資産運用

バンガード社が繰り返し説くのは投資家の「規律」。投資で重要なのはテクニックより自制心ではないか。

投稿日:




 

バンガード社のレポートを読んでいると「規律」という単語が頻繁に出てくることに気が付きます。

・・・規律ある投資家は、不安を感じさせるニュースにもかかわらず株式投資を継続することで、2020年に利益を手にしました。

投資活動において、規律あるアプローチを維持することのメリットと、衝動的な判断によって規律を踏み外すことの代償は次のようなものです。

ボラティリティが高まると投資家の度胸が試されますが、これを『バンガード日和』、つまり規律ある低コストの長期的資産運用が役立つ時期だと考えることがあります。

バンガード社が繰り返す「規律」という言葉の意味は下の文章に込められています。簡単に言えば市場が不安定な時でも自制心を持てということです。

投資は、時に大きな感情の波をもたらします。マーケットの混乱に直面すると、投資家の中には衝動的な行動を取ってしまう人、逆に思考が停止してしまい、投資戦略の実行や必要なリバランスができなくなる人も出てきます。しっかりとした自制心と長期的な視点を持ち続けることで、たとえマーケットが不安定なときでも、投資家は投資目標の達成に向けて、焦点を定めることができるようになります。

 

Sponsored Link



 

2020年はコロナ禍で一時期市場は大荒れでしたが、そこでリスク資産を手放さずに我慢するか、買い増しした人がその後の株価上昇の恩恵を受けることができたと思います。私も淡々と買い増し続けたので2020年は数百万円の利益を得ることができました。

バンガード社が説く「規律」や「自制心」という言葉を見ていると、結局のところ投資で大切なのはテクニックよりも精神の鍛練だという気がしてきます。心頭滅却すれば火もまた涼し、という言葉がありますが、そんなふうに環境の不安定性に耐えることができる、そんな精神。

年配の人はそういう精神鍛錬の重要さを説く人は多いし、私の亡くなった祖父も生前は「忍耐できる人間になれ」と口うるさく言っていました。

すると投資家がもつべき行動指針が見えてきます。リターンを増やすために色んな本やブログを読み漁って銘柄分析するよりも、環境に左右されないための精神鍛錬の方が重要なのではないか?と。

早く答えを得る効率が優先されて精神鍛錬が軽視されるような風潮がありますが、精神鍛錬を見直す必要がある気がしています。バンガード社のレポートを読んでいて見つけた、意外な発見でした。

 

関連記事:

【質問】eMAXIS Slim 米国株式 かSBI・バンガード・S&P500どちらがいいか

資産運用に有害な「後知恵バイアス」

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

2019年6月の資産公開 | 2469万円(米S&P500回復で47万円増加)

  チャンドラです。   2019年6月の資産運用状況を公開します。 合計資産は24,691,477円で前月より47万円増加しました。   履歴: 2018年11月の資産 …

部屋の乱れは心の乱れ。心の乱れはポートフォリオの乱れ ww

  コロナ禍で若者の家のゴミ屋敷化が増えているそうです。毎日新聞の記事から。 依頼者の8割は20代から30代後半の単身者で、女性が7割を占める。部屋がごみ屋敷化するまでには①新型コロナ感染を …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

金融機関の窓口で資産運用の相談 ww その結果爆死 ww

  相手にもっと質問しろ。もっと相手の意図を探れ。 人材開発系の欧米人のオッサンと話したときに言われた言葉です。日本人はハイコンテキストな文化(みなが同じ価値観を共有する社会だから、伝える努 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ