レビュー

コスパ最高の炊飯器 | アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MA50AZ-Bがおすすめ

投稿日:2019年1月9日 更新日:

 

 

スポンサーリンク



 

 

チャンドラです。

 

私が使っているおススメの炊飯器を紹介します。

お米が美味しく炊けてしかも安価なとてもコスパが高い炊飯器です。

 

 

アイリスオーヤマのマイコン式炊飯器 RC-MA50AZ-B

6,980 円 (2019年1月)

 

 

 

仕様

 

マイコン式

5.5合

幅 26 cm × 奥行 31 cm × 高さ 22 cm

厚さ 3.1 mm 銅釜

しゃもじ・軽量カップ・蒸しプレートつき

 




 

写真で紹介

 

外観です。黒光りしていて高級感があります。

 

ディスプレーはオレンジ色で見やすい表示となっています。炊き込み開始の予約も可能です。

 

米の種類で炊き方を選ぶことができます。炊き込みごはんやおかゆを選ぶことができます。またお米の銘柄によって炊き込みモードを選択することができます。こしひかりやあきたこまちなどの主要な6つの銘柄を選択することができます。

さらにシチュー・スープ・カレーなどの煮込み料理や蒸し野菜・茶碗蒸しなどの蒸し料理などもつくれます。煮込み料理と蒸し料理専用の加熱モードも選択することができます。

 

 

ごはんを2合炊いた後の写真です。2合なら30分程度で炊きあがります。早炊きモードを選ぶと20分程度です。

 

炊きたてのお米は文句なしの仕上がりです。私の実家ではより高価な象印の炊飯器を使用していますが、味は全く変わりません。

 

スポンサーリンク



 

マイコン式かIH式か

 

マイコン式かIH式を選ぶことができます。

マイコン式では内釜の底部を電気で加熱します。底部だけを過熱するので全体に熱が行きわたりにくい欠点があります。一方でIH式では電気で発生させた磁力線を内釜に当てて加熱します。釜全体を加熱するので炊きムラができにくく保温に適しています。マイコン式は安価ですがIH式は高価になります。

とはいえ3合炊き程度であればマイコン式とIH式で味に大きな差はないとも言われています。

 

引用:Amazon

 

まとめ

 

アイリスオーヤマのマイコン式炊飯器は:

 

コスパが6,980円と安価で

米も美味しく炊きあがるのでコスパが高い

炊き込みご飯やお粥もボタン一つで調理可能

米の銘柄で加熱モードが選べる

 

お米の味にこだわるのであれば同製品のIH式を選ぶことをおススメします。

IH式の値段は10,880円です。(2019年1月)

 

それでは。

 

 

 

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

USBハブ ドッキングステーションが便利 | パソコン周りがスッキリする

    チャンドラです。   私は職場でノートパソコンを使用しています。 ところがキーボードやマウス、ディスプレーのケーブルをつないでいるため、机の上がケーブルでゴチャゴ …

評判が良い無印良品のコタツ | 購入後レビュー

  チャンドラです。 寒くなってきたので無印良品のコタツを買いました。大満足しているのでここで紹介します。 この記事が無印良品のコタツ購入を検討している方の参考になれば幸いです。 購入した商 …

ファイト・クラブ | グサグサ刺してくるタイラー・ダーデンの名言 ww

  チャンドラです。   ファイト・クラブという映画をご存知でしょうか? エドワード・ノートンとブラッド・ピットが主演のサスペンス映画です。 不眠症に悩まされる平凡サラリーマン(エ …

週末の作業スタイル | 肩こり・首コリ対策

  チャンドラです。   週末はブログを書いていることが多いのですが、肩こりや腰痛がひどいため作業環境を工夫しています。 私の作業環境を紹介します。同じように肩こりや腰痛で悩んでい …

2019年前半(1月~4月)に買ったもの | 服・家電・雑貨

チャンドラです。   2019年前半(1月~4月)に買ってよかったものを紹介します。   (衣服)レミレリーフのスペシャルリメイク・スエット (衣服)レミレリーフのデニムジャケット …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ