資産運用

【激怒】私の金融工学のブログ記事が丸パクリされてるんだが ww

投稿日:




 

めっちゃパクられてるんだが ww

しかも真面目に頑張って書いたやつ。

 

パクリ記事:

【図解】なぜ株価は幾何ブラウン運動(対数正規分布)に従うと仮定されるのか?

元ネタ↓

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

 

パクリ記事:

現代ポートフォリオ理論から学ぶ、本当の”分散”投資とは?|相関の強いものに分散しても意味がない

元ネタ↓

【教養】【現代ポートフォリオ理論】「分散投資でリスクを下げる」の本質

 

Sponsored Link



 

私が作った下の絵とかも丸パクリなんだが。しかもパクリ間違いして式間違ってるし ww

私が書いたこのへんの文章も丸パクリじゃないか ww 「複数の籠が互いにヒモでつながれて」なんて表現、私のブログ記事以外で見たことないぞッ。でも表現は微修正して読みやすくなってますね。

「卵を1つの籠に盛るな」というのは投資の格言。投資する際に複数の銘柄に投資することでリスクを下げることを意味しています。

ただし卵を複数の籠に持っただけではリスクを下げることはできません。例えば複数の籠が互いに固いヒモでつながれていた場合、籠を落とせば隣の籠も落ちる。そして全ての卵は割れる・・・。

複数の籠がヒモでどれぐらい固くつながれているかを表すのが、複数の銘柄の相関。2つの銘柄の相関が正の相関にあれば似た動きをするし、負の相関にあれば反対の動きをするということです。

株価が「ある一定の方向に動く」と「ランダムに動く」ことをモデル化して導出した式をグラフにすると、対数正規分布の裾が時間が経つにつれて立ち上がってくる。そして裾はどんどん広がる。だから収益率が大きくなると、目で見てわかる。

 

ここまで露骨なパクリは初めて見ましたよ。う~ん、ヒドイな ww

まあ、私のブログもパクられるほど読まれるようになってきたってことでヨシとしますか ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    抗議して金ふんだくればいいんじゃねーか?

  2. アバター さぼてん より:

    抗議して削除させないと他のブログやyoutubeで同じことがおこると思いますよ。

  3. アバター GG より:

    面白そうなんで「パクったん?」と直球で問合せ入れてみました。
    返信あったらお知らせしますね。

    • chandra11 chandra11 より:

      いえ、不要です。パクってたのは明らかなので。

      • アバター GG より:

        おkです。
        しかしバレないとでも思ってんですかね〜。
        パクる人の気持ちってよく分かりません。
        分かりたくもありませんが。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テスラがS&P500指数に追加されても指数が不安定になるわけではない。

  遂にテスラがS&P500指数に追加されることが決まりましたね。追加されればいきなりS&P500構成銘柄のトップ10に入ります。 ところで、テスラは異常に時価総額が高い割に …

TQQQ50%・TMF50%で保有している場合のリスクとリターン。

  読者様から質問を頂きました。 TQQQ50%。TMF50%で保有している場合のレバレッジはどのように計算すべきでしょうか?国債はマイナスのレバレッジとしてリスクを計算すべきでしょうか?・ …

iツールで新興国株式のドルコスト平均法シミュレーション

  チャンドラです。     大和証券投資信託委託株式会社は投資信託のシミュレーションツールであるiツールを提供しています。 積立投資のシミュレーションにとても便利なツー …

コロナ禍で儲けた富裕層がディスられている?

  米富裕層の資産がコロナ禍の3か月で62兆円!増えたそうです。CNNの記事から。 過去のおよそ3カ月間で、米国の富裕層の資産が5650億ドル(約62兆円)増えていたことが分かった。同国の進 …

投資で資産を増やせば仕事がラクに感じる。だが落とし穴もある。

  投資で資産を増やせば仕事がラクに感じるのは正しいかもしれないな。 本業以外の株式投資とかである程度資産を増やすと、以前までは苦痛に感じていた仕事がラクに感じるようになると書いてました。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ