生活

女性に「男として見れない」と本気で言われてヘコんだはなし

投稿日:2019年8月20日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私が新入社員のころのはなしです。

 

私たちは約2か月の社内研修を受けていました。私の同期には女性社員が15人くらいいたのですが、女性社員は皆仲良しでよく女子会を開いて色々とうわさ話をするのです。まあどこの会社でもよくあることですよね。

若い女子社員の話題と言えば、「誰がカッコいい」とか「誰が好きなタイプ」とかです。そこで同期の男性社員一人一人が、見た目とか性格とかで一人一人吟味されていくわけです。

で、話題が私の番になったのですが、ある女性社員が言い放った一言は、

 

「あの人は男として見れない」

 

でした。その理由は顔がかっこよくないというのもありますが、

 

「見た目が貧相で貧乏くさい」

 

が大きな理由だったそうです。

私がなぜこの話を知っているかというと、女子会で話された内容をベラベラ喋る女子がいて、その女子から内容を教えてもらった仲のいい男子社員が教えてくれたのです。彼は

 

「男として見れない、とか面白すぎだろ!ギャハハハ!」

 

と爆笑していましたが、私も笑うしかなかったですね。

 

Sponsored Link



今思うと「見た目が貧乏くさい」というのはかなり当たっていました。

私は学生時代に極貧生活をしていました。お金がなかったので、8畳の部屋に4人で生活したり、野菜ばかり食べたり、拾ってきた家電を使ったりして生活していました。

入社当時も安物のスーツや靴を身に付けて出勤していましたね。

 

こういう貧乏生活をしていると、貧乏な匂いが他人に伝わります。

安いものばっかり食べたり、見た目に気を配らなかったり。

そして「貧乏くさいな」と思われたら、その時点で評価が下がってしまうのです。

 

私は今でも節約していますが、見た目はキチンとするように心がけています。

革靴や財布は上質の物を買って、定期的に磨くようにしていますし、ワイシャツもアイロンをあててシワを取るようにしています。髪の毛もボサボサのままにせず、セットするようにしました。

節約は大切ですが、ケチりすぎた結果人を不快にする恰好をすると自分が損します。

何をケチって何をケチらないか、メリハリをつけるのが大切ですね。

 

ちなみに私の事を「男として見れない」と一刀両断した女子社員は、

 

貧乏臭さが皆無の爽やかイケメンと早々に結婚しました。

 

やっぱり大事なのは清潔感ですよ。それと顔。

それでは。

 

関連記事:

ふつうのサラリーマンが2000万円貯める方法

節約が「貧乏くさい」とディスられた!スルースキルを発動して無視!

年金だけでは老後資金が2000万円足りない!金融庁が発表

 

Sponsored Link



 

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リモートワークが流行ると職が減るか?

  チャンドラです。 出社せずに仕事が出来るリモートワークを採用する企業が増えてきました。私の会社でも、オンラインツールを使えば在宅勤務ができるのではないか議論が始まっています。実際に他の拠 …

私のパワハラ体験談をお話しします

  チャンドラです。   会社で働いていると上司から厳しい叱責を受けることがあります。 そしてその叱責が度を超えたレベルになると、パワハラと認定されるそうです。 そんな私が経験した …

ホリエモン「人生最大のムダは悩み」ww

  ホリエモン氏が東洋経済の記事でいいことを語っています。 人生における最大のムダ、それは「悩み」の時間である。悩むのは、何か決まった問題に対して前向きに解決策を考えるのとは違う。 本当は「 …

Amazon Prime会員ならナニワ金融道を無料で読める

  チャンドラです。   Amazon Prime会員ならナニワ金融道が無料で読めます。 ナニワ金融道 全19巻 新ナニワ金融道 全20巻   ナニワ金融道は、大阪を舞台 …

資源も輸出できるアメリカ | LNG生産からみるアメリカのすごさ

  チャンドラです。   石油や天然ガスに代わるエネルギー源として天然ガスの生産が盛んになっています。天然ガスは燃やしても二酸化炭素が比較的少ないため、環境によいとされているからで …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ