社畜

給料ファクタリング ww 安全なわけない ww

投稿日:




 

給料ファクタリングの被害相談が増えているそうです。

給料ファクタリングとは聞きなれない言葉ですが、簡単に言うと「会社員などが会社から将来受け取る給料を業者が債権として買い取り、給料日前に現金を貸し付けるサービス」です。

産経新聞の記事から引用。

2月下旬、大阪府内に住む20代後半の男性会社員から司法書士事務所へSOSが届いた。男性は給料ファクタリングを利用し、月給のうち7万~8万円分を業者に債権として譲渡。手数料を引いた分を先に現金として受け取り、給料日後に返済することを繰り返していたが、やがて資金繰りに行き詰まったという。ただ男性が給料日前に受け取っていたのは約5万円。2万~3万円が手数料で差し引かれていた形だ。金利換算では年率が500%超となり、利息制限法の上限(最大20%)を大きく上回っていた。

年率500%超え ww エゲつなすぎです ww

というか8万円借りて手数料2万円取られる時点で不自然 ww こういう金が絡む話はたいてい金利換算すれば異常かどうかわかるんですよ ww あるサイトは「ローンやキャッシングは借金なので金利を付して返済する必要がありますが、給与ファクタリングは金利の代わりに手数料を払う点が違う」と謳っていました。金利も手数料みたいなもんでしょう ww 借り手の財布からいくらの金が出ていくのかという観点で見れば、単位がパーセントか円かだけの違いです ww ミスリードしてるような気が ww

Sponsored Link



 

同じサイトには給料ファクタリングは急な出費や資金調達に使えると宣伝していました。次のような感じで。

1.急な冠婚葬祭でまとまったお金が必要だ

2.給料日前に生活費が足りなくなってしまった

3.介護費や医療費のためにお金が必要である

4.教育費としてまとまった額が必要になった

5.家具・家電・仕事道具などを購入しなければならない

6.急を要する支払いの請求が届いた

 

落ち着いて考えれば、すべて高利貸しで金借りてまでやることではない。

1.急な冠婚葬祭でまとまったお金が必要だ

→ 金貯めてから結婚式して下さい ww 葬儀も公営斎場なら格安。

2.給料日前に生活費が足りなくなってしまった

→ どう金の管理してるんですか ww 

3.介護費や医療費のためにお金が必要である

→ 将来の親の介護くらい見据えて若いうちから貯蓄しましょう。

4.教育費としてまとまった額が必要になった

→ 国公立大学に行かせてください ww

5.家具・家電・仕事道具などを購入しなければならない

→ 金貯めてから買うか中古を買ってください ww

6.急を要する支払いの請求が届いた

→ アダルトサイトの請求書??まずは支払う必要があるか調べて ww

 

会社の給料日前に高い手数料払って給料を前借りするのが給料ファクタリング。どうしても緊急で現金が必要なら親戚から借りましょう。親戚が嫌な顔するなら金利数%つければいいじゃないですか。それでも親戚が懸念を示すなら本当に返済してくれるのか懸念を示しているということ。親戚が返済を心配するほど信用ならんということなら、ファクタリング業者も貸してくれないかも ww

そんなのやるわけないだろ ww という方はこちら↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



 

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブチ切れした上司が放った言葉が分かりにくすぎて動揺した話 ww

  私が新入社員だったころ、私は本当に理解が遅くて要領が悪い人間でした。そして運が悪いことにその当時の上司が鬼上司だったので、ほぼ毎日ブチ切れされていました。今から思い返すと、その上司が切れ …

社畜と中華人民共和国

  ※長文です 私が小学生だったころ、海外の国といえば米国だった。ハリウッド映画、マクドナルド、ナイキ、戦争、原爆。良い面・悪い面あろうが、海外と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、アメリカ。日本 …

エンジニアは数字に強くなろう! | 顧客の言いなりにならないために

  チャンドラです。   私はエンジニアとして働いていますが、会社のマネジメントからは数字を意識して仕事をしろと叩き込まれます。 エンジニアの主な業務は設計です。 なので「数字を意 …

金のかからない趣味を持つ人が幸せな理由

  チャンドラです。   私の職場で働いている女性で詩を読むのがとても好きな人がいます。あるフランスの詩人の作品が好きで好きでたまらないらしく、日本語の全集はもちろんのことフランス …

ホリエモン「人生最大のムダは悩み」ww

  ホリエモン氏が東洋経済の記事でいいことを語っています。 人生における最大のムダ、それは「悩み」の時間である。悩むのは、何か決まった問題に対して前向きに解決策を考えるのとは違う。 本当は「 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ