資産運用

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

投稿日:2019年8月17日 更新日:




 

チャンドラです。

 

「利率」と「利回り」は意味が違います。

「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。

「利回り」は投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合の事です。

簡単な例を見てみます。

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に120万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:120万円 – 100万円 = 20万円

5年間の利益:25万円 + 20万円 = 45万円

利回り:8%

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に80万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:80万円 – 100万円 = -20万円

5年間の利益:25万円 – 20万円 = 5万円

利回り:1%

 

どうでしょうか?

どちらの債券も同じ年利率5%ですが、利回りは異なります。売却金額が異なるからです。

Sponsored Link



 

もういちど言葉の定義をちゃんと見てみます。

利率:額面金額に対して毎年受け取る利子の割合

利回り:投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合

 

だから「S&P500の過去20年の利率は年平均5%」とは言いません。

正しくは「S&P500の過去20年の利回りは年平均5%」です。

S&P500に連動する株を買っても利子はもらえないからです。

 

米国債の場合は、「利率」とも「利回り」とも言えます。

上の例で見たように、「米国債の利率」とは債券が手元にある間にもらえる利子です。

一方「米国債の利回り」とは債券を売った後にもらえる利益の年単位の割合です。

上のデータはブルームバーグで見た米国債の利率と利回りのデータです。

米国債2年を見ると、利率は1.75%、利回りは1.51%であることが分かります。

100万円でこの債券を買うと、

2年間でもらえる利子:100万円 x 1.75% x 2年 = 3.5万円

2年後の売却益:100万円 x (1+1.51%)^2 = 3万円

利子よりも、利子も含めた売却益の方が小さいということは、2年後の債券の価格は購入価格の100万円より低くなると予想されているのです。

 

利率と利回りは間違えやすいので注意しましょう。

それでは。

 

関連記事:

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

 

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

  チャンドラです。   2018年6月にインデックス投資を初めてから1年が経ちました。 ついにインデックス投資の積立額が1000万円を超えました。   履歴: インデッ …

60万円の運用益が2週間でマイナスに

  チャンドラです。   インデックス・ファンドと言えど値動きは激しいです。 私は米国S&P500と全世界株式に投資していますが、 つい2週間前にあった60万円の運用益は、 …

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

    チャンドラです。   今日は職場の忘年会でした。忘年会は普段話す機会がない人とも打ち解けて話すチャンス。 ちょうど今年から短期契約で入社したベテランのアメリカ人エ …

1年間で還元された全ポイントを公開 ~ オリコポイントと楽天スーパーポイント (2018年度版)

    チャンドラです。   私のメインのクレジットカードはOrico Card the Pointです。ポイント還元率がかなり高いからです。そしてコンビニ・レストラン・ …

サラリーマンの昇給額 | 今年の私の業績評価と昇給額

  チャンドラです。   私の会社では毎年6月末に自分の昇給額が分かります。 昇給額とともに、自分の業績評価結果も渡されるのです。 私の今年の昇給額は次の通りでした。   …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ