レビュー 社畜

なぜ映画「ランボー」は私の涙を誘うのか

投稿日:




 

私がハリウッド映画の最高傑作だと思っているのが「ランボー」です。ランボーシリーズはどれも好きなのですが、特に第1作は素晴らしく、涙なしにはみることはできません。

ランボーシリーズといえばシルヴェスター・スタローンの鋼のような肉体とサバイバル技術、そしてド派手なアクションが見ものですが、アクションだけではありません。そこには虐げられる者の怒りを表現したメッセージ性もあり、それらがよく調和しているのです。

ランボー1のあらすじはこんな感じ。Wikipediaからの引用。

社会から孤立したベトナム帰還兵ランボーと、たまたま街を訪れた流れ者というだけでランボーを排除しようとした保安官との戦いを通して、「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれている。

Sponsored Link



ランボーが私の誘うシーン。それは感情を失ったかのように終始しゃべらなかったランボーが、最後に自分の思いをぶちまけ、トラウトマン大佐の胸で泣きじゃくるところ。

ベトナム戦争で多くの友人を失い、自らも拷問を受けて苦しんだランボーは、帰国すれば反戦デモの罵声を浴び、冷たい視線を浴び、たいした職にもつけない有様。

そんなランボーのやりきれないような思いを表現するかのように、ランボーが訪れた町は気だるさを感じさせるように暗く、音楽も哀愁が漂います。ランボーは自分を理解しようとせず犯罪者扱いする保安官たちに怒り、街を爆破していきます。ランボーの怒りを表すように街は炎上します。

復讐が終わったランボーは元上司のトラウトマン大佐に心情を吐露します。戦争ではみな助け合うのに、帰国したら誰も助けてくれないじゃないかと。ベトナム戦争は終わったが、自分の戦争はまだ終わっちゃいないんだと。いったい、どうなってるんだと。

 

そういえば、コロナ禍でも医療従事者を差別的な対応をする人がいて問題になりましたが、これも同じですね。彼ら彼女らもランボー同様に怒っていると思います。

偏見は一番人を傷つけること、傷つけられた人は大きな苦しみと怒りを抱えていること。それを強く訴えてくる映画だと思います。

 

 

映画は違いますがエイドリアーンも好きですけどね。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー, 社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

土曜日に会社の飲み会 ww

  日本を代表する企業トヨタでも、土曜日に飲み会をするそうです ww Business Journalの記事からの引用です。   「土曜日に職場の飲み会があります。忘年会・歓送迎会 …

社長の暴言からの暴落。口は災いの元。

  Casaの社長のパワハラが文春にリークされて問題になっていますね。「ブチ殺すぞ」とか「電車に飛び込め」とか言いたい放題。これは怖い ww 株価は10%も急落していますね。 「みんなの株式 …

NHK受信料の支払いを断った話

    チャンドラです。   私は昨年引っ越ししました。引っ越して1週間後NHK受信料の徴収員が家に来ました。 そのときNHK受信料の支払いを断った話をします。 &nbs …

社畜のピンチ。仕事キツくて5kg痩せたんだが ww

  コロナウイルスの脅威も昨年に比べて収まってきたこともあって、私の勤務先の業界も徐々に盛り上がってきました。それに伴い私の仕事量も激増。 最近は過去にやってない新しい業務にも取り組むように …

自己啓発書を大量に買うのはお金の無駄!

  チャンドラです。   自己啓発書とは・・・ 人間の能力向上や成功のための手段を説く、自己啓発を目的とした書籍 wikipedia   本屋に行けば色々な自己啓発書が山 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ