社畜

金持ちになったら100万かけてでも買いたいもの

投稿日:2020年7月4日 更新日:




 

私が金持ちになったら買いたいもの。それはペルシャ絨毯です。もちろんイラン製で100%シルクで、由緒ある工房で手作業で製作されたもの。

 

高級調度品として世界に名をはせるペルシャ絨毯。ペルシャ絨毯の起源は古代ペルシャ帝国までさかのぼります。

ペルシャ絨毯の素晴らしさは色使いと模様。イランは7世紀にイスラム化しました。イスラム教は偶像崇拝を禁止しているため、神(アッラー)の偉大さを表現するために、非常に複雑な植物文様や幾何学模様を駆使します。

装飾技術には幾何学の知識が必要になります。ペルシャ帝国は高度な文明を誇っていたので、複雑な模様を建築や美術品に応用できたのです。

 

 

下の写真はイスファハンのシェイク・ロトフォラー・モスク内部の天井の模様。私も中東のモスクは色々行きましたが、イランのモスクの装飾、とくにイスファハンのモスクは別格です。人間が創り出せる幾何学模様の限界に達したと思います。

 

Sponsored Link



 

 

イラン国土は非常に広く、地域によって絨毯に特色があります。そのような地域差も魅力です。ちなみに私がイランで買ったのはヤスドの遊牧民が織った素朴なウールのデザイン。値段は数万程度でした。100%シルクは高すぎて手は出ませんでした。

 

ヤズドは紀元前にゾロアスター教が起った場所。ニーチェの「ツァラトゥストラはこう言った」のツァラトゥストラ = ゾロアスターのことです。ゾロアスター教はイスラムとは違い偶像を使用するのは禁止されていないため、人のデザインが絨毯に入っています。そしてゾロアスター教の象徴である火のデザインも。ウール製のペルシャ絨毯は踏めば踏むほど光沢が増すらししいので、それを楽しみにしつつ毎日踏んでいます。

 

イラン人はどこの家庭でも高級なペルシャ絨毯を1枚は所有して、親から子へと引き継いでいくそうです。タクシーのオッサンの家に紅茶を飲みに招待してもらったのですが、親の代から使っている絨毯を自慢されました。

私も金がたまったら思い切って100万円程度の絨毯を一生使うつもりで買ってみたいです。買うならやはりイランでしょう。行くのに10万円以上かかりますが ww 下はヤズドの絨毯屋の写真。数万円のものから数百万円のものまで。2時間粘ってもほとんど値引きしてくれませんでした。

 

下の写真の左側の青い色の絨毯がイスファハン産のシルク100%。サイズは1m2程で約10万円。これは近くで見たらヤバかったです。メチャクチャ綺麗でした。

この大きいサイズを将来ぜひ買いたいと狙っています ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30代独身男性の平均生活費は16万円

  チャンドラです。   Money Plusの記事によると、都内在住の30代男性の平均生活費は16万円だそうです。   引用:Money Plus   私も都 …

世界ウェブサイト訪問数ランキングでGoogleが圧倒的すぎて笑えるな。

  Visualcapitalistからの引用。世界のウェブサイト訪問数ランキングでGoogleが圧倒的1位でした。 下のグラフが2020年の月間訪問数。 1位はGoogleは925億。2位 …

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

  チャンドラです。   国債の利回りは通常、満期までの期間が長い方が金利が高くなります。 つまり通常は、長期金利の方が短期金利よりも大きいのです。そして長期金利より短期金利の方が …

ホリエモン「人生最大のムダは悩み」ww

  ホリエモン氏が東洋経済の記事でいいことを語っています。 人生における最大のムダ、それは「悩み」の時間である。悩むのは、何か決まった問題に対して前向きに解決策を考えるのとは違う。 本当は「 …

世界を飛び回る仕事 ww 生産性は下がるだろ ww

  世界を飛び回る仕事をしたい。 学生時代そんなことを考えながら就職活動をしていました。だってカッコよく感じるじゃないですか。スケジュール表見たら出張の予定がびっしりで中国とかアメリカとかド …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ