資産運用

バンガード社が繰り返し説くのは投資家の「規律」。投資で重要なのはテクニックより自制心ではないか。

投稿日:




 

バンガード社のレポートを読んでいると「規律」という単語が頻繁に出てくることに気が付きます。

・・・規律ある投資家は、不安を感じさせるニュースにもかかわらず株式投資を継続することで、2020年に利益を手にしました。

投資活動において、規律あるアプローチを維持することのメリットと、衝動的な判断によって規律を踏み外すことの代償は次のようなものです。

ボラティリティが高まると投資家の度胸が試されますが、これを『バンガード日和』、つまり規律ある低コストの長期的資産運用が役立つ時期だと考えることがあります。

バンガード社が繰り返す「規律」という言葉の意味は下の文章に込められています。簡単に言えば市場が不安定な時でも自制心を持てということです。

投資は、時に大きな感情の波をもたらします。マーケットの混乱に直面すると、投資家の中には衝動的な行動を取ってしまう人、逆に思考が停止してしまい、投資戦略の実行や必要なリバランスができなくなる人も出てきます。しっかりとした自制心と長期的な視点を持ち続けることで、たとえマーケットが不安定なときでも、投資家は投資目標の達成に向けて、焦点を定めることができるようになります。

 

Sponsored Link



 

2020年はコロナ禍で一時期市場は大荒れでしたが、そこでリスク資産を手放さずに我慢するか、買い増しした人がその後の株価上昇の恩恵を受けることができたと思います。私も淡々と買い増し続けたので2020年は数百万円の利益を得ることができました。

バンガード社が説く「規律」や「自制心」という言葉を見ていると、結局のところ投資で大切なのはテクニックよりも精神の鍛練だという気がしてきます。心頭滅却すれば火もまた涼し、という言葉がありますが、そんなふうに環境の不安定性に耐えることができる、そんな精神。

年配の人はそういう精神鍛錬の重要さを説く人は多いし、私の亡くなった祖父も生前は「忍耐できる人間になれ」と口うるさく言っていました。

すると投資家がもつべき行動指針が見えてきます。リターンを増やすために色んな本やブログを読み漁って銘柄分析するよりも、環境に左右されないための精神鍛錬の方が重要なのではないか?と。

早く答えを得る効率が優先されて精神鍛錬が軽視されるような風潮がありますが、精神鍛錬を見直す必要がある気がしています。バンガード社のレポートを読んでいて見つけた、意外な発見でした。

 

関連記事:

【質問】eMAXIS Slim 米国株式 かSBI・バンガード・S&P500どちらがいいか

資産運用に有害な「後知恵バイアス」

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人的資産を計算する方法。なぜライプニッツ係数を使うのか?

  自分の人的資産を計算する方法があります。 例えば現在35歳の人が定年まで30年間働くとします。その期間の予想平均年収は600万円。すると、その人の人的資産は 600万円 x 30年 = …

オールウェザー・ポートフォリオはレバレッジ3倍でも十分安全か?

  前の記事でレイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオを紹介しました。簡単におさらい。 このポートフォリオは資産を下のように分散せています。資産価格は4つの「季節」で異なる動きをするの …

米を家庭に何kgストックしておけばよいかを統計学的に計算。「安全在庫」の考え方を応用する。

  日本人なら米食えよ! なんて言われるまでもなく、毎日米を食べてる人は多いと思います。美味しいですよね、炊き立ての米って。 ところで米って足りなくなったら困るし、買い過ぎたらデカいから邪魔 …

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

「好きな企業に投資する」が見落としている致命的な点。

  好きな企業に投資するというのは何だか正しそうに聞こえて致命的な点を見落としていると思います。 とりあえず私が好きな企業を挙げてみましょうか。「好き」の定義は「日頃その企業のサービスをよく …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ