書評

【投資の良書】レイ・ダリオ氏が推薦する図書「歴史の大局を見渡す」を読む。

投稿日:




 

米国の著名なヘッジファンドのマネージャーであるレイ・ダリオ氏が推薦する「歴史の大局を見渡す」を読みました。本書はダリオ氏にとって”top book recommendation”だそうです。

人類の歴史について論じた”The story of civilization”という大著から「人間の性質」「宗教」「経済学」「人間の進歩」といったテーマを100ページにまとめなおしたのが本書です。

 

ダリオ氏がなぜこの本を推薦しているのかというと、CMBCのインタビューに対して次のように答えています。

“These fabulous historians who wrote thousands of pages of history distilled it down into these 104 pages,” Dalio told CNBC Make It about the book in January at the World Economic Forum in Davos, Switzerland.

For the billionaire, recognizing that events, themes and ideas tend to repeat themselves is key for success.

“Most everything happens over and over again, in slightly different ways,” Dalio says in his “Principles for Success” video series. “People are biased by recent history and overlook events that haven’t happened in a long time, perhaps not even in their lifetime, but they will happen again.”

引用:Reddit

かなりあっさりとした内容しか書いていませんが、「歴史上の出来事は少しづつ形を変えながら何度も何度も繰り返されている」というのが同氏の考え。そんな歴史上の出来事の背後にある、形を変えながらも繰り返し現れる性質を本書は提示してくれるのだと思っています。

 

Sponsored Link



 

形を変えながら繰り返し現れる性質。その一例が第8章の「富の集中」と「富の強制的再配分」。

実務的な能力は一人一人異なり、ほぼすべての社会でそうした能力の大半が少数の人々に集中している。能力が集中していると、当然、富の集中が生じ、歴史の中でもこれが繰り返し起きる。集中の度合いは、モラルと法によってどれだけの経済的自由が認められるかで決まる。・・・

富の集中はごく自然な避けようのないことで、暴力的、あるいは平和的再配分によってときどき緩和される。この視点から捉えると、経済史とは、富の集中と強制的再配分という収縮、弛緩を繰り返す社会的有機体のゆっくりとした心臓の鼓動であるといえよう。

「収縮と弛緩を繰り返す社会的有機体」と表現するあたり、なんだか詩を読んでいるような感覚になります。歴史を数十年ではなく数百年という単位で眺めて富の集中・配分が繰り返されてきたのであれば、今現在どのステージにあるのか?を捉えるのが重要だと思います。

うまく言えないのですが、私はこの「今どのステージにいるか」を理解するのが投資で重要じゃないかと感じています。フィーリングですけど ww

まあ言うのは簡単なんですが、それを具体的にどう捉えるのかが難しいのですが・・・。

個人的には第13章「進歩は本物か」の最後の言葉が印象に残りました。「人間は日々進歩することが生きがい」とはどこかで聞いたことがある言葉ですが、では「進歩」とはそもそもなんぞや、個々人が新しいスキルを身に付けるとかそういう近視眼的な意味ではなく、もう少し大局的な視点で「進歩」とは何かを理解できたと思います。

歴史とは、遺産の創造とその記録と言える。進歩とは、豊かな遺産を築いて守り、伝え、使うことである。人間の愚考と罪を戒めとするだけではなく、創造的な人々がいたことを記憶するために歴史を学ぶと、過去は陰鬱な恐怖の部屋から「天の都」に変わる。・・・

私たちは自分の人生を意味のある物にしよう。死後も大切なものとして残る何かを成し遂げよう。幸運な人は亡くなる前に自分の民族の遺産をできるだけたくさん集めて、それを子供に引き渡すだろう。そして最期のときまで、この尽きることのない遺産に感謝する。なぜなら、それは人を育む母であり、私たちの永遠の命であるからだ。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンサルが見た成長する企業の特徴

  チャンドラです。   成長する企業とはどのような企業でしょうか? 市場で勝ち残り成長を続ける企業と、市場で勝ち残れない企業の違いは、外見からみて分かるのでしょうか? 面白いこと …

世界で最も革新的な企業エンロンの株価 ww

  地方の地味なガスパイプライン会社が突如、世界有数の巨大企業に変貌したという面白い例があります。それが2001年に破綻したエンロンです。 そんなエンロンの興亡は黒木亮氏の「青い蜃気楼」で詳 …

デービッド・アトキンソン「日本人の勝算」を読んだ感想

  チャンドラです。   デービッド・アトキンソン氏の「日本人の勝算 – 人口減少x高齢化x資本主義」を読みました。 気になった部分を紹介します。 日本人の勝算 人口減 …

アメリカ人の考え方 | 努力しないで結果を出すほうがいい

  日本人ほどアメリカを理解できていない国民はほかにいない。   橋爪大三郎氏の「アメリカ」ではアメリカの宗教、プラグマティズムに焦点を当てて、日本人とアメリカ人のものの考え方を明 …

気になる米国株高配当投資 | 「株式投資の未来」を読んで

  チャンドラです。   私はemaxis slim米国株式(S&P500)に投資していますが、株式投資をやっているとどうしても他の投資方法に興味が出てしまいます。 それが …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ