社畜

自分の実力を証明させられ続ける社会

投稿日:2021年3月28日 更新日:




 

最近読んだ記事の話。

「日本の若者が深い友人関係を築けなくなった「決定的理由」」という記事。これはなかなか重いですね。。。

日本の若年世代の友人関係に関して、1980年代後半から深く関わろうとしない友人関係が台頭してきたその背景を考察した内容。興味ある人は記事を読んでいただくとして、ざっくりとまとめると、

(1) 70年代以前:友人関係は会社や地域の付き合いから生まれていたので、「友人関係の解消」という不安がなかった。

(2) 80年代以降:友人関係は「自由で自発的なもの」に変わる。そのために自発的なコミュニケーション能力が要求されるようになる。

(3) 90年代以降:携帯電話の登場。友人と空間を共有する必要性がなくなったため、積極的にふるまわないと、友人関係が維持できなくなる。

(4) 2000年以降:SNS登場。友人関係がデジタルで可視化。フォロワー数、「いいね!」数、所属グループ、自分が誰を遊びに誘ったか、相手から返信が来たか来てないか、全てが可視化されて筒抜け。

(1)~(4)の変化を分かる通り、要求されるコミュニケーション能力がどんどん高まっていくんです。

だって能力が低ければ、友人関係を維持できないし、失敗したことが筒抜けだから相手にバカにされるかもしれないから。

記事の言葉を引用すると、友人関係が「開放的で楽しい」という感覚よりも、「付き合っていくためには気を遣わないといけなくて心配」という側面が強くなっていく、というのはなかなか頷けます。

というか私もほとんど同じ感覚です ww

 

Sponsored Link



 

しかし今では若者には将来像は不安定なものに映り、恋愛・仕事・友人……あらゆる人間関係を得るために何かしら「自分を磨け」と言われ、語学や資格の勉強からコミュニケーション能力、身だしなみまで、さまざまな場面で自分の実力を証明させられ続ける社会のなかにいます。そうなると弱い部分はとてもじゃないけど他人には見せられない。

私がなんとなく感じていたことを元記事は見事に言語化していますね。「自分の実力を証明させられ続ける社会」。

私が中高生のころ同級生との競争と言えばテストの点数とか部活のレギュラー争いとか、その程度でした。「自分磨き」なんて考えたこともなかったです。たぶん鼻から鼻毛とか出まくってたと思います。

まあ、そういう社会をスマホもSNSもない昔に戻すのはもはや無理なんで、何に力入れるか(勉強?スポーツ?友人?恋愛?)優先順位つけて頑張れとしか、私からは言えないな ww

私も社会人になったときはコミュニケーション得意な同僚に囲まれて、自分の能力のなさに愕然とすることもありましたが、優先順位を意識するようになってからはかなり気持ちが楽になりましたよ。勝てない分野は勝てない。無理なものは無理だと ww

人間関係で楽になりたいなら、コーヒーでも飲みながら「嫌われる勇気」読むのがいいかも。

関連記事:

真に「人生を変えた本」とは読後に行動が変わった本。そんな本を厳選して4冊紹介。

世界一損得勘定な民族、日本人 ww

 

真に「人生を変えた本」とは読後に行動が変わった本。そんな本を厳選して4冊紹介。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メール「お世話になっております」が無駄すぎ ww

  Sponsored Link     社外の人からメールが受け取ると、たいてい書き出しが「株式会社〇〇 チャンドラ様、お世話になっております。」という書き出しです。 …

会社にいる誰からも批判されにくい人は、なぜ批判されないのか?

  仕事をやっていると興味深い人に出くわします。なぜか誰からも批判されない人。 仕事というのは共同作業でやるものなので、誰かの作業が遅れたり品質が悪かったりすると、その人は批判されたりするも …

学生街に住むのは節約できてよさそうだな ww 何でもそろってるし。

    私は学生時代はまわりに大学が多い地域に住んでいました。今でも自宅近くに大学があるんですが、学生街って便利ですよ ww 何がいいかというと、とにかく便利なんですよ。特に総合大 …

「日本企業は欧米企業に比べて意思決定が遅い」は本当なのか?

  ネットを見ると「日本企業は欧米の企業と比べて意思決定が遅い」と散々な叩かれようです。 私は日系企業で働いていますが、意思決定が早いか遅いかといえば、まあお世辞にも早いとは感じません。何か …

社畜が今さら「手に職を付けろ」の重要さを噛みしめる。

  手に職をつける: 職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を、獲得すること。 私も若手の頃はとにかくシャカリキに働いて、仕事のや …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ