節約の知恵

楽天プラチナ会員のメリット | プラチナ会員になる方法と特典

投稿日:

 




 

チャンドラです。

 

私は楽天プラチナです。昨年の引っ越しに伴い楽天市場で色々買い物をしたので、その結果いつの間にかプラチナ会員になっていました。

プラチナ会員になるための条件、プラチナ会員のメリットをサクッと解説します。プラチナ会員を目指している方の参考になれば幸いです。

 

↓ 私の会員ランクと保有ポイント

 

Sponsored Link



 

楽天プラチナ会員になるためには?

 

 

楽天プラチナ会員はゴールド会員の次に高いランクです。プラチナ会員とゴールド会員の条件を比較してみます。

 

ゴールド:過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得

プラチナ:過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得

 

やはりゴールド会員に比べるとハードルが高いです。

ただ楽天スーパーポイントを貯めるにはコツがあります。例えば楽天市場で買い物をする際に楽天市場アプリ経由で楽天カード決済すればポイント還元率は4%になります。この場合2,000ポイント貯めるには50,000円分の買い物をすればいいわけです。

つまり楽天市場で1ヶ月当たり2.5回、合計9,000円の買い物をすればプラチナ会員になれる計算です。こう考えればハードルが大きく下がると思います。

ポイントを効率的に貯める方法は下の記事を参考にしてください。

楽天カード・楽天銀行・楽天証券を利用すると? | ポイント還元率をケーススタディ

 

楽天プラチナ会員の特典

 

プラチナ会員になるといくつかの特典があります。他の楽天サービスに申し込むときにポイントがもらえるのです。

主要なものだけ書きます。

 

楽天カードに初めて入会すると8,000ポイント

楽天証券に口座開設すると180ポイント

楽天銀行に口座開設すると1,200ポイント

楽天モバイルに加入すると1,400ポイント

楽天でんきと契約すると2,200ポイント

楽天Point Clubアプリでポイント確認すると600ポイント

 

これらのポイントを合計すると13,580ポイントです。

 

さらに誕生月には500ポイントもらえたり特別優待セールを受けたりできます。

 

Sponsored Link



 

まとめ

 

楽天プラチナ会員になるための条件と特典を説明しました。

楽天サービスに加入する場合、プラチナ会員になってから加入するとポイントをたくさんもらえることが分かりました。

参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

お金に対する考え方はこちら

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

Sponsored Link



 

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私がお金にケチである真面目な理由 | 節約は行動!私生活だけでなく仕事にも活かす!

  チャンドラです。 私はお金にケチです。何かを買うときは同じ質でさらに安いものを買えないか調べるし、無駄な出費だと判断したら買うのを止めます。 お金を貯めて将来の生活のために備えておきたい …

良質なイタリア製ネクタイをメルカリで安く買う

  チャンドラです。   イタリアのネクタイ専業ブランドの良質なネクタイをメルカリで安く買えるという話をします。   私の職場はクールビズ期間以外ではネクタイの着用が義務 …

節約が「貧乏くさい」とディスられた!スルースキルを発動して無視!

  チャンドラです。   私はムダなことにお金を使わないように節約し、貯めたお金をインデックス投資で運用することで資産を築くことに注力しています。資産家の家系でもないし、高額所得者 …

ふつうのサラリーマンが2000万円貯める方法

  チャンドラです。   金融庁の老後資金2000万円不足問題がいまだにハイライトされています。 お金を貯めるなら独身のうちがチャンスです。結婚して家庭を持つと出費は避けられないか …

【リーマンの節約飯】安くてウマい鶏チャーシュー

  チャンドラです。   私は週末にチャーシューを作って冷凍保存しています。 平日は夜遅くに帰宅するので、自炊する時間がないからです。 これまで豚肉でチャーシューを作っていましたが …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ