レビュー

コスパ最高の炊飯器 | アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MA50AZ-Bがおすすめ

投稿日:2019年1月9日 更新日:

 

 

スポンサーリンク



 

 

チャンドラです。

 

私が使っているおススメの炊飯器を紹介します。

お米が美味しく炊けてしかも安価なとてもコスパが高い炊飯器です。

 

 

アイリスオーヤマのマイコン式炊飯器 RC-MA50AZ-B

6,980 円 (2019年1月)

 

 

 

仕様

 

マイコン式

5.5合

幅 26 cm × 奥行 31 cm × 高さ 22 cm

厚さ 3.1 mm 銅釜

しゃもじ・軽量カップ・蒸しプレートつき

 




 

写真で紹介

 

外観です。黒光りしていて高級感があります。

 

ディスプレーはオレンジ色で見やすい表示となっています。炊き込み開始の予約も可能です。

 

米の種類で炊き方を選ぶことができます。炊き込みごはんやおかゆを選ぶことができます。またお米の銘柄によって炊き込みモードを選択することができます。こしひかりやあきたこまちなどの主要な6つの銘柄を選択することができます。

さらにシチュー・スープ・カレーなどの煮込み料理や蒸し野菜・茶碗蒸しなどの蒸し料理などもつくれます。煮込み料理と蒸し料理専用の加熱モードも選択することができます。

 

 

ごはんを2合炊いた後の写真です。2合なら30分程度で炊きあがります。早炊きモードを選ぶと20分程度です。

 

炊きたてのお米は文句なしの仕上がりです。私の実家ではより高価な象印の炊飯器を使用していますが、味は全く変わりません。

 

スポンサーリンク



 

マイコン式かIH式か

 

マイコン式かIH式を選ぶことができます。

マイコン式では内釜の底部を電気で加熱します。底部だけを過熱するので全体に熱が行きわたりにくい欠点があります。一方でIH式では電気で発生させた磁力線を内釜に当てて加熱します。釜全体を加熱するので炊きムラができにくく保温に適しています。マイコン式は安価ですがIH式は高価になります。

とはいえ3合炊き程度であればマイコン式とIH式で味に大きな差はないとも言われています。

 

引用:Amazon

 

まとめ

 

アイリスオーヤマのマイコン式炊飯器は:

 

コスパが6,980円と安価で

米も美味しく炊きあがるのでコスパが高い

炊き込みご飯やお粥もボタン一つで調理可能

米の銘柄で加熱モードが選べる

 

お米の味にこだわるのであれば同製品のIH式を選ぶことをおススメします。

IH式の値段は10,880円です。(2019年1月)

 

それでは。

 

 

 

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富裕層のためのヘッジファンド投資入門。年利10%以上を10年以上叩き出すファンドがあるらしいが ww

    年利10%以上を10年以上継続の実績!2000万円から始める一流の資産運用法という記事を読みました。 ホウ。年利10%以上を10年以上継続って正直すごいと思いますよ。S&a …

【レビュー】ロジクールのトラックボールマウスに感動 ww M570 ワイヤレスマウスは凄いわ

  いやーマウスって大事ですね・・・。 これまで普通のマウスを使ていたんですが、ガジェット系に詳しい友人がやたら買え買えと薦めてくるので買い換えたんですよ。それがロジクールのトラックボール付 …

1人料理で重宝するおすすめのミルクパン!

  チャンドラです。   私はカレーやスープなどを一人分だけ料理することが多いのですが、普通の鍋を使うと料理が余るので困っていました。 そこで購入したのがミルクパンです。 ミルクテ …

【書評】日本自立のためのプーチン最強講義

  解任されたプーチンが日本に政治亡命。日本で柔道して過ごす毎日だが日本の政治家が「どうすれば日本は自立した国家になれるか?」を聞きにプーチンを訪れる。プーチンは政治家たちに秘策を授ける・・ …

鉄のフライパン / やっぱりフライパンはテフロンより鉄

  チャンドラです。     これまでテフロンのフライパンを使用していましたが、代わりに鉄のフライパンを購入しました。 自炊歴は10年を超えますが、もっと早く買っておくべ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ