資産運用

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

投稿日:2019年8月17日 更新日:




 

チャンドラです。

 

「利率」と「利回り」は意味が違います。

「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。

「利回り」は投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合の事です。

簡単な例を見てみます。

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に120万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:120万円 – 100万円 = 20万円

5年間の利益:25万円 + 20万円 = 45万円

利回り:8%

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に80万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:80万円 – 100万円 = -20万円

5年間の利益:25万円 – 20万円 = 5万円

利回り:1%

 

どうでしょうか?

どちらの債券も同じ年利率5%ですが、利回りは異なります。売却金額が異なるからです。

Sponsored Link



 

もういちど言葉の定義をちゃんと見てみます。

利率:額面金額に対して毎年受け取る利子の割合

利回り:投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合

 

だから「S&P500の過去20年の利率は年平均5%」とは言いません。

正しくは「S&P500の過去20年の利回りは年平均5%」です。

S&P500に連動する株を買っても利子はもらえないからです。

 

米国債の場合は、「利率」とも「利回り」とも言えます。

上の例で見たように、「米国債の利率」とは債券が手元にある間にもらえる利子です。

一方「米国債の利回り」とは債券を売った後にもらえる利益の年単位の割合です。

上のデータはブルームバーグで見た米国債の利率と利回りのデータです。

米国債2年を見ると、利率は1.75%、利回りは1.51%であることが分かります。

100万円でこの債券を買うと、

2年間でもらえる利子:100万円 x 1.75% x 2年 = 3.5万円

2年後の売却益:100万円 x (1+1.51%)^2 = 3万円

利子よりも、利子も含めた売却益の方が小さいということは、2年後の債券の価格は購入価格の100万円より低くなると予想されているのです。

 

利率と利回りは間違えやすいので注意しましょう。

それでは。

 

関連記事:

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

 

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金融リテラシーゼロのときにFXをおススメされたがやらなくてよかったわ。

  私も社会人になってある程度の金融リテラシーが身についてきて、世の中にはどんな金融商品があるのか?その商品はどのような仕組みで運用されているのか?リスクやリターンはどの程度か?ということが …

1ドル95円まで円高 ww 本業と投資でダブルパンチ ww

  新型コロナウイルスの影響で円高が進んでいます。ゴールドマン・サックスのオッサンが1ドル95円まで円高が進む可能性があると指摘しています。Bloombergの記事から。 引用:Bloomb …

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

  前回の続き。 過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・ ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない …

【重要】投資方法よりもいくら欲しいか目標設定を先にすべき

  人が資産運用を始めるときに、まずは目標を立てた方がいいと思っています。企業が経営計画を立てるとの同じです。当たり前ですよね?でも実はやってる人は多くないと思います。ファイナンシャル・プラ …

貧富の差が広がる理由は金持ちの方が高いリスクをとれるから。

  トマ・ピケティが唱えたのは「r>g 」。r=資本収益率、g=経済成長率。要は、資産運用で得られる利益の成長率は、労働によって得られる賃金上昇率を上回るということ。 ここで、「資産運 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ