資産運用

20年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?速攻で尽きるので30年は投資した方がいいな ww

投稿日:2021年4月13日 更新日:




 

前回の記事では毎年50万円を年率7%で30年間運用した後、引退後にいくら引き出していけばいいかを検証しました。

引退後にずーっとリスク資産を保有し続けるのではなく、20年後に売り切るためにはどれくらいのペースで売ればいいかを知りたかった。結果を再掲すると:

引退した20年後(つまり80歳~85歳)にリスク資産保有を完全にやめたいとすると、毎年400万円引き出すのがベストです

 

Sponsored Link



 

これはあくまで30年間投資し続けた結果です。では20年間ならどうか?その結果が下のグラフ。

 

引退後に毎年100万円引き出しても、資産は増える一方です。なぜなら引き出す額に比べて成長のスピードが大きいから。

一方で毎年200万円ひきだすと、資産は急激に減少して引退後15年目にリスク資産はゼロになります。リスク資産の成長スピードに比べて引き出す額が大きすぎるから。

引退後20年目にちょうどゼロになるのは毎年180万円引き出したときなんです。

ということで過去記事の結果と比較すると:

毎年50万円を30年間投資:毎年400万円20年間引き出してゼロ。

毎年50万円を20年間投資:毎年180万円20年間引き出してゼロ。

 

Sponsored Link



 

20年間投資と30年間投資で大きな差が出ましたね。毎年180万円引き出すと税金が20%として手取りは150万円。月当たり12万円。少ない年金の足しになる程度でしょう。

やっぱり30年は投資した方がいいな ww

 

関連記事:

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

市場サイクルの位置で変化するリターンの確率分布

  前回の続き。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを …

株価暴落でもドルコスト平均法で投資継続。そして夜は爆睡 ww

  米国S&P500指数は2,200ポイントと2,600の間をダラダラ行ったり来たり。失業保険申請数が過去最高を記録したことから2番底が来るとか来ないとか言われています。 突然の暴落 …

6年で2000万円貯めたサラリーマンの財布を紹介

  チャンドラです。   インターネットで「お金が貯まる」「財布」で検索すると色々な情報が出てきます。「2つ折りの財布より長財布の方がいい」「レシートでパンパンの財布はお金が貯まり …

【重要】積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

ケインズによると「投資」と「投機」は予測する「対象」が異なる。

  世界で初めてインデックス・ファンドを設定したジョン・ボーグル氏の著書「人生のダイヤモンドは足元に埋まっている」からの抜粋。 現在ではほとんど忘れ去られてしまったが、投資と投機は、昔から明 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ