資産運用

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

投稿日:2019年8月17日 更新日:




 

チャンドラです。

 

「利率」と「利回り」は意味が違います。

「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。

「利回り」は投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合の事です。

簡単な例を見てみます。

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に120万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:120万円 – 100万円 = 20万円

5年間の利益:25万円 + 20万円 = 45万円

利回り:8%

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に80万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:80万円 – 100万円 = -20万円

5年間の利益:25万円 – 20万円 = 5万円

利回り:1%

 

どうでしょうか?

どちらの債券も同じ年利率5%ですが、利回りは異なります。売却金額が異なるからです。

Sponsored Link



 

もういちど言葉の定義をちゃんと見てみます。

利率:額面金額に対して毎年受け取る利子の割合

利回り:投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合

 

だから「S&P500の過去20年の利率は年平均5%」とは言いません。

正しくは「S&P500の過去20年の利回りは年平均5%」です。

S&P500に連動する株を買っても利子はもらえないからです。

 

米国債の場合は、「利率」とも「利回り」とも言えます。

上の例で見たように、「米国債の利率」とは債券が手元にある間にもらえる利子です。

一方「米国債の利回り」とは債券を売った後にもらえる利益の年単位の割合です。

上のデータはブルームバーグで見た米国債の利率と利回りのデータです。

米国債2年を見ると、利率は1.75%、利回りは1.51%であることが分かります。

100万円でこの債券を買うと、

2年間でもらえる利子:100万円 x 1.75% x 2年 = 3.5万円

2年後の売却益:100万円 x (1+1.51%)^2 = 3万円

利子よりも、利子も含めた売却益の方が小さいということは、2年後の債券の価格は購入価格の100万円より低くなると予想されているのです。

 

利率と利回りは間違えやすいので注意しましょう。

それでは。

 

関連記事:

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

 

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ減るんだよ ww | 運用成績 | 2020年8月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:13万円 積立総額:2,649万円 評価額:2,983万円 先週の損益:+363万円(+12.1%) 今週の損 …

サラリーマン投資家が向き合うべき問い(自分の会社は投資に値するのか?)

  私も含めて株式投資をしているサラリーマン投資家は多い。本業の給料が上がらないとか、終身雇用制度が今後も維持されるか分からないとか、人それぞれ理由があるだろう。色々と理由があろうが、それを …

平均的な年収でビットコインにフルインベストメントはやめたほうがいいと思うが ww

  ビットコインのリスクが高いことは言うまでもないでしょう。マスク氏がビットコイン決済をやめるとツイートしただけで30%近く暴落するくらいですからね。 私が思うのは、ビットコインに限らずレバ …

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

  企業への増税を掲げるバイデン氏が米大統領選に当選した場合、企業の収益がどれだけ減るかWSJの記事で分析されています。 バイデン氏は連邦法人税率の21%から28%への引き上げ、米国外での収 …

NISAの運用成績 | 楽天・全米株式インデックス | 2020年2月末

私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができる …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ