資産運用

その投資は儲かるのか?利回りで考えよう

投稿日:2019年11月23日 更新日:

 

私は2018年からインデックス投資につみたて投資をしています。

インデックス投資のリターンは次の通りでした。

2018年:-10.60%

2019年:+11.18%

これを2年間の利回りに直すと6.8%に相当します。

米国S&P500に20~30年間長期投資した場合、利回り7~8%と言われています。

私はS&P500をメインに投資しているので、ここ2年間の利回りはだいたい過去の実績に近いと分かります。

 

ところで、

利回りという考え方は、何に投資するかの判断基準として使えます。

 

 

例えばマンションを購入して家賃収入を得る場合の利回りを考えてみます。

初年度に5000万円投資して毎月手数料などを引いて30万円収入を得る場合、30年間の利回りは6%です。

ここで金利1%で融資を受けている場合、正味の利回りは6%から1%を引いて5%になります。

 

利回りを計算して次に何をするかというと、

他の投資方法で得られる利回りと比較するのです。

 

S&P500長期投資(過去の実績ベース):7%

不動産投資(上の例):5%

銀行預金の金利:+0.01%

 

利回りを比較することで、何に投資するべきか意思決定ができるのです。

ちなみに、日銀が目指している年率2%のインフレを考慮すると、

 

S&P500長期投資(過去の実績ベース):5%

不動産投資(上の例):3%

銀行預金の金利:-1.99%

 

当然ですが銀行預金はマイナスになるので下策です。

 

長期投資を考えるうえで大切なのは「利回り」です。

色んな投資方法の利回りを比較することで、意思決定が出来るのです。

 

ちなみに例に挙げた不動産投資の利回りはIRRで計算できます。

IRRの計算方法はカール氏の本に詳しく書いていておススメです。

 

Sponsored Link



 

 

関連記事:

やっぱり投資もシンプル・イズ・ベスト

インデックス投資の運用益が100万円を超えました

インデックス投資と盛者必衰の理

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6年間で2,000万円貯めたサラリーマンのクレジットカード

  チャンドラです。   私はクレジット機能をオリコカード1枚に集約しています。ポイントがザクザクたまるからです。 私が愛用する年会費無料の「Orico Card The Poin …

平均的なサラリーマンの生涯貯金額とライフサイクル投資

  私が名著だと思っている「ライフサイクル投資術」は、今手元にある現金をベースに株式比率を計算するのではなく、生涯の貯金額をベースに株式比率を計算しろと説いています。 例えば30歳で手元に5 …

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

  タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見 …

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ