社畜

リモートワークが流行ると職が減るか?

投稿日:




 

チャンドラです。

出社せずに仕事が出来るリモートワークを採用する企業が増えてきました。私の会社でも、オンラインツールを使えば在宅勤務ができるのではないか議論が始まっています。実際に他の拠点との協業にはMicrosoft Teamsを使ったり、電話MeetingではWebexを使ったりしています。これらのツールを使うことで、関係者が離れていても資料を簡単に共有出来たり、同じ画面を見ながら会議を進めたりできます。以前よりコミュニケーションが格段に効率よくできるようになっていると感じています。

リモートワークは便利ですが、採用する企業が増えれば増えるほど職も減っていくような気がしています。私の会社を例に挙げます。私は設計業務をしていますが、設計にかかる人件費を抑えるよう上司から口酸っぱく言われます。なぜなら人件費が高いと案件を勝ち取るための競争力が落ちるからです。人件費を下げるための方法は主に2つです。1つは効率よく働いて少ない人数で仕事をこなす。これは簡単ではありません。単純作業なら今流行のRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)を使って作業時間を大幅に減らせる可能性はあります。ですが設計業務は契約要求やノウハウを設計書などに落とし込む作業が出てくるので、そう簡単には作業時間を減らすことはできません。人件費を下げるもう一つの方法は何か?それは外注です。自分たちで作業するよりも人件費が安い会社に作業を外注すれば人件費は減ります。

Sponsored Link



 

私の会社や同業の会社がどこに外注するかというと、それは日本国内ではなくインドやフィリピンなどの会社です。最近ではネパールにも外注することもあります。これらの国には英語はもちろん話せるし真面目で設計能力にも秀でた人材があふれるほどいます。しかも人件費は日本人の1/3以下です。なのでこれらの会社に外注すれば人件費をゴッソリ浮かせることが出来るわけです。やり方は簡単。依頼するための指示書を送ってWebexで説明し、成果物をチェックするだけです。もちろん彼らは日本語を話すことはできませんが、設計図とか英文の仕様書やプログラムのコードは日本語を使わないので、英語でやって欲しいことを伝えて英語で成果物を出してきてもらえばそれでOKなのです。外注先に専門知識さえあれば日本人に外注する必要性もありません。

ウェブツールが発達して外国とますます共同作業がしやすくなると、企業はもちろん人件費が安い国に作業を外注していくようになります。企業の目的は利益を得る事だからです。これまでは簡単な設計作業・チェック作業・誰でもできる事務作業を社員や派遣社員にやらせてきた企業は、今後は人件費の安い国に簡単に外注を出すようになるかもしれません。そうすると企業は社員や派遣社員を多く抱える理由もなくなってくるので、採用する人数を減らしていくことになります。つまり職が減ることになるのです。

人件費の安い国に作業を外注するやり方は欧米企業でより進んでいます。私の知っているある欧米企業は、時差が異なる本国とインドで連続的に設計業務を行うことで、24時間体制で作業を進めるようなことも行っています。まさに人件費の安さと時差の違いの両方を利用したうまいやり方です。では欧米の国が人件費の安い国に作業を外注するといって、日本人が受注できるかといえば、それは難しいと思います。そもそもインド人やフィリピン人に比べて日本人の人件費は高く、英語も下手くそなのでわざわざ日本人に外注するメリットはないのです。つまり新興国への外注が進めば進むほど、日本人は本国からも海外からも仕事をもらうことはできず、職を得ることがますます難しくなってしまうのです。

とはいえ新興国に外注されるのは専門性が高くない作業で、高度な作業や意思決定が要求される作業は日本国内に残るといえます。それは言い換えると単純作業しかできない人は仕事を得ることは難しくなることを意味します。自戒もこめて言えば、高度な(=獲得に時間がかかる)専門知識や人を動かして目的を達成できる能力を持たないと社会で生き残れません。生きていくのがどんどん難しくなっていく世の中です。それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

禁煙に成功した方法 ww スパッとやめて人生謳歌 ww

    私は数か月前に禁煙に成功しました。それもある日いきなり、まるで魔法が解けたかのように ww 自分でも驚いた体験を紹介します。   いったい何が起こったのか? &n …

【激怒】社畜の資料作成 ww 何回やり直しさせるんだよ

  私は会社で上位者(マネジメント)向け報告のためにプレゼン資料を作成する機会があるのですが、その資料作成というのが体力的、精神的にキツイ。 自分の仕事の成果物に関する説明とその数字をまとめ …

社畜は70歳のジジイになっても働くぜ ww 【70歳就業機会確保】

  日経の記事から抜粋。政府は企業に従業員が70歳まで働くことを努力義務として求めることを閣議決定したようですね。まだ「70歳定年」とまではいかないようですが、そのうち定年もジワジワと上がっ …

意味不明なクソゲー実況中継が笑える ww

  プレーするに値しないゲーム。それがクソゲー。 そんなクソゲーでも誰かが代わりにやってくれて実況中継してくれると、面白くて何回も見てしまう。 私が最近ハマったYoutubeのクソゲー実況中 …

米国株式市場の楽観

  米国株式市場で楽観が広がっています。 S&P500種株価指数もダウ工業株30種平均も最高値を更新し続けています。 米中間の貿易合意が近いと予想されているからです。 私はS&amp …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ