資産運用

その投資は儲かるのか?利回りで考えよう

投稿日:2019年11月23日 更新日:

 

私は2018年からインデックス投資につみたて投資をしています。

インデックス投資のリターンは次の通りでした。

2018年:-10.60%

2019年:+11.18%

これを2年間の利回りに直すと6.8%に相当します。

米国S&P500に20~30年間長期投資した場合、利回り7~8%と言われています。

私はS&P500をメインに投資しているので、ここ2年間の利回りはだいたい過去の実績に近いと分かります。

 

ところで、

利回りという考え方は、何に投資するかの判断基準として使えます。

 

 

例えばマンションを購入して家賃収入を得る場合の利回りを考えてみます。

初年度に5000万円投資して毎月手数料などを引いて30万円収入を得る場合、30年間の利回りは6%です。

ここで金利1%で融資を受けている場合、正味の利回りは6%から1%を引いて5%になります。

 

利回りを計算して次に何をするかというと、

他の投資方法で得られる利回りと比較するのです。

 

S&P500長期投資(過去の実績ベース):7%

不動産投資(上の例):5%

銀行預金の金利:+0.01%

 

利回りを比較することで、何に投資するべきか意思決定ができるのです。

ちなみに、日銀が目指している年率2%のインフレを考慮すると、

 

S&P500長期投資(過去の実績ベース):5%

不動産投資(上の例):3%

銀行預金の金利:-1.99%

 

当然ですが銀行預金はマイナスになるので下策です。

 

長期投資を考えるうえで大切なのは「利回り」です。

色んな投資方法の利回りを比較することで、意思決定が出来るのです。

 

ちなみに例に挙げた不動産投資の利回りはIRRで計算できます。

IRRの計算方法はカール氏の本に詳しく書いていておススメです。

 

Sponsored Link



 

 

関連記事:

やっぱり投資もシンプル・イズ・ベスト

インデックス投資の運用益が100万円を超えました

インデックス投資と盛者必衰の理

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。 会社の規定で毎月16,000円を運用しています。 法令によると拠出額の上限は27,500円です。 確定拠出年金は節税効果 …

eMAXIS Slim 米国株式は遂に含み損解消

  コロナ感染拡大後、米国株式指数は力強く上昇を続けた。そして私の米国インデックス投資も約2か月ぶりに含み損を解消。   2ヵ月前:マイナス425万円 現在:プラス13万円 ネット …

2050年の世界GDPランキング予測

チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産を長期で運用しています。   新興国株式もポートフォリオに組み入れていますが、どれだけの割合を組み入れるべきかは悩みの …

老後資金を確保するため投資すればいいか?(2千万、3千万、4千万)

  チャンドラです。   2000万円の老後資金を確保するためにいくら投資する必要があるか計算しました。 30年間に利回り5%のファンドに投資することを前提としています。投資方法は …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ