運用成績

好きな銘柄をかき集めた結果、ポートフォリオはグチャグチャ。

投稿日:2021年10月28日 更新日:




 

好きな企業に投資するというのは何だか正しそうに聞こえて致命的な点を見落としていると思います。

とりあえず私が好きな企業を挙げてみます。「好き」の定義は「日頃その企業のサービスをよく利用しているか、または経営理念が好きで応援したくなる企業」とします。

・Google (検索エンジンやアプリなしでは生きていけない)

・Amazon (ネットショップで利用)

・Microsoft (ないと仕事できない)

・日本電産 (永守さんを尊敬してる)

・ミスミグループ (小説読んで好きになった)

・キューピー (ドレッシング最高)

・ファーストリテーリング (私はユニラー)

・任天堂 (日本の宝)

など。

 

「やっぱり自分の好きな企業の株を買うべきだよね!」と考えたとき、ここで2つの疑問が生まれるんです。

一つ目は「これらの企業を買って分散はできているのか?」ということ。

上の銘柄を見てわかる通り、金融・エネルギー・ヘルスケアなどはすっぽり抜け落ちています。つまりセクターという観点で見れば全然分散できていません。つまり特定のセクターで暴落が起きれば、ポートフォリオ全体が直撃するということ。

セクターではなくそれぞれの株に着目して、互いの相関関係を調べて逆の相関となっていれば分散できていると言えますが、まあそんな面倒くさいことやらないでしょう。(少なくとも私はAmazonとキューピーの相関係数なんか調べる気は起きない)

 

Sponsored Link



 

二つ目は「各銘柄の比率を何%に設定すればいいのか?」という難問に応えるのが極めて難しいということ。

「そんなの適当です」って割り切るのは簡単ですが、数字の裏付けなしでフィーリングで決めてしまうのには気持悪さがつきまとうと思います。

シャープレシオが最大になるような割合とするのであれば、エクセルのソルバー機能を使えば計算できます。(やり方は過去記事参照。)

ただし「ソルバー機能を使って自分の好きな銘柄の最適比率を求める」にたどり着く金融工学の素養があるなら、普通は「インデックス投資でいいっしょ。ザッツ・オール」で落ち着くと思います。インデックスなら自動でリバランスされるのに、なんでわざわざややこしいポートフォリオをつくってその比率を監視し続けなあかんのっていうね。

つまり、好きな銘柄をかき集めて投資するのは、

銘柄数が少なすぎて分散が出来ていない のと

比率を何%にすればいいのか判断が難しい

という問題があって、仮にエイヤで均等にしても全然合理的ではないので

ポートフォリオがグチャグチャになるだけだと思います。

そう、見るに堪えないほど、グチャグチャに。。。。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今年は3,900万円でフィニッシュ | 資産公開 | 2020年12月末

  2020年12月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:38,998,469円 前月より150万円増加   総資産の推移: 2020年10月:  35,352, …

インデックス投資を継続する鉄の意志の鍛え方はこれ。

  前回の続き。 「ワークマン式「しない経営」」という本には「価値を生まない無駄なことはしない」とあります。 これは製造工程から無駄を徹底的に排除するトヨタ生産方式と同じ考え方です。 ちょっ …

【本業+副業+投資】社畜の資産は5567万 (308万円増加) | 資産公開 | 2021年10月末

  2021年10月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:55,672,865円 前月より308万円増加   資産運用状況   投資金額:32,926, …

2019年3月の資産公開 | 資産は2390万円(43万円増)

Sponsored Link チャンドラです。   2019年2月の資産運用状況を公開します。合計資産は前月比で43万円増加しました。   履歴: 2018年12月の資産運用状況 …

サラリーマンよ、ボーナスをS&P500にブチこもう。一括で。

  サラリーマンのボーナスの季節がきましたね。この日だけは酒がウマい ww ところでボーナスをもらったら一括で投資するかとりあえず手元に寝かせて株価が下がってから投資するか迷いませんか? 私 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ