資産運用

安物買いの銭失い ww 買ったものは資産とみなせば安物買いは合理的ではないと理解できる。

投稿日:




 

最近フリマアプリで「お金は寝かせて増やしなさい」という本を売ったんですよ。買ったは私の親戚なんですが、不要だし売りに行くのが面倒くさいからやるわ、という感じで譲ってもらったんです。

この本の初版が販売されたのは3年前で値段は1,600円。私がフリマで売れたのは1,100円。つまり買った金額の70%が返ってきた計算になります。

 

Amazonで300以上の評価が出ている本なのでかなり評価が高い本です。だから中古本の人気が高いのも頷けますが、それでも定価の70%で出回っているというのはすごいと思います。

Sponsored Link



 

ここからが本題。私たちがモノを買うときは一度使ったらすてるような非耐久消費財と何年も使えるような耐久消費財に分かれます。非耐久消費財は数年使ったとしても中古品として売ることが出来ます。そう考えれば、中古品として高い価格で売れる物を購入した方が合理的だと言えます。

例えばスマホ。私は6万円で購入した中国メーカーのスマホを使っていました。メルカリで売ったんですがその金額はおよそ1万円。つまり私が支払った正味の金額は5万円ということになります。

一方でi phoneの人気はとても高く中古製品でも箱付きの美品であれば定価の6割~7割で売れる感覚です。つまり定価10万円でも6万円で売れるのだから正味の支払い金額は4万円です。つまり定価は中国メーカーより高くても、正味に支払う金額は安くなるんです。

私はメルカリで100品近く中古品を売ってきましたが、パソコン本体や周辺機器、スマホ、服、かばん、ネクタイなどは、やはり信頼あるメーカーやブランドの物の方が高く売れます。箱や説明書があればさらに高く売れる。

まとめると、耐久消費財を買うときは安物を買うか良いものを買うか悩むのであれば、「買い替え時に中古品として売る予定があるか?」を判断基準に加えた方が良いです。買ったものが後でちゃんと売れる物ならそれは資産と考えることができます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「米国S&P500に長期投資する」は教育で教わらない最強の教え。よく噛みしめるべし。

  「米国S&P500に連動するインデックスファンドに長期投資すれば資産を築くことが出来る」という考え方を支持する人は多いと思います。過去のS&P500の推移をみると暴落を繰 …

増えまくりだ ww | 運用成績 | 2020年10月第1週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:33万円 積立総額:2,775万円 評価額:3,008万円 先週の損益:+211万円(+7.1%) 今週の損益 …

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益 | 2020年2月末

  私は全世界株式に積立投資をしています。ファンドはeMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)です。 Slim全世界株式(除く日本)はインデックス投資家が投票して決める「投信ブロガーが …

マネーフォワード ME利用者の6割が資産運用してないのか ww

  ITmediaからの引用。 個人向け家計簿アプリ「マネーフォワードME」が、個人向け資産運用の領域に乗り出す。6月23日、マネーフォワードは個人向け資産運用サービスを提供するSUSTEN …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ