資産運用

30年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?

投稿日:2021年4月12日 更新日:




 

インデックス投資の出口戦略で4%ルールは有名です。4%ルールとは引退後に資産の4%を売却して現金化していく手法。

この手法は個人的にはあまり好きではありません。なぜならヨボヨボになった老後にいつまで経っても株というリスク資産を持ち続けることになるから。

米国S&P500の年平均成長率が7%。4%ずつ売却し続けると理論的には資産は増加し続けていつまで経ってもゼロにならない。

それはそれで嬉しいのですが老後に変動が大きく暴落リスクもあるリスク資産をたくさん抱えておくのはあまり現実的ではない気がします。若けりゃ時間があるのでいくらでも取り返せますが。

ここは4%ルールではなく、毎年定額を引き出して高齢でボケる前にリスク資産をゼロにする方法を考えてみます。

前提:

(1) S&P500 (年率7%)に毎年50万円を30年間投資。

(2) その後は投資を止めて毎年定額 (100万円、200万円・・・)を引き出す。

(3) 引退後20経過後にリスク資産をゼロにしたい。

その結果が下のグラフ。

Sponsored Link



 

 

引退後に毎年100万円引き出しても、資産は増える一方です。なぜなら引き出す額に比べて成長のスピードが大きいから。

一方で毎年500万円ひきだすと、資産は急激に減少して引退後13年目にリスク資産はゼロになります。リスク資産の成長スピードに比べて引き出す額が大きすぎるから。

引退した20年後(つまり80歳~85歳)にリスク資産保有を完全にやめたいとすると、毎年400万円引き出すのがベストです

グラフを見て分かる通り毎年400万円引き出せばリスク資産の評価額はほぼゼロです。つまり売り切れるということ。

税金が20%引かれるとして手取りは320万円。老年夫婦の年間生活費としてはちょうどいい数字だと思います。

 

Sponsored Link



 

というわけで、現役時に毎年50万円を30年間年率7%で運用していれば、引退後に毎年400万円の現金化で20年間でリスク資産をゼロにできます。

ただし20年間の投資だと毎年400万円も引き出したら速攻で資産は尽きます。その検証は別の機会に。

 

関連記事:

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」の広告が激しく表示されて困惑するんだが ww

  Youtube見てたらオックスフォード・クラブの表示が何回も何回も表示されて嫌なんですが ww 日本人は退職後に警備員やるけどアメリカ人はバカンスを満喫する、この差は何なのか?みたいな。 …

S&P500絶好調の後に来る調整とか暴落に備えるマインドセット

  私が愛読する「市場サイクルを極める」からの引用。 軽視されたり、見落とされたりしているかもしれないが、私の経験から言うと、金融サイクルはおおむね対照的である。サイクルのあらゆる動きには「 …

【簡単】会社員が副業で年間300万円稼いだ方法を公開

    会社員が副業で年間300万円稼いだ方法を公開   刺激的なタイトルですね。ネットで「副業」と検索すれば、私なら間違なくクリックしたくなるタイトルです。 会社員(= …

インデックス長期ホールドを推奨するならその通りやれよと。途中でやめたらダメでしょ?

  株式投資初心者ならインデックス投資。 個別株は値動きが激しくて心理的に耐えられないからインデックス投資。 株の才能がないと自覚している人はインデックスが無難。 投資の天才バフェットはS& …

やはり「下がったら買う」は時間の無駄でした。(タイミング投資 VS ドルコスト平均)

  前回の続きです。 「下がったら買う」は意味あるか?を定量的に検証する。 投資信託を長期積立投資する際に、毎月定額積み立てるドルコスト平均と、株価が下がってから買う方法、どちらのリターンが …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ