資産運用

【企業型DC】前払い退職金を年率何%で運用すれば得するか?

投稿日:2020年7月2日 更新日:




 

前回からの続きです。

 

私の会社では定年退職まで働き通せば、約2,500万円の退職金を受けとることができます。退職金を一括で受け取るときの税金は約100万円です。これらを考慮すると、私が退職時に受けとる手取りは2,400万円です。

この前払い退職金を自分で運用すれば30年後の資産は次のようになることが分かりました。

退職金一括で受けとる:2,400万円

前払退職金を年率2%で運用:1,970万円

前払退職金を年率3%で運用:2,200万円

前払退職金を年率4%で運用:2,500万円

前払退職金を年率5%で運用:2,800万円

 

では企業型DC制度を活用するとどうなるか?

企業型DC制度を使うと従業員の代わりに企業が年間33万円までを拠出して、個人が選んだファンドへの投資にまわせます。この33万円は自分で受けとるわけではないので課税されません。運用後に受け取るときも税制優遇が受けられます。企業型DCはNISAと双璧をなす強の制度だと思っています。

 

Sponsored Link



 

例えば私の場合、入社10年程度の時点での前払い退職金は年間50万円。そのうち企業型DCで33万円を拠出して運用し、残りの17万円から税金ひかれた分を個人で運用する形になります。この方法で30年間運用した結果は次の通り。

退職金一括で受けとる:2,400万円

年率2%で運用:2,100万円

年率3%で運用:2,400万円

年率4%で運用:2,800万円

年率5%で運用:3,250万円

これだと私のターゲットである年率5%で運用すると3250万円まで資産を増やせます。前払い退職金・企業型DCを使用しない場合よりも850万円増えました。これはなかなかGoodだと思います。

 

というわけで、前払い退職金+企業型DC制度は大きく資産を築けるポテンシャルを秘めています。覚えておきましょう。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

利益確定売りは金払ってリスク回避するのと同じ。それに金払う必要ありますか?

  生活防衛費が手元に十分ある状態で、それにも関わらず保有しているリスク資産を売って利益確定させるケースがあります。 それをやるのは、今後保有していても価格が上昇しないだろうと見切りをつける …

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

  GPIFの運用資産が過去最高の169兆円に達したそうです。以下は日経の記事からの引用です。 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した2019年10~12 …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

リスクを売って手数料で儲ける金融機関。リスクは誰の手にあるかを頭に叩き込め ww

  そういえば前記事を書いていて気が付いたんですが、「金融機関で投資信託を買う」とは、「金払ってリスクを買う」と言い換えることができます。 再度「投資初心者は投資信託より株を買いなさい」とい …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオ

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。下の表はmyINDEXで見たeMAXIS 全世界株式の実績です。 シ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ