社畜

給料が上がらない!昇給率が低い現実・・・

投稿日:2019年3月21日 更新日:




 

チャンドラです。

 

昇給率が低すぎてゲンナリしたという話をします。

 

私の会社はバリバリの日系企業です。そのため昇給率は低いです。

新卒から入社6年目までの昇給率はそこまで悪くはなく、平均的な業績であれば毎年15,000円程度給料があがります。ボーナスも考えると年間25万円程度上がるイメージです。問題は入社7年目以降の中堅社員です。平均的な業績だと毎年8,000程度しか上がりません。

 

中堅社員といえば一通り仕事を覚えて会社のために最前線でバリバリ働く年次です。そして毎年責任もますます重くなってきます。例えば、私は今5歳年上のチーム・リーダーのもとでサブ・リーダーとして働いています。チームは外国人が半分以上の設計部隊で、少しでも設計が間違えていたら数億円は余裕で吹っ飛ぶような仕事です。

リーダーの仕事は単に作業者の進捗を管理するだけではありません。客と交渉したり、他部署と設計の調整したり、配員を所属部門のマネージャーと調整したり、作業者の設計品質をチェックしたり、やることは山のようにあります。しかも誰がミスしようが説明責任はチーム・リーダーにあるので、リーダーの責任はとても重いです。

で、対して責任が重くないサブ・リーダーである私の月給とリーダーである上司の月給の差はたった50,000円程度です。ボーナスも考慮すると年収は80万円くらいしか変わりません。これだけ責任が重いことをやっていてたった80万円しか年収が変わらないのか、と驚かざるをえません。

 

Sponsored Link



 

話が変わりますが、最近フリーランスの人が増えていると感じています。Google newsを開くと頼んでもいないのに、なぜか「フリーランスになりました」というタイトルのブログ記事が表示されます。私が昇給率が低くてゲンナリしたのと同じ理由で、責任に見合った給料を求めてフリーで稼ぐ人が増えているのだと思います。

私の会社も正社員以外にフリーランスのスペシャリストを雇っています。ある分野に秀でた謎の外国人たちで、年間2,000万程度で契約しているようです。1年毎に契約していて、優秀な人は契約が切れていなくなっても数年後また戻ってきたりしています。もちろん英語がペラペラなので、別に私の会社にこだわらなくても中国だろうが韓国だろうが米国だろうがどこででも働けるわけです。

 

私はいわゆる社畜ですが、そんな彼らの働き方にとても憧れます。需要がある限り世界のどこでも働けるからです。会社で正社員として働いていると、実務以外にも業務改善活動や、やる意味がよく分からない研修への参加や、昇進試験をさせられたりします。フリーランスならそのような活動に参加する必要もないし、余計なことを心配せず、自分の専門分野のスキルを発揮できるからです。

正社員のメリットは、会社が潰れないかぎり安定して給料がもらえる点です。でも毎年ほとんど昇給しないとすればどうでしょうか?それならば、私の会社にいる謎の外国人たちのように、給料が高く、本業以外の活動に煩わされることはなく、専門性を思いっきり発揮できるフリーランスとして働いた方がずっとやりがいがあるのではないかと思います。

 

今後はフリーランスがますます増えていくのではないかと思います。だから私もフリーランスとして働くことも見据えてキャリアを計画していきたいと考えています。フリーランスになるには当然専門性が必要ですが、専門性だけを極めるのは危険です。ある分野の業務をこなせるようになっても、そんな人は世界中にゴロゴロいるので、買い叩かれるからです。専門性を発揮するだけでなく、チームをまとめて問題を解決しながらプロジェクトを成功させるマネジメント力、これを身に付ければフリーランスとして活動することも可能だと思っています。そして仕事を通じて得た人とのつながりを大切にすることで人脈もつくっていきたいです。

専門性、マネジメント力、人脈、が大切ですね。まあ当たり前なんですけどね。

 

それでは。

 

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

  チャンドラです。   国債の利回りは通常、満期までの期間が長い方が金利が高くなります。 つまり通常は、長期金利の方が短期金利よりも大きいのです。そして長期金利より短期金利の方が …

社畜誕生 | 左翼活動家にデモに連れていかれた話(前編)

  私がまだ学生だった頃、私の周りには学業そっちのけで怪しげな活動を繰り広げている学生がたくさんいた。そのうちの何人かはいわゆる左翼活動家で、当時に社会問題となっていた派遣切りなどの問題に憤 …

社畜の節約飯 ww ネギからしが保存食として最高に使える ww

  独身がテレワークを始めると悩ましのが飯の準備。オフィス勤務のときは会社の近くのパン屋や弁当屋で飯をかってますが、それができなくなりますからね。 前はネギ味噌を紹介しましたので、今回はねぎ …

京大卒で月収14万円

  チャンドラです。   東洋経済の記事で京大卒33歳で月収14万円男性との対談記事がのっています。 コンビニのアルバイトで最低限生きていくためのお金を稼ぎながら、ニーチェやショー …

生命保険を解約したときにブチギレした話

  私は3年前に当時加入していた生命保険を解約しました。 毎月6,000円払っていましたが、固定費が増えるだけで何もメリットがないと判断したためです。 で、外交員のお姉さんに電話で解約したい …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ