資産運用

30年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?

投稿日:2021年4月12日 更新日:




 

インデックス投資の出口戦略で4%ルールは有名です。4%ルールとは引退後に資産の4%を売却して現金化していく手法。

この手法は個人的にはあまり好きではありません。なぜならヨボヨボになった老後にいつまで経っても株というリスク資産を持ち続けることになるから。

米国S&P500の年平均成長率が7%。4%ずつ売却し続けると理論的には資産は増加し続けていつまで経ってもゼロにならない。

それはそれで嬉しいのですが老後に変動が大きく暴落リスクもあるリスク資産をたくさん抱えておくのはあまり現実的ではない気がします。若けりゃ時間があるのでいくらでも取り返せますが。

ここは4%ルールではなく、毎年定額を引き出して高齢でボケる前にリスク資産をゼロにする方法を考えてみます。

前提:

(1) S&P500 (年率7%)に毎年50万円を30年間投資。

(2) その後は投資を止めて毎年定額 (100万円、200万円・・・)を引き出す。

(3) 引退後20経過後にリスク資産をゼロにしたい。

その結果が下のグラフ。

Sponsored Link



 

 

引退後に毎年100万円引き出しても、資産は増える一方です。なぜなら引き出す額に比べて成長のスピードが大きいから。

一方で毎年500万円ひきだすと、資産は急激に減少して引退後13年目にリスク資産はゼロになります。リスク資産の成長スピードに比べて引き出す額が大きすぎるから。

引退した20年後(つまり80歳~85歳)にリスク資産保有を完全にやめたいとすると、毎年400万円引き出すのがベストです

グラフを見て分かる通り毎年400万円引き出せばリスク資産の評価額はほぼゼロです。つまり売り切れるということ。

税金が20%引かれるとして手取りは320万円。老年夫婦の年間生活費としてはちょうどいい数字だと思います。

 

Sponsored Link



 

というわけで、現役時に毎年50万円を30年間年率7%で運用していれば、引退後に毎年400万円の現金化で20年間でリスク資産をゼロにできます。

ただし20年間の投資だと毎年400万円も引き出したら速攻で資産は尽きます。その検証は別の機会に。

 

関連記事:

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜のインデックス投資の目標(50歳で1.5億円)

  私は毎週一定金額をインデックスファンドに積み立ています。 具体的には資産の約90%を米国株式インデックスと全世界株式インデックスに投資しています。現金を銀行に寝かせるのではなく、成長続け …

「好きな企業に投資する」が見落としている致命的な点。

  好きな企業に投資するというのは何だか正しそうに聞こえて致命的な点を見落としていると思います。 とりあえず私が好きな企業を挙げてみましょうか。「好き」の定義は「日頃その企業のサービスをよく …

自立していない年寄りが証券会社に騙される。問題の根底は丸投げ精神だろう。

  私が子供のころ、周りの大人からは「自立した人間になれ」と口酸っぱく言われてきました。 簡単に言えば、自分で金を稼ぎ、自分の問題は自分で解決し、親の援助を受けずとも独り立ちして生きていけっ …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

  チャンドラです。   米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。 この長短金利差について説明します。     長短金利差とは? …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ