資産運用

リスクは低い方がいい。そのリスク本当に取る必要ありますか?

投稿日:2021年9月6日 更新日:




 

リスクとは不確実性の事。

金融商品に関して「リスクが高い」とは、その価格変動が大きいことを意味します。そして一般的にある金融商品のリスクが大きければリターンも大きいです。

下の図はmyINDEXから作成した株や債券のリスク・リターンを見れば分かります。(コモデティ・日本株のリターンがリスクの割に低いですがとりあえず無視。)

ではリスク (不確実性)って大きい方がいいのでしょうか?それとも小さい方がよいのでしょうか?

当然リスクは小さい方がよい。それはなぜ?なぜリスクは小さい方がいいんでしょう?

一般的にリスクに対応するにはいくつかの方法があります。リスクマネジメントの領域では「軽減」「回避」「転嫁」「受容」があります。

リスクへの対応方法は色々と研究されてきたし、国家でも企業でも個人でも、意識的にも無意識的にもリスクを軽減するか、回避するか、転嫁するかをしているんです。それこそ大金はらって。なぜなんでしょう?

 

Sponsored Link



 

私の考えではこう。「自分が達成したい事を達成する確度を上げる」ためにリスクを減らすんです。この「達成したい事」が存在するのがポイント。

例えば現金は無リスク資産なのでリスクはゼロ。仮に年収500万円の人の達成したい事が「生活水準を一定に保ったまま30年生きる」として収入だけで生きていけるなら、株や債券なんて買う必要ないんです。だってわざわリスク資産を買う必要ないし。

そんなこと当たり前じゃないか!今の収入だとカネが足りないから株買ってるんだ!と言われそうです。

ならば、「じゃあいくら資産が欲しくて、それを達成するためにとるリスクを最低限に抑えているか、説明できんの?」と言われたらどうでしょう。意外にも「ウッ・・・」と言葉に詰まるんじゃないでしょうか ww

myINDEXを再掲。例えばリターン7%欲しければ米国株に投資すればリスクは18%程度で済みます。これは私の720の法則とほぼ同じ。

それなのに7%だとなんとなく足りないし、他のXXという金融商品ならなんとなく(リスクは知らんけど)リターン高そう、とやってしまうと、「目標」も「リスク低減」も、なにもかもメチャクチャで計画性ゼロなわけです。

こう考えると、やはり重要なのは (1) 目標としていくら欲しいか? (2) そのためのリスクは最小化できているか? にいきつきます。

でもそんなこと、サラリーマン生活やってれば会社である程度叩き込まれると思います。社畜やっててよかったわ ww

 

関連記事:

私が投資で学んだことは「不確実性への対処方法」。リスク管理は仕事・生活に応用出来て汎用性が高い。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

毎月配当金10万もらうより副業で10万もらう方がはるかに良い。

  配当金を月10万もらうか副業で月10万もらうか? 過去記事で書いたように配当金狙いで高配当投資は税金抜かれる点で問題外というのが個人的な考えです。そして配当金10万か副業で10万かといえ …

S&P500絶好調の後に来る調整とか暴落に備えるマインドセット

  私が愛読する「市場サイクルを極める」からの引用。 軽視されたり、見落とされたりしているかもしれないが、私の経験から言うと、金融サイクルはおおむね対照的である。サイクルのあらゆる動きには「 …

暴落時でもS&P500を20万円分定期積立 ww

  S&P500は10%暴落後に、3%上がったり下がったり。。。動きが全然読めません ww 私は方針を貫き、インデックス・ファンドをひたすら定期積立です。コロナによる市場の混乱はフル …

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

  S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。 構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりし …

過去の米国S&P500に毎月3万円投資し続けた場合のリターンを計算

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月3万円を投資し続けた場合を考えます。 下のグラフが2 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ