資産運用

サラリーマンの昇給額 | 今年の私の業績評価と昇給額

投稿日:

 

チャンドラです。

 

私の会社では毎年6月末に自分の昇給額が分かります。

昇給額とともに、自分の業績評価結果も渡されるのです。

私の今年の昇給額は次の通りでした。

 

昇給額:15,000円

本給:372,500円 → 387,500円

昇給率:4.0%

 

本給が15,000円アップするので、年収は180,000円アップすることになります。

そのうち約3割が税金や社会保障費でもっていかれるので、手取りの増加は約12.5万円です。

もちろん昇給した分は全てインデックス投資に捧げます。

 

 

ところで。

私の会社では社員の評価をするときに2つの評価を行います。

1つは業績評価。

業績評価では、社員が会社の業績にどのように貢献したかが見られます。

もっと簡単に言うと会社の利益に貢献したかしてないかを見るわけで、例えば売上アップに貢献したり、コストダウンに貢献したら高い評価をもらえます。

もう1つは能力評価。

能力評価では、社員が会社の利益に貢献できる能力があるかどうかが見られます。

例えば部下をまとめる力とか、取引先との交渉能力とか、業務で発生する問題を解決していく能力とか、そういう「能力」をもっているか、その能力を活かして行動できるか?が評価されます。

つまり、「能力」をもとに行動してきたことをアピールできた人が高い評価をもらえます。

そして、業績評価と能力評価で各社員に点数が付けられます。

点数が高い社員は昇給額が高く、点数が低い社員は昇給額が低くなるのです。

では私の点数はというと・・・残念ながら真ん中くらいですね。

点数が高い社員は30,000円くらい昇給できます。

 

 

いつも不思議に思うのが、点数だけで異なる業務の人をどのように評価できるのか?です。

例えば私は設計部門で働いているので、同じ設計部門内の人間に点数をつけて評価する。これは理解できます。

では設計部門で働いているAさんが10点中6点だとして、財務部門で働いているBさんが10点中7点だとします。

Aさんが6点で、Bさんが7点なので、点数が高いBさんの方が高い評価を得て高い給料をもらえる。

変ですよね?

AさんとBさんは業務内容が違うのに、同じ評価基準で点数が付けられています。そしてその点数がそのまま評価に使われている

うーん、しっくりきません。

不思議なので会社の上司に聞いてみると、その上司もよく分からない、とのこと。

たぶんそのへんはブラックボックスなんでしょうね。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱり投資もシンプル・イズ・ベスト

  チャンドラです。   アップルの創業者、故スティーブ・ジョブスは黒のタートルネックにジーンズというスタイルを貫いていました。 その理由は、その日に着る服の決断をしないためです。 …

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

  チャンドラです。   資産運用するうえで怖いのが元本割れです。 30年間根気強く積み立てて老後にさあ現金化しようとしたときに、投資額よりも低い評価額となっていたときの絶望感は半 …

2019年10月の資産公開 | 2771万円(67万円増加)

  チャンドラです。   2019年10月の資産運用状況を公開します。 合計資産は27,707,822円で前月より67万円増加しました。   総資産の推移: 2019年8 …

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の損益 | 2019年10月末

  チャンドラです。   私が毎週積み立てているeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の損益は次の通りでした。   積立額:7,191,000円 評価 …

米国株に投資するとか言っときながらテキサスしか行ったことない

  チャンドラです。   私はeMAXIS Slim 米国S&P500に積立投資していて、これを30年間続ければ資産を増やせると固く信じています。 と、記事で主張し続けてい …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ