資産運用

NISAの運用成績 | 楽天・全米株式インデックス | 2020年2月末

投稿日:2020年2月26日 更新日:




私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。

つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができるのです。NISAは素晴らしい制度ですよ ww 資産運用するなら絶対にやるべきですね ww

つみたてNISAなんかにチミチミ積み立てて損益は出るの?という人のために運用結果を公開しています。結局、投資初心者が知りたいのは難しい講釈ではなくて、ファンドの種類、買い方、運用成績ですからね。

というわけで今月の損益は次の通りでした。

 

積立額:333,320円

評価額:395,942円

損益:+62,622円 (+18.78%)

ちなみに先進国株式インデックスにも同じ時期に同額の積み立てを行っています。日本や欧米が混じった先進国株式よりも、米国オンリーの方が2%リターンが高いのが分かりますね。

 

過去の推移はこちらです。

 

先月より損益は11,984円アップしました。

 

ファンド選びはさっさと決めて投資を始めるに限ります ww

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

 

こちらからブログランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資は単なる金儲けなのか?

  私はアクティブファンドに投資していませんが、アクティブファンドを運用する投資会社のコラムをたまに読んだりしています。 例えばさわかみファンドのコラムも目を通していますが、インデックス投資 …

ケインズによると「投資」と「投機」は予測する「対象」が異なる。

  世界で初めてインデックス・ファンドを設定したジョン・ボーグル氏の著書「人生のダイヤモンドは足元に埋まっている」からの抜粋。 現在ではほとんど忘れ去られてしまったが、投資と投機は、昔から明 …

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

  チャンドラです。   主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。 1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。 少子 …

eMAXIS Slimシリーズに投票しました | Fund of the Year 2019

  チャンドラです。   ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019に投票しました。 投票したファンドはSlim米国株式とSlim全世界株式(除く日本)です。 投票 …

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

  人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。 ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増や …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ