資産運用

マッチングアプリからのロマンス詐欺からのノーマネーでフィニッシュ ww

投稿日:




 

気の毒に・・・。文春の記事からの引用。

恋人や結婚相手を探すマッチングアプリで恋心を抱かせ、現金などをだまし取る「ロマンス詐欺」の被害が急増している。新型コロナウイルス禍で外出の機会が減り、アプリでパートナーを探す人が増える中、専門家は「相手を信じたい気持ちにとらわれると被害から抜け出せなくなる」と注意を呼び掛けている。

東北地方に住む30代の女性会社員は6月、アプリを通じ、カナダ出身で東京在住という男と知り合った。プロフィルの顔写真に魅力を感じ、インターネット交流サイト(SNS)で親密なやりとりを重ねるうちに恋に落ちたという。

しばらくして男は投資話を持ち掛けてきた。女性は、指示されるまま海外の交換所で暗号資産(仮想通貨)を購入。わずか数分で60ドル(約6600円)相当の利益が出たといい、「すっかり男を信用してしまった」という。

「チャンスを一緒につかみたい」という男の言葉を信じた女性は、指定された口座に家族や消費者金融から調達した計600万円を送金。「出金には保証金が必要」などと交換所から請求され、さらに計550万円を送金した後、だまされたことに気づいたという。

男とはメッセージの交換のみで、直接会ったことも声を聞いたこともない。調べると、プロフィルの写真は海外著名人のもので、交換所も存在していなかった。女性は「疑っていたが証拠がつかめず、好きな人が言うから間違いないと思った」と悔やんだ。

 

Sponsored Link



 

私も過去に(マッチングアプリじゃないけど)色々な勧誘を受けてきました。

やはり怪しいのは投資自己啓発セミナー語学留学。そのなかでも投資は一番怪しくて危険ですね。確かに営業かけてきたのは美男美女でしたよ。五感に訴えかけてくるものがありましたね ww

女性は「疑っていたが証拠がつかめず、好きな人が言うから間違いないと思った」と悔やんだ。

あかんのやで。人の言うことを鵜呑みにしたら。

どんなに寂しくても、信じていいのは「信頼性が高いと評価されて長年支持されてきた書籍」や「数字で裏付けがある理論」なんやで。

怪しい投資男にカモられるぐらいなら、私と投資の勉強、やらないか ww

 

関連記事:

というか、こここで挙げた本読んどくだけで資産運用はもうバッチリだと思います。

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

 

YoutubeやSNSを鵜呑みにして株式投資する人がいるのか ww

人のせいにするなよ ww 自分で考えずYoutubeやSNSを鵜呑みにして投資 ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メルカリで売れた意外なものを紹介

  チャンドラです。   家の中の不要なものをよくメルカリで売っています。 これまでメルカリで10万円以上商品を売ってきました。 その際「こんなものまで売れるの??」という商品がよ …

米国株式時価総額はパレートの法則 (80:20の法則)に従うか?

  経済学でよく使われるのがパレートの法則です。別名80:20の法則とも言われていて、「全体の数値の大部分は全体を構成する一部が生み出している」ことを言います。 パレートの法則に従う現象には …

今週も増えまくり ww | 運用成績 | 2020年10月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:30万円 積立総額:2,805万円 評価額:3,209万円 先週の損益:+325万円(+10.4%) 今週の損 …

S&P500と上海総合指数の推移を比較。中国株はリスクが高いが投資はしたい。

  チャンドラです。   アメリカの代表的な株価指数であるS&P500は、過去の推移をみると順調に上昇していることが分かります。 それではGDP世界2位の中国の株価はどうで …

インデックス投資の含み益が1000万円超えた。

  買付額:3,061万円 評価額:4,106万円 損益:+1,044万円 リターン:34% 下が内訳(確定拠出年金は除く) Sponsored Link   投資開始が2018年 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ