資産運用

非課税期間が終わる一般NISAを売却するべきか?

投稿日:2021年10月12日 更新日:




 

読者様から質問を頂きました。(一部読みやすいように編集済み。)

2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバーしたいのですが、数年前に積み立てNISAに変更しているため、それができません。
現在、約67%の利益がでています。

選択肢としては①売却(利益に対する20%課税なし)②一般課税口座へ移管
になると思います。

証券会社の人は①を薦めてきましたが、現時点でまとまった現金は必要としておらず、7,8年後に住宅ローンの繰り上げ返済や子供の教育資金が必要になってきますが、その時点でも貯金や義実家からの毎年の資金援助(生前贈与)でやりくりできる想定なので、必要となるのは老後かと考えています。

②を選択した時に将来的に(20年後くらい)さらに今より20%以上利益がでるなら、②を選ぶべきなのか?という素人考えなのですが、あまり数字にも投資にも詳しくなく(なのでインデックスファンドだけを買っているのですが・・・・)自信がありません。

不躾ですが、何かアドバイスいただけないでしょうか。

 

Sponsored Link



 

私は以下のように回答しました。

>現在、約67%の利益がでています。選択肢としては①売却(利益に対する20%課税なし)②一般課税口座へ移管になると思います。
証券会社の人は①を薦めてきましたが、現時点でまとまった現金は必要としておらず、7,8年後に住宅ローンの繰り上げ返済や子供の教育資金が必要になってきますが、その時点でも貯金や義実家からの毎年の資金援助(生前贈与)でやりくりできる想定なので、必要となるのは老後かと考えています。

今すぐ何らかの理由で現金が必要なら①、そうではなくこれまでと同じ米国株のインデックスファンドで運用する予定ならば②を選択することを薦めます。

なぜなら、仮に①で売却したあとにまた同じ米国株のインデックスファンドで運用するなら、②とやってることは同じだからです。

>②を選択した時に将来的に(20年後くらい)さらに今より20%以上利益がでるなら、②を選ぶべきなのか?という素人考えなのですが、あまり数字にも投資にも詳しくなく(なのでインデックスファンドだけを買っているのですが・・・・)自信がありません。

仮に②で20年間運用して売却するとすれば、年平均利回りを7%、売却益に20%課税されるとして、リターンの平均値は (1.07)^20 x 0.8 = 3.1倍なので、①で売却して現金でもっておくよりずっと有利だと思います。

>証券会社の人は①を薦めてきましたが、

証券会社の人に①を薦める理由を聞いてみることをお薦めします。そこで納得がいく定量的な回答が得られないのであれば、信用すべきでないと思います。

シンプルに言えば、「現金が今すぐ必要な理由がないなら、売らずに持っておいた方が良い」ということです。

私のブログでもインデックス投資推奨本でも色々なところで書かれていますが、インデックス投資は長期投資が鉄則です。(「長期」とは20~30年を想定。)

鉄則からブレないようにするのが大切だと思います。

 

関連記事:

長期投資の定量的な検証は過去記事を参照してください。

S&P500の中央値はどう変化するか?幾何ブラウン運動による中央値の変化。

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市場サイクルの位置で変化するリターンの確率分布

  前回の続き。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを …

電子書籍を買うか紙の本を買うかは「繰り返し読むか?」で決める理由

  本を電子書籍で買うか紙の本で買うか?は悩みどころだと思います。 私の基準は「繰り返し読む本なのか」で判断しています。もしある本を繰り返し読むのであれば電子書籍。一度読んだらもう読まないよ …

総資産は大人の成績通知表だ!

  チャンドラです。   BRUTUSという雑誌に「預金通帳は大人の通知表」という題名の記事を見つけました。とても参考になったので一部だけ抜粋します。 社会に出ると学生時代のように …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

  チャンドラです。   私はアメリカの代表的な株式指数S&P500に連動するインデックス・ファンドに積立投資をしています。 過去の歴史をみると、米国株は一時的な暴落を経験 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ