資産運用

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

投稿日:




 

過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか?

私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資しているので気になるところです。まあ日本は容易に想像がつくのですが ww

というわけでVisualcaplitalistのグラフを引用します。比較期間は1990年~2019年の30年間。

米国:+901%

ドイツ: +820%

カナダ: +444%

フランス: +268%

イギリス: +238%

香港: +824%

我が国: +1% ww

 

Sponsored Link



 

まとめたものがこの表

引用: Visualcapitalist

日本の株式指数は1989年に過去最高です。つまりバブル崩壊後の30年間は株価は1%しか上昇していない一方で、ほかの先進国は着実に株価が上がっているのがよく分かりますね。

引用したサイトでは各国の株価の傾向を記載しています。

香港:米国に次ぐ高リターンだがボラテリティが高い。

ドイツ:米国とよく似た動き。

カナダ:上昇してるけど2020年以降はスローペース。

フランス:上昇は遅い。

イギリス:上昇は遅い。

日本:1990年に100USD投資しても利益は1USD。

 

イギリス・ドイツ・フランスのリターンは似たようなものだと思っていましたが、ドイツがダントツで優秀だったのは新たな発見でした。そしてドイツ以上に香港のリターンが高いことも。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」よりS&P500インデックスファンドを永久に持っておけ ww

  Google Search Consoleを使うと、私のサイトにきた人がどんなワードを検索してサイトにたどり着いたのかを見ることができます。 最近増えている検索ワードが「永久に持っておき …

辛い時、悲しい時、十分生きていける資産があれば乗り越えられる。

    人生の悩みは「金・健康・人間関係」と言われますが、生きていくのに十分な資産があれば「金」の悩みは払拭できます。 金で何でも買えるわけではないし、金で全てが解決するわけではな …

今週も増えまくり ww | 運用成績 | 2020年10月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:30万円 積立総額:2,805万円 評価額:3,209万円 先週の損益:+325万円(+10.4%) 今週の損 …

マイナス105万円 | 運用成績 | 2020年5月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,490万円 評価額:2,386万円 今週の損益:-105万円 (-4.4%) 先週の損 …

NISA | 楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年12月末

  私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:299,988円 評価額:336,526円 損益:+36,538円 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ