資産運用

年金だけでは老後資金が2000万円足りない!金融庁が発表

投稿日:2019年6月3日 更新日:

 

チャンドラです。

 

金融庁は老後に備えて計画的な資産形成を促す報告書をまとめました。

ロイター通信の記事から抜粋です。

金融庁の金融審議会は3日、長寿化による「人生100年時代」に備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要になると試算。

報告書は、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦の場合、年金収入だけでは月に5万円の赤字になるとした。

 

2018年の日本人の平均年齢は男性が81歳、女性は87歳です。

 

 

Googleで「日本 平均寿命」と検索すると日本人の平均寿命の推移を調べることができます。

1986年の平均寿命は78歳、2016年は84歳です。

つまり30年間で平均寿命が6歳のびていることが分かります。

このペースで平均寿命がのびると仮定すると、2050年には平均寿命が90歳なので、95歳まで長生きする人はたくさんいるかもしれません。

今回金融庁が発表した報告によると、退職する時点で2000万円ないと、95歳時点で家計が赤字になるということです。

95歳といえばヨボヨボで頭もボケてくるころでしょう。

そんなときにお金がなくて生活が苦しくなるとか、想像するだけで悲惨です。

 

 

私には90歳を超える祖父がいます。

80歳前半までは健康でしたが、80代後半辺りからボケてきて、転んで骨折したり、風邪を引きやすくなりました。

ちょっと転んだだけでも傷が治りにくく、入院したり退院を繰り返すようになりました。

今の私は滅多に病院に行きませんし、自分が将来ボケることなど想像もつきません。

私も将来祖父のようにボケて体も弱くなったら、治療費にお金がかかったり、お手伝いさんを雇ったり、ボロくなった家の改築にお金がかかってくるでしょう。

そんなときにお金がないとか悲惨だし、身内に迷惑がかかると思います。

 

年取ってお金がないのは本当に悲惨です。

金融庁の発表を見ていると老後貧乏とか孤独死が他人事ではないように思えてきます。

お金は貯められるときに貯めて投資することで、複利の力で資産を増やしていきたいです。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500 遂に3000ポイント超え! | 運用状況

  チャンドラです。 米国S&P500が遂に、史上最高の3000ポイントを超えました。 パウエルFRB議長が利下げに前向きな証言を行ったことが株価上昇の大きな要因になりました。金利が …

米国経済減速を見据えて積立金額を増やす

    チャンドラです。   私はSBI証券でインデックスに積立ています。主力は次のファンドです。 eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) eMAXI …

米国株式インデックス・ファンドの信託報酬の差の効果

  チャンドラです。   いくつかの米国株式インデックス・ファンドが販売されていますが、信託報酬に違いがあります。 eMAXISや楽天などの有名な低コストファンドの信託報酬は次の通 …

60万円の運用益が2週間でマイナスに

  チャンドラです。   インデックス・ファンドと言えど値動きは激しいです。 私は米国S&P500と全世界株式に投資していますが、 つい2週間前にあった60万円の運用益は、 …

S&P500と上海総合指数の推移を比較。中国株はリスクが高いが投資はしたい。

  チャンドラです。   アメリカの代表的な株価指数であるS&P500は、過去の推移をみると順調に上昇していることが分かります。 それではGDP世界2位の中国の株価はどうで …


チャンドラです。

東京在住の30代前半会社員でエンジニアとして働いています。エリート外国人のお客さん相手に日々奮闘中。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

TOEIC 905点

PMP (Project Management Professional)

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ