためにリスク取るんだ

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      そう!平均的なリーマンならたった200万円なんですよ ww
      というわけで私はやってません ww 興味はあるんですがねぇ。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

投資方法の優劣はつけられるか?可能だが公平な比較は難しいと思う理由。

  インデックス・ファンドか、セクターETFか、成長銘柄か。はたまた高配当銘柄か。どの投資手法が一番大きなリターンを手にすることができるか?と問えば、その答えを出すのは難しいと思っています。 …

株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本でほぼ決まるのではないか?

  インデックス投資であれ高配当株投資であれ、株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本に大きく影響を受けるのではないかと思っています。 私は一貫してインデックス投資をしています。私がこれまで読 …

総資産が5000万円を超えたが、インデックス投資ではすぐに金持ちにはなれないのが実感できる

  総資産:5,042万円 リスク資産:4,700万円 現金:342万円 総資産における現金比率:6.8%   投資額:3,200万円 リターン:1,500万円 リターン/投資額: …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

1年間の確定拠出年金と個人年金保険の節税効果| 2018年度版

  チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金と個人年金保険を積み立てています。これらは節税効果が見込めます。 今回はどれだけの節税効果があったのか紹介します。   < …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ