資産運用 金融工学

レイ・ダリオのオールウェザー・ポートフォリオでボラテリティをガッツリ下げる。

投稿日:2021年3月4日 更新日:




 

レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオ。詳細は書籍「世界のエリート投資家は何を考えているのか?」に紹介されています。

このポートフォリオは資産を下のように分散せています。資産価格は4つの「季節」で異なる動きをするので、分散を効かせてどんな季節がきても資産を大きく減らさないようにしているというわけです。

「季節」とは「インフレの季節」「デフレの季節」「経済成長の季節」「経済停滞の季節」です。

30% 株式

40% 長期米国債

15% 中期米国債

7.5% 金

7.5% コモデティ

 

引用: Optimized Portfolio

 

こういうガッツリ分散を効かせたポートフォリオがあることは知っていたのですが、「ふ~ん」と思って良く調べてなかったんですね。で、このサイトに色々分析した結果があったので見てみたんですが、ちょっと驚いたんですよ。

オールウェザー (AW)はS&P500と比較するとリターンはわずかに劣りますが、リスク (ボラテリティ)は大きく減るんです。

 

Sponsored Link



 

2006年~2020年のデータを比較すると、

AW: 年率リターン (7.93%)・リスク (7.36%)

S&P500: 年率リターン (8.65%)・リスク (15.38%)

投資効率の指標となるシャープ・レシオを比較すると、

AW: 1.55

S&P500: 0.81

スゴイですね。リターンの差は1以下ですが、AWのリスクは半分以下まで下がっています。その結果、AWのシャープレシオはS&P500より2倍近く高い。

あと注目すべきは暴落に強い点ですね。15年間でS&P500の最大下落率は-50%ですが、AWは-12%とかなり低いです。

つまり15年間だけに着目すると、AWはS&P500に比べて暴落に強く、年率リターンは1%しか劣らず、さらにボラテリティは半分になる、ということです。

私は株式インデックスに集中投資していますが、このオールウェザー・ポートフォリオにはかなり興味が出てきました。

サラリーマンやってる間は毎月収入があるので株式だけで運用するのもいいですが、暴落するとヤバくなる引退後に運用するのにオールウェザーは使える気がします。

 

Sponsored Link



 

とろこで。

シャープレシオが低いポートフォリオは、ある方法を使うと「比較的」安全にリターンを向上させることができます。それはレバレッジをかけるという方法です。

オールウェザーにレバレッジをかけるとどうなるかは、別の記事で紹介します。

 

オールウェザー・ポートフォリオを紹介した書籍:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

投資やるなら確率・統計を理解していないと騙されると思う。「72の法則」とかレバレッジ3倍ETFとか。

  何かの本にビジネスマンなら確率・統計を理解しとけと書いていました。 職種によるので何とも言えません。私は仕事で確率・統計をほぼ使っていないので。 でも投資やるなら確率・統計をやっておくの …

自分のリスク許容度を知るための相対的リスク回避度の計算方法。

  株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか? そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的な回答。ではその割 …

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資で元本割れ確率をほぼゼロにできる

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。比較内容は投資期間に対する平均リターン、リスクです。前提と結果を再掲します。 前提:年平均リターン 7%、標準偏差 2 …

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

  インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。 良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費や …

金融資産に投資するか自分に投資するか?判断基準はこれだ。

山崎元氏の「人生100年時代にFIREしたがる人の根本的な問題点」という記事からの抜粋。 「FIRE」を目指す若者について、少し心配に思うのは、自分の人的資本に対する投資が過小になっていないかというこ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ