社畜

私の生産性が低いのは貴方の生産性が低いからですよ ww 生産性の低さは伝播する。

投稿日:




 

日本人の生産性が低いというのはよく言われることですが、個人の問題が原因というよりも集団や業界として問題があるような気がしています。

ある企業が生産性を上げようとしても、その企業だけが努力しようにも限界があるわけです。特にマズいのが顧客が生産性が低いカルチャーを有している場合。

私の経験から具体例を挙げると:

(1) 対面重視。Web会議で済む内容をわざわざ対面で報告させる。

(2) 会議が多い。1回の会議で終わらずに下っ端と重役でわざわざ会議を分ける。

(3) 契約で合意した業務の範囲以外のことを押し込もうとしてくる。そしてそれが当然の権利だと考えている。

(4) 質問に対する回答が遅い。回答する気があるのかないのかも見えない。

(5) 社外交渉する担当者の裁量が小さいために社内で話をまとめるのに時間がかかる。そのためダラダラと確認項目が増えて合意に時間がかかる。

顧客の生産性が悪かろうが顧客は選ぶことができないので、ある程度要求を呑むしかありません。対面のミーティングは効率悪いのでやりません、なんてよほど力関係が逆転していないと言えませんからね。

その結果、生産性が下がる。そう、生産性の悪さは伝播するんです。力関係が上の者から下の者へ。

Sponsored Link



 

コロナ禍でもハンコを押すために出社するサラリーマンが話題になりましたが、取引先がハンコを要求するので仕方なく出社している人もいたそうです。これなんか最たる例でしょう。

ところで個人の生産性に目を向けてみます。私の周りにも生産性が飛びぬけて高い人がいますが、その人をよーく観察すると面白いことが分かります。

生産性が高い人は相手の生産性を下げないように注意して仕事を進めているんです。

「相手」というのは上司とか部下とか取引先の人です。具体的には、会議の議題をキッチリ決めるとか、誤解のない言葉遣いをするとか、タイムリーに情報共有をするとか、やり直しを発生させないよう段取りがしっかりしてるとか、です。

傍から見ていて気持ちよいくらい話が進むんです。これは段取りをしっかりしてるからなんですね。

まあ当たり前のことなんですが、相手の生産性を下げれば自分の生産性低下として跳ね返ってくる、ということを意識しているからこそできるわけです。

「ITで業務効率化する」というのも大事なんですが、この辺の基本的な気遣いも大事だろうと思います。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界のエリートがあえて「借金」を背負う理由???

  東洋経済の記事によると、世界のエリートは進んで借金し、日本人は借金を「悪」と考えるそうです。 先日、40代のアメリカ人の友人と話したときのこと。彼は、コロンビア大卒の超エリート。30代の …

低所得者に多い喫煙率 ww タバコ代を運用した方がいいわ

  時事通信の記事によると年収200万円未満の男性の3人に1人がタバコを吸うそうです。   習慣的に喫煙をしている男性の割合は、年間所得が200万円未満が34.3%だった一方、20 …

「めんどくさい人を一発で黙らせる天才的な質問」が使えねぇ ww 私がもっと効果的な方法を教える。

  プレジデントでこんな記事が出ていたんですよ。タイトルは、 会議で重箱の隅をつつく「めんどくさい人」を一発で黙らせる天才的な質問 これを見たとき「おおっ!」と思ったんです。確かに会社で会議 …

オンラインサロンにハマる人たち ww 「なぜ他人が自分を肯定してくれるのか」を考えた方がいいが ww

  クローズアップ現代で面白い特集をやってました。「追跡!オンラインサロン コロナ禍でハマる人たち」。 私、オンラインサロンって入ったことないし、周りでも入会してる人がいないので興味があって …

在宅勤務で給料激減 ww 株買うってレベルじゃねぇぞ ww

  私の会社でもついに在宅勤務が始まりました。これまで在宅勤務を頑なに拒んできた会社ですが、東京都が外出自粛を要請したことを受けて遂に在宅勤務を開始したのです。 これで満員電車に揺られて会社 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ