資産運用

インフレ時代は公益株式・新興国株式・金が狙い目らしいが・・・。

投稿日:

 

 

ピクテの記事からの引用。

迫り来るインフレから資産を守るため、初めて資産運用を検討されている方がいらっしゃるかもしれません。また、改めてインフレに強い資産を探されている方もいらっしゃるかもしれません。ピクテでは、ここ数年の低インフレ期とは異なる視点で投資対象を選ぶことの重要性が高まっていると考えており、「公益株式」「新興国株式」「金」の3つの資産に注目しています。

ホウホウ、なるほどね。で、理由はというと、

公益株式:資源価格が上昇しても、電力料金に価格転嫁しやすいといった独自のビジネスモデルの存在。電力料金はその企業の持つ設備(有形固定資産)の金額に⻑期金利の水準や利益率等を勘案し算定、認可される⼀定のレートを掛け、それに燃料費等のコストを加えて決定されます。したがって、物価が上昇しても、それ自体が公益企業の増収増益要因となる仕組みになっている。

新興国株式:先進国と比べて新興国の方が資源国である割合が高い。そのため、新興国高配当株式のパフォーマンスは資源価格と高い連動性がある。

金:金は「有事の金」とも言われ戦争や紛争、急激な景気後退など先行き不透明感が高まる局面で上昇する傾向がありますが、高インフレ下の利上げ局面でも上昇する傾向がある。

 

上にあげた資産価格がインフレ期に上昇するのは、説明の筋が通っている気がするし、過去のデータも傾向を示しているので、まあ正しいんだと思います。

まあ私ならインフレ終わったらどれも上昇止まりますよね?って思うのですが、ピクテの記事を読んでも「この資産を買うべき」とは言っておらず、「注目しています」と言っているんですね。抜かりないですね ww

インフレ時代には~ とか、先行き不透明な時期には~ というの特定の時期を切り取っているに過ぎないので、やはり自分がどれだけ長い期間投資するのか?を考えた方がいいと思うんです。

1年程度なら公益セクター・新興国・金でもいいと思いますが、20年なら無難にインデックスの方がよいかと。(相場のサイクルとか考えるの面倒くさいし)

 

関連記事:

米国株と金 (ゴールド)を混ぜたポートフォリオはシャープレシオを高める

なぜ株価は長期的に上昇するのか?

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

老後資金のためにいくら貯金すればいいか簡単に計算する方法

    スポンサーリンク   チャンドラです。   老後に必要な資金を確保するために、いったいどれだけ貯蓄すればいいのでしょうか? 現役時代に手取りの何%を貯蓄 …

【人生変わった】投資信託を1年続けて分かったこと

チャンドラです。   投資信託を開始してちょうど1年が経過しました。 私が投資信託を始めたのは山崎元氏の「ほったらかし投資術」という本を読んだのがきっかけでした。たまたま会社で企業型確定拠出 …

投資初心者が日経平均ダブルインバースETFなんて買うのやめたほうがいいと思うが。

  日経平均ダブルインバースETF: 日経平均とは逆の方向に2倍の動きをするETF。例えば日経平均が1%下落すれば、ダブルインバースETFは2%上昇。 投資初心者がダブルインバースETFに投 …

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

  企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。 S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら: 年齢が上がるとボラテリティが下がっている …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ