運用成績

サラリーマンよ、ボーナスをS&P500にブチこもう。一括で。

投稿日:




 

サラリーマンのボーナスの季節がきましたね。この日だけは酒がウマい ww

ところでボーナスをもらったら一括で投資するかとりあえず手元に寝かせて株価が下がってから投資するか迷いませんか?

私は以前まで迷っていたのですが、考えを変えて一括で投資することに決めました。

この「株価が下がったら」という考え方が曲者なんです。人によっては10%下がってから買おうとか、20%下がったら買おうと基準を決めている人も多いと思います。

私の場合は米国S&P500に投資しているので、S&P500に限って話をします。いつも仮定している通りリスク・リターンを20%・7%で考えます。年率平均リターンがプラスである限り(つまり株価変動モデルにおいてドリフト項が存在する限り)、株価が上がる確率と下がる確率は五分五分ではなく、上がる確率の方が高くなるのは自明です。それなら早期に一括で投資した方が良い。

 

Sponsored Link



 

では仮に頑張って10%下がるのを待って、10%下がった時点でボーナスを一括投資するとどうなるか?確かに安値で買うことが出来るので得したことになるわけですが、ではそれはどれだけ得したことになるのか?

普通のサラリーマンならせいぜい50万円もらえる程度だとすれば、例えばS&P500を3500ポイントの時点で買えば142口買えます。これが10%下がった3150ポイントの時点で買えば158口数買えるので16口多く買えるわけですが、16口多く買えたところでどれだけ得するのよ?という話です。

買ったS&P500を長期保有するとして、仮にS&P500が今の2倍の8,000ポイントまで上がったとしても、3,150ポイント->8,000ポイントに上昇して得るのはたった8万円程度。頑張って10%下がるタイミングを計って買ったとしても得るものはこの程度なんです。しかもずーっと待っても10%下がらない可能性もあるわけで、この期間は機会損失でしょう。

そう考えると、サラリーマンの悦びの源泉たるボーナスは一括でブチ込んだ方がいいでしょう。簡単なケーススタディを紹介しましたが、これが私の結論。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

資産運用なんてシンプルなのに金儲けしたい連中が複雑にしてるだけ。

  資産運用なんてシンプルなのに金儲けしたい人間が複雑にしてるだけ、というのは肝に銘じておきたい金言。 「ほったらかし投資術」を読んでインデックス投資に目覚めて以来、私が大変参考にしている山 …

減りまくりんこ。180万円減 | 資産公開 | 2020年9月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,708,746円 前月より188万円減少   総資産の推移: 2020年7月:  33,662,607 …

【本業+副業+投資】資産は6247万 (645万円増加) | 2022年3月末

  2022年3月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,247万円 前月より645万円増加   資産運用状況   投資金額:3,503万円 評価額: …

社畜の資産は5134万 (177万円増加) | 資産公開 | 2021年7月末

  2021年7月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:51,342,288円 前月より177万円増加 増加内訳:運用: +117万   運用以外: +60万円 ※運用以外 …

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

  過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。 この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ