社畜

女性に「男として見れない」と本気で言われてヘコんだはなし

投稿日:2019年8月20日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私が新入社員のころのはなしです。

 

私たちは約2か月の社内研修を受けていました。私の同期には女性社員が15人くらいいたのですが、女性社員は皆仲良しでよく女子会を開いて色々とうわさ話をするのです。まあどこの会社でもよくあることですよね。

若い女子社員の話題と言えば、「誰がカッコいい」とか「誰が好きなタイプ」とかです。そこで同期の男性社員一人一人が、見た目とか性格とかで一人一人吟味されていくわけです。

で、話題が私の番になったのですが、ある女性社員が言い放った一言は、

 

「あの人は男として見れない」

 

でした。その理由は顔がかっこよくないというのもありますが、

 

「見た目が貧相で貧乏くさい」

 

が大きな理由だったそうです。

私がなぜこの話を知っているかというと、女子会で話された内容をベラベラ喋る女子がいて、その女子から内容を教えてもらった仲のいい男子社員が教えてくれたのです。彼は

 

「男として見れない、とか面白すぎだろ!ギャハハハ!」

 

と爆笑していましたが、私も笑うしかなかったですね。

 

Sponsored Link



今思うと「見た目が貧乏くさい」というのはかなり当たっていました。

私は学生時代に極貧生活をしていました。お金がなかったので、8畳の部屋に4人で生活したり、野菜ばかり食べたり、拾ってきた家電を使ったりして生活していました。

入社当時も安物のスーツや靴を身に付けて出勤していましたね。

 

こういう貧乏生活をしていると、貧乏な匂いが他人に伝わります。

安いものばっかり食べたり、見た目に気を配らなかったり。

そして「貧乏くさいな」と思われたら、その時点で評価が下がってしまうのです。

 

私は今でも節約していますが、見た目はキチンとするように心がけています。

革靴や財布は上質の物を買って、定期的に磨くようにしていますし、ワイシャツもアイロンをあててシワを取るようにしています。髪の毛もボサボサのままにせず、セットするようにしました。

節約は大切ですが、ケチりすぎた結果人を不快にする恰好をすると自分が損します。

何をケチって何をケチらないか、メリハリをつけるのが大切ですね。

 

ちなみに私の事を「男として見れない」と一刀両断した女子社員は、

 

貧乏臭さが皆無の爽やかイケメンと早々に結婚しました。

 

やっぱり大事なのは清潔感ですよ。それと顔。

それでは。

 

関連記事:

ふつうのサラリーマンが2000万円貯める方法

節約が「貧乏くさい」とディスられた!スルースキルを発動して無視!

年金だけでは老後資金が2000万円足りない!金融庁が発表

 

Sponsored Link



 

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜が毎日チェックしている個別株銘柄 ww

  個別株をやらないと誓い、頑なにインデックス投資だけに投資を続ける私でも毎日株価をチェックしている銘柄があります。それは何か? AmazonとかApple などのイケイケ米国株か? ノン。 …

米国株式市場の楽観

  米国株式市場で楽観が広がっています。 S&P500種株価指数もダウ工業株30種平均も最高値を更新し続けています。 米中間の貿易合意が近いと予想されているからです。 私はS&amp …

外貨建て保険に苦情言う前に契約書をしっかり読めよ ww

  私の友人にも外貨建て保険に契約している人が数人いるのですが、最近は苦情が増えているようです。Yahoo newsの記事から引用。 2019年度の外貨建て保険の苦情が、前年比1割増の282 …

パソコン作業をしながらコップでコーヒー飲むのは危険!私の黒歴史

  チャンドラです。   私はパソコン作業をするときはコップでコーヒーを飲みません。正確にいうと蓋がないコップでコーヒーを飲まず、必ず蓋がついているコップを使います。 コーヒーをキ …

エンジニアは数字に強くなろう! | 顧客の言いなりにならないために

  チャンドラです。   私はエンジニアとして働いていますが、会社のマネジメントからは数字を意識して仕事をしろと叩き込まれます。 エンジニアの主な業務は設計です。 なので「数字を意 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ