資産運用

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

投稿日:2019年8月17日 更新日:




 

チャンドラです。

 

「利率」と「利回り」は意味が違います。

「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。

「利回り」は投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合の事です。

簡単な例を見てみます。

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に120万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:120万円 – 100万円 = 20万円

5年間の利益:25万円 + 20万円 = 45万円

利回り:8%

 

<年利率5%の債券を100万円分購入、5年後に80万円で売る場合>

5年間の利子:100万円 x 5% x 5年 = 25万円

5年後の売却益:80万円 – 100万円 = -20万円

5年間の利益:25万円 – 20万円 = 5万円

利回り:1%

 

どうでしょうか?

どちらの債券も同じ年利率5%ですが、利回りは異なります。売却金額が異なるからです。

Sponsored Link



 

もういちど言葉の定義をちゃんと見てみます。

利率:額面金額に対して毎年受け取る利子の割合

利回り:投資金額に対する利子も含めた年単位の利益の割合

 

だから「S&P500の過去20年の利率は年平均5%」とは言いません。

正しくは「S&P500の過去20年の利回りは年平均5%」です。

S&P500に連動する株を買っても利子はもらえないからです。

 

米国債の場合は、「利率」とも「利回り」とも言えます。

上の例で見たように、「米国債の利率」とは債券が手元にある間にもらえる利子です。

一方「米国債の利回り」とは債券を売った後にもらえる利益の年単位の割合です。

上のデータはブルームバーグで見た米国債の利率と利回りのデータです。

米国債2年を見ると、利率は1.75%、利回りは1.51%であることが分かります。

100万円でこの債券を買うと、

2年間でもらえる利子:100万円 x 1.75% x 2年 = 3.5万円

2年後の売却益:100万円 x (1+1.51%)^2 = 3万円

利子よりも、利子も含めた売却益の方が小さいということは、2年後の債券の価格は購入価格の100万円より低くなると予想されているのです。

 

利率と利回りは間違えやすいので注意しましょう。

それでは。

 

関連記事:

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

 

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジム・ロジャーズに「大金持ちへの近道」を教えてもらおう ww

  東洋経済の記事でジム先生が大金持ちになる方法を教えてくれています。   「株式であれ債券であれ、あなたがどんな知識を持っているかによって投資すべき商品は変わる。株式が何たるかを …

アメリカ人が書いた株式投資の名著が多い理由

  株式投資の未来 賢明なる投資家 ウォール街のランダムウォーカー 敗者のゲーム   株式投資の名著を挙げろと言われれば、たいていはアメリカで出版された本が思い浮かびます。その主な …

社畜の資産 | 145万円増加 | 2020年4月末

  2020年4月の資産運用状況を公開します。   合計資産:28,148,572円 前月より145万円増加   総資産の推移: 2020年2月:  29,089,219 …

【リスク分散】サラリーマンは本業収入もポートフォリオの一部と考えろ

  不動産や株式投資で資産運用するサラリーマンが増えています。資産運用するうえで重要なのはリスク分散です。例えばある特定の企業の株だけに資産の大部分をぶち込んだ場合、資産の増減がその企業の業 …

インデックス投資は悦びを奪われた投資法

    言うまでもないがインデックス投資はヒマです。あくびが出るほどヒマ。もう、どうしようもないほど、ヒマ。 個別株でポートフォリオを組む人は多い。市場平均を超えるリターンを狙うこ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ