社畜

私が見てきた出世する人の特徴は間違いなくアレだ!

投稿日:2019年9月20日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は企業で働き始めて8年目です。

社内や社外含めて多くの人と働いてきましたが、出世した人や出世すると見込まれている人には共通点があることに気が付きました。

 

とにかく押しが強い人です。

 

押しが強い人間は出世します。これは間違いないです。

 

単純に押しが強いだけではだめ

 

押しが強いとは、単に自分の意見を押し通すだけではありません。

具体的に言うと、

 

・相手の意見も聞いて、ギブアンドテイクは忘れない

・相手との決め事や期限は必ず守るが、

・相手が守らなかったときのクレーム(騒ぎ方)が上手い

・自分が決断するのは早く、

・相手が決断しないときは決めるよう迫る

・押しが強いと怖く見えるので、

・客やメンバーからナメられない

 

とくに最後の「ナメられない」というのが重要なのです。

 

舐められないのが重要

 

あなたが上司と仕事をしているところを想像してください。あなたは上司から仕事を与えられても、上司が穏健で押しが弱ければ「少しぐらい期限が過ぎても大丈夫だろう」と調子にのることもあるでしょう。

あなたが違う部署のAさんと仕事をしているとしましょう。Aさんが控えめで頼めば何でもやってくれる人であれば、あなたかAさんかどちらがやるべき作業かグレーな作業が発生したら、あなたはAさんに押し付けるかもすれません。

あなたが客と交渉しているとしましょう。客が押しの弱そうな人であれば、強気の態度に出て自分のペースで交渉を進めれそうだと判断するかもしれません。

ではあなたが一緒に仕事をしている上司やメンバーや客が押しが強ければどうなるでしょうか?少しぐらい期限遅れてもOKとか、作業を遅らせようとか、意見を押し付けようとするもくろみは全て崩れます。

押しが強い人間は相手に主導権を与えず、

自分のペースにもっていくのが上手いのです。

 

だから押しが強い人間は、仕事をうまく進める能力があって人を動かすのも上手いと評価されるので、出世していくのです。

Sponsored Link



 

 

にじみ出る自信が重要

 

「そうか!押しが強ければ出世できるのか!」ということで、控えめな人がいきなり強気の発言を始めてもダメです。

 

押しが強い人間は自信がにじみ出ています。

 

控えめな人間が押しの強さを出そうとしてもすぐにメッキが剥がれます。例えば私の先輩で根はビビりなのに後輩に強気に出る人間がいますが、エラそうなメールを送ってくるので机まで行って文句を言ったらビビッて弁明していました。これがメッキが剥がれるということです。

真に押しが強い人間は、上位者に押し返されてもへこたれません。さらに凄みを増して、さらにロジカルに意見を通そうとしていきます。そんなことができるのも自信があるからです。

 

出世する人の共通点は押しが強くて自分のペースに巻き込むのが上手い人。見かけだけではない押しの強さはゆるぎない自信からくるのです。

とにかく自信をつけるのが重要なのは間違いないです。

それでは。

 

関連記事:

サラリーマンの時給を計算すると意外に高かった

ムカつく相手は無視!!生きていくのに必要なのはスルースキルだッ!

先輩社員の給与明細を見せてもらうのが大切な理由

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本人の平均賃金は30年間増えていないそうだが今後も増えないと思います。

  日本人の平均賃金は30年間増えていないそうです。Buisness Insiderの記事から引用。 雇用の流動化が進んだこの30年、日本では平均賃金も増えていない。図表1はG7諸国の平均賃 …

優秀な人材が転職していく会社の利益はどんどん下がると思うな ww

  私が今の会社に入社して以来、多くの人が転職していくのを見てきました。私の同年代なら半分近くが辞めたかな。 どんな人が辞めているか?感覚的ですが、転職した人のうち優秀な人と普通の人の割合は …

副業の方が本業より面白いのではないか?という気がしてきたな ww

  私は翻訳とか技術計算とかの副業をやってるのですが、最近チョクチョク依頼がきます。 思うんですが本業より副業の方が面白いな ww 何が面白いかというと、やはり自分で全てコントロールできる点 …

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …

トップ5%社員は会議中の発言回数が22%多くて発言時間は24%少ない。

  仕事で成果を出しているトップ5%の社員の行動パターンを分析した本「AI分析でわかったトップ5%社員の習慣」に面白いことが書いてありました。 本書は色々な会社の会議の様子をカメラやICレコ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ