資産運用

【企業型DC】前払い退職金を年率何%で運用すれば得するか?

投稿日:2020年7月2日 更新日:




 

前回からの続きです。

 

私の会社では定年退職まで働き通せば、約2,500万円の退職金を受けとることができます。退職金を一括で受け取るときの税金は約100万円です。これらを考慮すると、私が退職時に受けとる手取りは2,400万円です。

この前払い退職金を自分で運用すれば30年後の資産は次のようになることが分かりました。

退職金一括で受けとる:2,400万円

前払退職金を年率2%で運用:1,970万円

前払退職金を年率3%で運用:2,200万円

前払退職金を年率4%で運用:2,500万円

前払退職金を年率5%で運用:2,800万円

 

では企業型DC制度を活用するとどうなるか?

企業型DC制度を使うと従業員の代わりに企業が年間33万円までを拠出して、個人が選んだファンドへの投資にまわせます。この33万円は自分で受けとるわけではないので課税されません。運用後に受け取るときも税制優遇が受けられます。企業型DCはNISAと双璧をなす強の制度だと思っています。

 

Sponsored Link



 

例えば私の場合、入社10年程度の時点での前払い退職金は年間50万円。そのうち企業型DCで33万円を拠出して運用し、残りの17万円から税金ひかれた分を個人で運用する形になります。この方法で30年間運用した結果は次の通り。

退職金一括で受けとる:2,400万円

年率2%で運用:2,100万円

年率3%で運用:2,400万円

年率4%で運用:2,800万円

年率5%で運用:3,250万円

これだと私のターゲットである年率5%で運用すると3250万円まで資産を増やせます。前払い退職金・企業型DCを使用しない場合よりも850万円増えました。これはなかなかGoodだと思います。

 

というわけで、前払い退職金+企業型DC制度は大きく資産を築けるポテンシャルを秘めています。覚えておきましょう。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

  バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下 …

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

  企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。 S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら: 年齢が上がるとボラテリティが下がっている …

安全在庫の計算方法。決め手は消費量のランダムウォーク。

  前回の記事で「安全在庫」の考え方を紹介しました。 在庫数量 = 平均使用数量 + 安全在庫 安全在庫 = (安全係数) x (使用量の標準偏差) x √(調達時間) ここで米が大好きな4 …

仕事キツ過ぎて株価見てなかった8月末の資産 | 2022年8月末

  2022年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,569万円 前月より287万円増加   資産運用状況   投資金額:3,738万円 評価額: …

米国高配当・配当再投資戦略とインデックス投資を比較した

    株式投資の選択肢として高配当株式に投資し、配当を再投資するという戦略があります。 例えばエクソン・モービルやAT&T、コカ・コーラなどの米国高配当銘柄は長期間にわた …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ