資産運用

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

投稿日:




 

過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか?

私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資しているので気になるところです。まあ日本は容易に想像がつくのですが ww

というわけでVisualcaplitalistのグラフを引用します。比較期間は1990年~2019年の30年間。

米国:+901%

ドイツ: +820%

カナダ: +444%

フランス: +268%

イギリス: +238%

香港: +824%

我が国: +1% ww

 

Sponsored Link



 

まとめたものがこの表

引用: Visualcapitalist

日本の株式指数は1989年に過去最高です。つまりバブル崩壊後の30年間は株価は1%しか上昇していない一方で、ほかの先進国は着実に株価が上がっているのがよく分かりますね。

引用したサイトでは各国の株価の傾向を記載しています。

香港:米国に次ぐ高リターンだがボラテリティが高い。

ドイツ:米国とよく似た動き。

カナダ:上昇してるけど2020年以降はスローペース。

フランス:上昇は遅い。

イギリス:上昇は遅い。

日本:1990年に100USD投資しても利益は1USD。

 

イギリス・ドイツ・フランスのリターンは似たようなものだと思っていましたが、ドイツがダントツで優秀だったのは新たな発見でした。そしてドイツ以上に香港のリターンが高いことも。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産5000万でFIREしてみな?飛ぶぞ!!(色んな意味で)

  ネット記事にFIREした1000人へのアンケート結果があったのですが、70%の回答者が総資産5000万円未満でFIREだったそうです。ちなみに2000万円未満と回答したのは42%。 回答 …

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

  S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。 構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりし …

夏のボーナスの使い道1位は預貯金 | 私の使い道は・・・

  チャンドラです。   夏のボーナスが支給される時期がやってきました。 私のようなサラリーマンにとって、一気に高額が手に入る年に一度のチャンスなので、とても楽しみです。 さて、マ …

インデックス投資の運用益が100万円を超えました

  チャンドラです。   インデックス投資の運用益が初めて100万円を超えました。 eMAXIS Slim 米国株式と全世界株式(除く日本)が主な投資先です。   リター …

「価値を生まない無駄なことはしない」という考え方。

  「ワークマン式「しない経営」」という本が面白かったので紹介。 「何をやらなか」を決めることが大切だと強調しているんですが、一部を抜粋すると、 「しない経営」により、「社員よし」「加盟店よ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ