レビュー

辛い思いから立ち直るために読む本

投稿日:




 

チャンドラです。

 

私はサラリーマンです。仕事で辛い思いをすることはたくさんあります。

ミスをしたり報告が遅れて上司からひどく叱責されたり、他のプロジェクト・メンバーに迷惑をかけてしまって責められたり。また客との技術的な交渉を担当しているのですが、技術のせいでは超ベテランの客に論破されて交渉にならず、自分の技術力・説得力の低さに呆れて悔しい思いをすることもたびたびあります。

そんな辛い思いをしても早く立ち直らなければいけません。仕事は絶え間なくやってくるし、仕事から逃げたら仕事も失って生きていくことができなくなります。すぐに立ち直ることが重要なのです。

では私が精神的に立ち直るために何をしているかというと、

 

自分よりもっと辛く苦しい目に合った主人公の小説を読むことです。

 

自分より辛く苦しい人生を歩んできた人々の人生を読めば、自分の悩みなんて如何にちっぽけかが分かります。

小説はできればノン・フィクションか現実に近いフィクションが良いです。あまりにも現実離れした話だと「まあフィクションだしな」で済ませてしまうからです。

少し分野に偏りがありますが、私の心に染みた小説を紹介します。

 

大地の子(山崎豊子)

日本の敗戦後、中国に取り残された中国残留孤児の陸一心。心優しき中国人教師に育てられるも、日本人であるため差別やリンチを受け、内モンゴルの労働改造所に送りこまれます。

どんなに辛い目にあいながらも耐え抜き、人間の尊厳を失わなかった一心は、その後才能を認められて日中共同の国家プロジェクトである製鉄所の建設に携わります。

日本人であることを恨み続けた一心が奇跡的に実の父親と再会し、父に決断を告げます。その小説の最後のシーンは私は生涯忘れません。

 

二つの祖国(山崎豊子)

こちらも同じく山崎豊子の作品です。

日系2世としてアメリカに生まれた天羽賢治は、太平洋戦争開始後に敵性外国人として強制収容所に収容されます。賢治たち若い日系人は自分たち日系アメリカ人の名誉を取り戻すために、父祖の母国である日本と戦うことを選択し、アメリカ軍の兵士として激戦地のフィリピン戦線へ向かい活躍します。

戦後に極東国際軍事裁判が始まり、賢治は通訳として法廷に望みます。アメリカ市民であるが、体に日本人の血が流れる自分がやるべきことは、裁判が公正に進むよう全力を尽くすことだ。そう信じる賢治は軍事裁判の不平等さを真に当たりにし、愕然とします。

「自分は一体アメリカ人なのか日本人なのか」。苦悩に苦悩を重ねた賢治は最後の決断をします。

 

ワイルド・スワン(ユン・チアン)

中国で発禁処分となった、ある少女の衝撃的な自伝です。

中華人民共和国成立後に著者は生まれます。父と母は共産党で昇進していきますが、その後文化大革命が勃発。昨日までの笑いあった友人がいきなり敵意をむき出して敵意をむき出しにする。つるし上げ・密告・暴力・粛清、肉親ですらも信用できなくなる壮絶な文化大革命の中でも著者は人間の尊厳を失わずに、生き抜こうとします。

 

遠き落日(渡辺淳一)

日本人なら誰でも知っている野口英世の伝記です。

貧しい農家の出身で火傷による左手のハンディに対して、生涯コンプレックスを抱き続けた英世は、寝食を忘れるほどの壮絶な研究生活に没頭します。実力主義を信じる英世は日本に見切りをつけアメリカに飛び出し、白人からの黄色人種差別すらも糧にしてますます成果を上げて、新進気鋭の学者として日本に凱旋帰国します。その後黄熱病の研究のためにアフリカに向かい、不幸にも最期を遂げます。

聖人の域として崇められている英世は、実は借金魔で生活も超自堕落でした。そんな人間臭いところもしっかり描かれています。

それよりも、誰がなんと馬鹿にしようが実力あるものがエライと信じて突き進む英世の姿からは、間違いなく勇気がもらえます。

 

おろしや国酔譚(井上靖)

江戸時代末期に伊勢国(三重県)に生まれた船頭である大黒屋光太夫は、江戸へ向かう船が漂流し、アリューシャン列島に漂着します。

生き残った光太夫と仲間たちはロシアでの生活を始めますが、厳しい気候と慣れない生活のために仲間は次々と倒れていきます。光太夫はリーダーシップを発揮し、「なんとしても生きる気力を失うな。いつか日本に帰れる。」と残った仲間を励まし続けます。

その後イルクーツクに到着した光太夫は博物学者のラクスマンと出会い、日本への帰国を要請するために、はるか遠くのサンクトペテルブルグへ向かいます。目的はロシア帝国の女帝、エカチェリーナ2世に謁見すること。生きて母国へ帰れるかどうか、全てはこの一回限りの謁見にかかっているのでした。

 

壮絶な人生を生きた人はたくさん

 

以上は一例ですが、自分より壮絶な人生を生きた人はたくさんいます。

戦争に巻き込まれたり、理不尽に土地や財産を奪われたり、身内や親友から裏切られたり。

そんな人たちの自伝や小説を読みましょう。

そうすれば自分の悩みなんてちっぽけなものだと感じることができると思います。

それでは。

 

関連記事:

私のパワハラ体験談をお話しします

仕事で一番怖いのは病んで会社に行けなくなること

物にこだわるサラリーマンが買ってよかった物を全て紹介 | 2018年度版

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年前半(1月~4月)に買ったもの | 服・家電・雑貨

チャンドラです。   2019年前半(1月~4月)に買ってよかったものを紹介します。   (衣服)レミレリーフのスペシャルリメイク・スエット (衣服)レミレリーフのデニムジャケット …

5000円の包丁の切れ味が良すぎて出血 | 関虎徹 V金10号

  チャンドラです。   節約のために自炊する日が増えてきました。 これまでずっとダイソーの包丁を使っていましたが、思い切ってAmazonで少し高級な包丁を買うことにしました。 そ …

30代サラリーマンのパソコンデスク周りの紹介

  チャンドラです。   私は平日2時間、休日6時間程度パソコンデスクで作業をします。 そんな私のパソコンデスク周りのグッズを紹介します。   オカムラ コンテッサ &n …

コスパ最高の野菜ジュース | デルモンテ 朝サラダ | レビュー

チャンドラです。   私は毎朝かならず野菜ジュースを飲んでいます。 起きたらすぐ会社に行ってデスクで飲むのですが、コンビニで野菜ジュースを買うと高いんですよね。 私が好きな野菜ジュースはカゴ …

評判が良いウールリッチ アークティックパーカー | 購入後レビュー

  チャンドラです。   私は「良いものを大切に長く使う」をポリシーとしています。その方が結果的に節約になるからです。 そんな私でもウールリッチ アークティックパーカーだけは買うの …


チャンドラです。

東京在住の30代前半会社員でエンジニアとして働いています。エリート外国人のお客さん相手に日々奮闘中。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

TOEIC 905点

PMP (Project Management Professional)

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ