書評

「超・箇条書き」を読んだ感想

投稿日:2018年12月12日 更新日:

チャンドラです。

 

社会人になると物を簡潔に書く機会が増えます。

メール、議事録、報告書。物を書く機会は次々とやってきます。議事録書くのに丸一日かけて上司に「何やっとんじゃ」と怒られたり。

 

なんとか物を書くスピードを上げたいと悩んでいた時に「超・箇条書き」という本にたまたま出会いました。箇条書きの魅力にはまってしまい、その後何か書くときは箇条書き、またはいったん箇条書きをしてから文章に起こすようになりました。

 

この記事が「どうすればいい報告書を書けるか」悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

筆者は「箇条書きを見れば、その人の思考、そして伝える力のレベルがわかる」と言っています。

その理由は考えを箇条書きにすればその考えの論理構成が正しいか明確になるからです。

言い方を変えると、先に考えを箇条書きをして論理をチェックしてから文章を起こせば、その文章の論理構成に間違いはないということです。

 

 

さらに筆者は「わずか数行の箇条書きであっても、繊細で精巧な工夫が必要だ」とも言っています。考えをダラダラ箇条書きにしても、それらの関連性が明確でなければ相手は理解できません。

 

そこで必要なのは箇条書きしたものを分類することです。例えば報告書ならば<現状>と<改善策>というふうに。

 

さらに各分類のなかの項目の配列に意味を持たせると分かりやすさが増します。<現状>の中に3つの項目があれば、一番重要な項目を頭にもってくれば、それが重要であることが明確になります。

 

さらに余計な項目は消去することが大切です。例えば<改善策>に「顧客との関係を強化する」と書いても当たり前の事なので読み手には響きません。「顧客との関係を強化」よりもより提案したい内容を記載すべきです。

 

そして筆者は相手に刺さるような文章に固有名詞が不可欠だとも述べています。固有名詞(人や会社名)を使うことでより内容がリアルになるからです。「グループの売上が10%低下」よりも「電子部品事業部の売上が8%低下」の方が生々しいし、相手によりリアルに伝わるからです。

 

 

箇条書きは単に言葉を羅列することではありません。

相手に考えを理解してもらうために、「文章をどう配列すればよいか」「どの言葉を残し、どの言葉を省くのか」「どんな言葉を使えば相手にリアルに伝わるか」を考える作業を要するのです。

 

私が出会ってよかったと思える本の一つです。

 

それでは。

 

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自意識過剰はゴミ ww 臆病な自尊心と尊大な羞恥心。

  中学生の時に教科書で読んだ記憶がある中島敦の山月記は、社会人になって読んでみて胸に沁みるものがあります。 李陵・山月記 (新潮文庫 なー5-1 新潮文庫) [ 中島 敦 ] posted …

【良書】後世への最大遺物。スティーブ・ジョブズのような偉人でなくても遺せるものはある。

  素晴らしかった本の紹介。内村鑑三の「後世への最大遺物」。本書は内村鑑三が明治27年に行った講演が元になっていますが、色あせない素晴らしい内容だと思います。人間は後世に何を遺せるか?という …

アメリカ人の考え方 | 努力しないで結果を出すほうがいい

  日本人ほどアメリカを理解できていない国民はほかにいない。   橋爪大三郎氏の「アメリカ」ではアメリカの宗教、プラグマティズムに焦点を当てて、日本人とアメリカ人のものの考え方を明 …

新社会人のときに読んでおきたかったお金と投資の本

  チャンドラです。   私が新社会人の頃、平日はバリバリ仕事をして休日は資格の勉強をしていました。休日はゴリゴリ勉強をしていたので、国際資格を取得しました。でも、お金や投資に関す …

気になる米国株高配当投資 | 「株式投資の未来」を読んで

  チャンドラです。   私はemaxis slim米国株式(S&P500)に投資していますが、株式投資をやっているとどうしても他の投資方法に興味が出てしまいます。 それが …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ