資産運用 金融工学

レイ・ダリオのオールウェザー・ポートフォリオでボラテリティをガッツリ下げる。

投稿日:2021年3月4日 更新日:




 

レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオ。詳細は書籍「世界のエリート投資家は何を考えているのか?」に紹介されています。

このポートフォリオは資産を下のように分散せています。資産価格は4つの「季節」で異なる動きをするので、分散を効かせてどんな季節がきても資産を大きく減らさないようにしているというわけです。

「季節」とは「インフレの季節」「デフレの季節」「経済成長の季節」「経済停滞の季節」です。

30% 株式

40% 長期米国債

15% 中期米国債

7.5% 金

7.5% コモデティ

 

引用: Optimized Portfolio

 

こういうガッツリ分散を効かせたポートフォリオがあることは知っていたのですが、「ふ~ん」と思って良く調べてなかったんですね。で、このサイトに色々分析した結果があったので見てみたんですが、ちょっと驚いたんですよ。

オールウェザー (AW)はS&P500と比較するとリターンはわずかに劣りますが、リスク (ボラテリティ)は大きく減るんです。

 

Sponsored Link



 

2006年~2020年のデータを比較すると、

AW: 年率リターン (7.93%)・リスク (7.36%)

S&P500: 年率リターン (8.65%)・リスク (15.38%)

投資効率の指標となるシャープ・レシオを比較すると、

AW: 1.55

S&P500: 0.81

スゴイですね。リターンの差は1以下ですが、AWのリスクは半分以下まで下がっています。その結果、AWのシャープレシオはS&P500より2倍近く高い。

あと注目すべきは暴落に強い点ですね。15年間でS&P500の最大下落率は-50%ですが、AWは-12%とかなり低いです。

つまり15年間だけに着目すると、AWはS&P500に比べて暴落に強く、年率リターンは1%しか劣らず、さらにボラテリティは半分になる、ということです。

私は株式インデックスに集中投資していますが、このオールウェザー・ポートフォリオにはかなり興味が出てきました。

サラリーマンやってる間は毎月収入があるので株式だけで運用するのもいいですが、暴落するとヤバくなる引退後に運用するのにオールウェザーは使える気がします。

 

Sponsored Link



 

とろこで。

シャープレシオが低いポートフォリオは、ある方法を使うと「比較的」安全にリターンを向上させることができます。それはレバレッジをかけるという方法です。

オールウェザーにレバレッジをかけるとどうなるかは、別の記事で紹介します。

 

オールウェザー・ポートフォリオを紹介した書籍:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

  過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか? 私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資して …

米国S&P500 ゴールデンクロス成立 | インデックスの損益も増加

  チャンドラです。   3月の下旬は米国債市場で逆イールド現象が起きました。 長期金利の利回りが短期金利を下回る現象が逆イールドです。逆イールドは景気後退のサインだと言われていま …

214万円増加 | 資産公開 | 2020年11月末

  2020年11月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:37,493,375円 前月より214万円増加   総資産の推移: 2020年9月:  33,708,7 …

マイナス138万円 | 運用成績 | 2020年4月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:40万円 積立総額:2,356万円 評価額:2,218万円 今週の損益:-138万円 (-5.9%) 先週の損 …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ