レビュー

節約派向けのコーヒーメーカーとコーヒー粉

投稿日:2018年12月23日 更新日:

 

チャンドラです。

 

私はコーヒーが大好きで毎日飲んでいます。

家でコーヒーを飲みたいときはコーヒーメーカーでコーヒーを作ります。今回は私が愛用(愛飲)しているコーヒーメーカーとコーヒー豆を紹介します。

共に超本格的なものではありません。節約派向けの商品です。参考にしてください。

 

 




 

コーヒーメーカー

 

象印のEC-AS60-XBです。Amazonで4,800円 (2018年12月時点)でした。Amazonの評価がかなり高い商品です。

 

参考:Amazon

 

商品紹介ページによると、熱湯と上記でコーヒー粉全体を蒸してからドリップするため、コーヒー本来のコクと香りを引き出しているそうです。コーヒーの濃さは「レギュラー(ふつう)」と「ストロング(濃い)」の2通りの調整が可能です。フィルターケースは簡単に取り外して手洗いできます。

最大コーヒー6杯分までつくれるので大家族でも安心です。私は2杯分作って飲んでいますが、たった1.5分で2杯分作れます。とにかく早いです。

必要最低限の機能がついていて手入れも簡単なのでコストパフォーマンスが高い商品だと思います。私は2年近く使用していますがまだ不具合は起きていません。

 

 

コーヒー粉

 

参考:Amazon

 

MJBというアメリカのサンフランシスコの会社が出しているコーヒー粉です。MJBは1881年創業の歴史がある会社で、日本では京都にもコーヒー工場があります。900g入りのパックがAmazonで1,400円(2018年12月現在)で売っています。私は以前まで上島コーヒーを飲んでいましたが、MJBの徳用パックの方が安かったのでこちらに変えました。

あっさりした味で苦みは少なく、後味もスッキリしているので何杯でも飲めそうなコーヒーです。朝飲むのにちょうどいいと思います。

コーヒー1杯当たり約10gの粉を使うと考えると、1パックで約90杯飲める計算です。つまり一杯当たり約15円です。

あっさりしたコーヒーが好きな方にお薦めなかなりコストパフォーマンスが高いコーヒー粉だと思います。

 

 

まとめ

 

私が愛用する象印のコーヒーメーカーとMJBのコーヒー粉を紹介しました。どちらもコストパフォーマンスが高い商品です。

コーヒー1杯コンビニで買えば100円かかります。その代わりMJBのコーヒー粉を買って4,800円のコーヒーメーカーでコーヒーを作れば、56杯以上作ると一杯当たりの費用が100円より安くなります。

私はコンビニでコーヒー買うより家で作る方を選びます。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風呂場のバスラックが超便利だ ww ムカつく風呂場のカビが減って清潔になったわ。

  私は賃貸マンションに住んでいるのですが風呂場が狭い。 シャンプーとかボディソープのボトルを床に置いているのですが、ボトルの底面に水が溜まってカビが生えて困っていたんです。 なんか黒ずんで …

外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」 ~ 仕事のコツを押さえた使える本

    チャンドラです。   外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」を読みました。 「外資系コンサル~」関連の本は内容が浅そうなので敬遠していたのですが …

快眠への投資 | 夜遅くまで残業するサラリーマンがこだわる寝具を紹介

    チャンドラです。   皆さんお仕事ご苦労様です。 私は平日夜の9時頃帰宅します。遅い時は11時に帰宅することもあります。そんなときはクタクタです。朝は6時に起きる …

【良書】後世への最大遺物。スティーブ・ジョブズのような偉人でなくても遺せるものはある。

  素晴らしかった本の紹介。内村鑑三の「後世への最大遺物」。本書は内村鑑三が明治27年に行った講演が元になっていますが、色あせない素晴らしい内容だと思います。人間は後世に何を遺せるか?という …

超履きやすいサンダル | キーン (KEEN) ユニーク SNK | 購入後レビュー

  超履きやすいと噂のキーン (KEEN)のサンダルを購入しました。キーンはアメリカ発のスポーツサンダルです。 ユニークのSNKというモデルです。紐で編んだデザインが特徴。写真多めで紹介しま …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ