資産運用

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

投稿日:




 

過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか?

私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資しているので気になるところです。まあ日本は容易に想像がつくのですが ww

というわけでVisualcaplitalistのグラフを引用します。比較期間は1990年~2019年の30年間。

米国:+901%

ドイツ: +820%

カナダ: +444%

フランス: +268%

イギリス: +238%

香港: +824%

我が国: +1% ww

 

Sponsored Link



 

まとめたものがこの表

引用: Visualcapitalist

日本の株式指数は1989年に過去最高です。つまりバブル崩壊後の30年間は株価は1%しか上昇していない一方で、ほかの先進国は着実に株価が上がっているのがよく分かりますね。

引用したサイトでは各国の株価の傾向を記載しています。

香港:米国に次ぐ高リターンだがボラテリティが高い。

ドイツ:米国とよく似た動き。

カナダ:上昇してるけど2020年以降はスローペース。

フランス:上昇は遅い。

イギリス:上昇は遅い。

日本:1990年に100USD投資しても利益は1USD。

 

イギリス・ドイツ・フランスのリターンは似たようなものだと思っていましたが、ドイツがダントツで優秀だったのは新たな発見でした。そしてドイツ以上に香港のリターンが高いことも。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「年利20%のファンドがあるので今日中に決めて下さい」ふざけんな ww

  帰省中に私の親戚から聞いたのですが、証券会社、しかも誰でも知っている大手の会社から営業の電話がかかってくるそうです。しかもそのファンドの内容が「最低1千万から、年利20%、評価額が40% …

リスクを強く感じる10の要因。「ゼロリスク社会の罠」より。

  「ゼロリスク社会の罠」という本に、人がリスクを強く感じる10の要因が紹介されています。 もともとはハーバード大学のリスク解析センターが発表したものだそうです。 ちなみにリスクとは「ある行 …

皆が同じ銘柄を買って爆死する ww【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 今回は「集団行動」。 親しい友人が自分より金持ちになることほど、人の心をかき乱し判断を狂わせることはないの …

子供が生まれたら毎月20万円貯めるのは難しい

  チャンドラです。   私は毎月20万円以上を貯めてインデックス・ファンドに投資することを目標にしています。家計簿は毎月末に公開していてここ数年は目標を達成し続けています。必ず目 …

人的資産を計算する方法。なぜライプニッツ係数を使うのか?

  自分の人的資産を計算する方法があります。 例えば現在35歳の人が定年まで30年間働くとします。その期間の予想平均年収は600万円。すると、その人の人的資産は 600万円 x 30年 = …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ