社畜

他人が私に興味がないと気付いた日

投稿日:




 

私の恥ずかしい思い出。

私は小学校の中学年のときに親の仕事の事情で遠くの町に引っ越しをしました。その土地には幼稚園から6年近く住んでいた、私にとって思い入れが強い場所でした。

自分で言うのもなんだが、私はけっこうクラスのムードメーカー的な立場で、友人も多く、敵もいませんでした。私が遠くに引っ越すことが担任の教師から告げられた時、多くの友人は残念がっていました。お別れ会もやってもらいました。最終日も多くの友人が握手して手を握ってくれたのはよく覚えています・・・

 

 

それから6年後、久々に小学校時代の友人に電話をしました。話は盛り上がって、一人で電車でその土地に向かったのです。久々の土地で一番仲の良かった友人と駅で再会して、学校や住んでいた団地をまわりました。その夜には小学校時代の友人がたくさん公園に集まって、再会しました。私はとても嬉しかったのです。

その友人たちと色々と話をしました。引っ越した後の私のこと。そしてその友人たちのこと。でも私は少し違和感を感じていました。なんだか皆よそよそしいのです。集まった友人みなと語りあったのだが、「わざわざ遠方から何しに来たの?」という空気をヒシヒシと感じました。それは私にとって辛かった・・・

 

 

友人たちと分かれ、一番仲の良かった友人の家に泊めてもらいました。そこの親には6年前にお別れ会を開いてもらって私のことをよく覚えてくれてはいたが、やはりよそよそしく、「なんでわざわざウチに泊まるの?」という無言の圧力を受けていました。

次の日は友人に礼を言って駅に向かいました。特急に飛び乗って逃げるように家に帰ったのをよく覚えています。懐かしい土地に行けたのはとても嬉しかったのだが、それよりも友人たちのよそよそしさが苦しすぎて、やっと帰れる安堵感の方がずっと大きかったというわけです。

 

 

Sponsored Link



 

 

私がそのとき学んだこと。それは「他人は自分が思っている以上に、自分のことを興味がない」ということ。小学生のころ、私は自分をクラスの人気者だと思い込んでいたのだが、別に人気者でも何物でもなく、引っ越ししていなくなれば忘れ去られるような存在だったのです。

「他人が私に興味がない」というのは、思春期のころの衝撃的な体験になりました。そして、私の価値観というか、行動原理にもなっています。ちょっとくらい人前で恥ずかしい振る舞いをしてしまったりとか、ちょっとくらい人より優れた成績を出したところで、そんなことで他人が自分に興味を示すことはなく、示したとしてもそれは持続しません。こう考えると生きるのは楽になります。

この言葉はこういうふうに言い換えると、また違った解釈ができます。「他人に自分に興味を持たせるのは難しい」。だからこそ、上司なり顧客なりに、自分や自分のやったことをアピールするには、工夫が必要になるのです。

この「他人は自分に興味がない。興味を持たせるのは難しい」というのは私がとても大切にしている言葉なんです。

 

 

とはいえ、私が引っ越す前に関わった人で、いまだに私のことを覚えてくれている人もいます。その当時習い事をしていた先生ですが、数年前に奇跡的に連絡先を入手して以来、年賀状を交換しています。

20年以上も連絡が途絶えても、私のことを覚えてくれている人もいます。これは先に書いた「他人は自分に興味がない」と矛盾することではあるが、こういう特別な人との縁を大切にすることが、殺伐とした人生で生きる糧になるのは間違いないと思うのです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語を話すときにMaybeを使うべきではない理由

  チャンドラです。   日本人の上司や同僚が英語で会話しているのを聞いていて、よく耳にする単語が「Maybe」。日本語で話すときはいつも自信満々に話す人でも「Maybe」をかなり …

会社をクビになったらどうするか ww

Sponsored Link     ドキュメンタリー番組を見ました。ある地方都市の半導体工場で希望退職に応じて会社を去っていったオッサンたちの話です。 その会社は半導体業界では有 …

その方法は現実的なのか? PCR検査

  私の仕事は技術的なサービス業。顧客の「こんなサービスを提供してほしい」という要望に対して技術的な提案をしていくのが仕事です。時には何千ページもある契約書をドサッと渡されて、「こんなサービ …

最近のオッサンは新入社員に優しくなっているのか?

  私の会社では新入社員が3か月程度の全体研修を受けてから各部署に配属されます。各部署に配属される前に、ますは会社の事業とかビジネスマナーとか語学研修を受けるのです。   新入社員 …

金持ちになったら100万かけてでも買いたいもの

  私が金持ちになったら買いたいもの。それはペルシャ絨毯です。もちろんイラン製で100%シルクで、由緒ある工房で手作業で製作されたもの。   高級調度品として世界に名をはせるペルシ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ